12/22まで【63%OFF】Fuse Audio Labs『VCS-1』リリースセール(オールインワン・チャンネルストリップ・プラグイン)

Fuse Audio Labsからゼロレイテンシー・チャンネルストリップ・プラグイン『VCS-1』がリリースされました。

期間限定セールで63%OFFになっています。(12月22日夕方頃まで。)

これ中々良さそうなブツですね。。

スポンサーリンク

『VCS-1』ゼロレイテンシー・チャンネルストリップ

Fuse Audio Labs「VCS-1」は、トリプルトポロジー・プリアンプ、ワイドレンジハイ/ローパスフィルター、パラメトリック5バンドEQを搭載したゼロレイテンシーのチャンネルストリップ・プラグインです。

紹介動画(4:54・自動翻訳の日本語字幕可能):

解説動画(12分48秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

解説動画(7:29・自動翻訳の日本語字幕可能):

サウンドデモ動画(6分):

オーディオデモ:

『VCS-1』について

複雑ではなく完璧(全てを一つにまとめたプラグイン)

無人島に持っていくべきプラグインがあるとすれば、それはVCS-1です。

このゼロレイテンシーのチャンネルストリップには、シグナルエンハンスメントとダイナミクスコントロールを瞬時に行うために必要なすべてのツールが統合されています。

また、複雑さを排除したユーザー・インターフェースは、軽快なワークフローをサポートする包括的で実用的なレイアウトに基づいており、目に優しいものとなっています。

パワフルなプロセッシング・ツール

VCS-1は、様々なスタイルの色付けが可能なトリプルトポロジー・プリアンプ、ワイドレンジのハイ/ローパス・フィルター、本格的なパラメトリック5バンドEQで、あなたのトーンを形成します。

ダイナミクスをコントロールするのは、贅沢なコンプレッサー/リミッター・セクションと、実用性の高いゲート/エクスパンダー・ステージで、包括的なゲインリダクションとレベルメーター・パネルによって明確に可視化されています。

統合ルーティングマトリックス

個々のプロセッシング・セクションは、非常に柔軟なルーティング・オプションによって強化されています。

フィルターとイコライザーはステレオまたはミッド/サイドモードで動作し、コンプレッサーのサイドチェーンにはフィルター、EQ、外部コントロール信号を使用できます。

また、追加のミックスステージでは、オンボードのパラレルコンプレッションが可能で、VCS-1の各セクションは個別にバイパスすることができます。

グローバル・リンク・グループ

VCS-1の膨大な処理能力は、個々のプラグインインスタンスをDAW全体で同じパラメーターを共有するバーチャル・グループにアサインする機能によってさらに強化され、時間と労力を大幅に節約することができます。

VCS-1は、すべての信号、グループ、バスを最も便利な方法で形成し、処理するための1つのプラグインを探している方にお勧めです。その通りです。

システム要件

システム要件:Mac(64ビットのみ)

  • Intel互換またはAppleシリコンCPU
  • 2GBのRAM
  • Mac OS10.12以降
  • 1280×1024ピクセル以上のディスプレイ解像度
  • VST2、VST3、AAXまたはAudioUnits互換ホスト

システム要件:windows(32ビットおよび64ビット)

  • Intel互換CPU(少なくとも2 GHzを推奨)
  • 2GBのRAM
  • Windows7以降
  • 1280×1024ピクセル以上のディスプレイ解像度
  • VST2、VST3、またはAAX互換のホスト

セール情報

通常価格:79ドル

セール特価:29ドル(63%OFF)