Red Sounds『Modern Vox Engine』Lofi系ボーカル製作用プラグイン

Red Soundsのボーカルチョップ系バーチャルインストゥルメント『Modern Vox Engine』が期間限定で78%OFFになっています。

2022年2月8日:終了しました。

通常価格:89.95ドル→セール特価 :19.99ドル(78%OFF)

「Modern Vox Engine」は、ボーカルのメロディとモチーフ、深いカセット・クワイアのコード、太いボーカル・リードを簡単な操作のみで作成できるバーチャルインストゥルメント(プラグイン:VST3, AU)です。

このプラグインに収録されているサウンドを、ユーザーのお気に入りのシンセサイザーなどとレイヤーして、ユニークなリードサウンドを作ることもできます。

*プラグイン形式なのでKontaktなどの外部サンプラーは必要ありません。

スポンサーリンク

『Modern Vox Engine』

ざっと見紹介動画(1:37):

「Modern Vox Engine」は、Red SoundsとChannel Robotのコラボレーションにより生まれたソフトウェア・インストゥルメントです。

開発期間は1年以上。そして、私たちは5年間ボーカルサンプルを録音し、強力なツールと組み合わせました。

主な特徴

  • 196プリセット

  • 140種類のサウンド

  • 全く新しいグラニュラーエンジン

  • 交換可能な5つのエフェクトスロット

  • メイン画面での直感的な操作

  • 現代のあらゆるジャンルに対応

  • WindowsとMacで動作します。

サンプルの大半は、プロのシンガーによってカセットテープに録音されたものです。

カセットノイズを後から加えるのとは訳が違います。箱から出してすぐに、あのLo-Fiな温かさを感じることができるのです。

ボーカルのメロディーやモチーフ、深いカセット・クワイアのコード、ファットなボーカル・リードを瞬時に作成できます。

また、これらのサウンドをお気に入りのシンセサイザーとレイヤーして、ユニークなリード・サウンドを作ることもできます。

ジャンル

Modern Vox Engineは、カセット・ローファイ・フィーリングで群衆に差をつけることができます。

レコードのようなトラックを作るための素晴らしいツールです。あなたの音楽を即座に改善し、スパイスを加えてくれます。

このModern Vox Engineは、特に以下のような用途に最適です。

  • ローファイ

  • ヒップホップ

  • EDM

  • ディープハウス

  • トラップ

  • ポップ

  • フューチャーベース

内蔵エフェクト

  • リバーブ

  • ディレイ

  • コーラス

  • フェイザー

  • ウェーブシェイパー

  • コンプレッサー

  • サチュレーター

  • EQ

その場で編集できるシンプルさと、より深く追求できるパワフルさが特徴です。

すべてのコントロールと機能は、慎重に選ばれています。

グラニュラー・エンジン

ユニークなグラニュラー・エンジンによって、あなただけのサウンドを作ることができます。このツールは本当にパワフルで便利です。特にシネマティックなサウンドを作るには最適です。ボーカルのテクスチャを作成する。内蔵のエフェクトと組み合わせれば、完璧なサウンドになります。

フィルター

ハイパスとローパスのフィルタを使って、その場でサウンドを形作ることができます。

これらのコントロールはメイン画面にも表示され、素早くアクセスできます。

おそらくカットオフ周波数だけが必要でしょうが、より深く追求したいのであれば、フィルターに関する完全なコントロールがあります。

システム要件

プラグイン形式:

  • Windows:VST3 (64ビット)
  • Mac:AU / VST3(64ビット)

アクティベーション:

  • シリアル番号のみのプロテクション
  • iLok /ドングルは必要ありません

システム要求:

  • 「Windows」7、8、10以上
  • システムドライブに4Gb RAM / 2GBの空き容量
  • 「Mac」OSX10.9.5マーベリックス以上
  • システムドライブに4Gb RAM / 2GBの空き容量
  • macOS Catalina / Bigsur Ready
  • このライブラリで使用されるすべてのサウンドは、Red Soundsスタジオで録音および処理されているため、100%ロイヤリティフリーです。

セール情報

通常価格:89.95ドル

セール特価 :19.99ドル(78%OFF)