【無料】Boz Digital Labs『Panipulator 3』リリース(ステレオイメージ・プラグイン)

Boz Digital Labsから、ステレオイメージングとパンニング用プラグイン『Panipulator 3』がリリースされました。無料です。

スポンサーリンク

『Panipulator 3』

ざっと見デモ動画(1:36):

Panipulatorは、理想的とは言えない様々な再生システムにおいて、正確なミックスを可能にする、CPUに優しいツールです。

シンプルで合理的なコントロールにより、モノラル互換性、スピーカーの極性、マルチマイクされた楽器の位相問題の特定、モノラルでのスピーカーの分離などをチェックすることができます。

そして、完全に無料です。

特徴:

  • ワンクリックで使えるシンプルなチャンネルツール
  • モノラル互換性チェック

プラグインフォーマット:

  • Mac: osx 10.11以上
  • Windows XP以上
  • 64ビット VST2.4、VST3、AU、AAX

解説動画(17分・自動翻訳の日本語字幕可能):

『Panipulator 3』の詳細

イヤホン、ヘッドホン、iPhone、車内、デスクトップPCのスピーカーなどで音楽が聴かれるようになり、大型のステレオスピーカーで聴くことはほとんどなくなったため、ミックスはこれまで以上に流動的なものとなっています。

ミックスエンジニアは、イヤホンや小さなスピーカーでミックスすべきと認識していますが、5セント硬貨サイズのスピーカーで再生されたミックスを何時間も聴ける人はいないでしょう。

結局のところ、現在の再生メディアの限界により、あなたが思っているよりもはるかに多くの音楽をモノラルで聴いているのです。

例えば、ストリーミングサービスの音楽は、必ずしも真のステレオで再生されるとは限りません。

エレベーター、スーパーマーケット、医院、ショッピングモール、PAシステム、テーマパークなどに流れている音楽はモノラルで聴かれています。

もし、モノラルのミックスを参照し、これらの多様な環境下で再生がどのように聞こえるかを予測する簡単な方法があればいいのですが…。

そんな時に便利なツールがBozの「Panipulator 2」でした。

そして、今回「Panipulator 3」にアップデートされました。

新バージョン:Panipulator 3の特徴

  • シンプルで合理的なユーザー・インターフェース

  • ミックスのモノラル互換性チェック

  • ステレオフィールドの問題点の把握

  • 不完全な再生メディアでミックスがどのように聞こえるかを聞くことができます。

  • 修正的または創造的な使用

  • 左右のスピーカーの位相を個別に反転させることが可能

  • モノラルで同位相、逆位相のスピーカーを分離する

  • ステレオフィールドを反転させ、スピーカー再生の違いを評価する

  • LoFi モードで聴くことができます

旧バージョンンのPanipulator 2からの機能

Panipulatorはミックス・トランスレーションに欠かせないツールです。

CPUに気づかれることなく、マスター・バスに常駐させることができます。

Panipulatorがそれを実現する一つの方法は、ミックスをモノラルで参照できるようにすることです。

モノラルは70年前のものだと思われるかもしれませんが、モノラルは今でも有効です。

今日に至るまで、ほぼすべてのプロのエンジニアは、いくつかの理由から、モノラルとの互換性をチェックするためにミックスを合計しています。

  1. レストランやショッピングセンターなど、公共の場で演奏される音楽はモノラルで送られます。

  2. PA システムで演奏される音楽はモノラルで出力される。

  3. デスクトップパソコンのスピーカーを並べると、モノラルで出力される。

  4. FMラジオ受信機は、受信状態を良くするために弱い信号をモノラルにまとめます。

  5. 小型ラジオ、テレビ、スマートフォンにはモノラルスピーカーが1つあります。

最後に、イヤフォンで音楽を聴いている人が、片方を取り出して他の人と共有すると、モノラルミックスが2つ出来上がります。

車のサウンドシステムも、ドライバーの位置によって、アメリカでは左、ヨーロッパでは右のように、1つのスピーカーの近くにいるため、本当のステレオではありません。

したがって、しっかりとしたモノラルミックスは、1つのスピーカーからどのようにミックスが聞こえるかを教えてくれるのです。

Panipulator 2は、ステレオで合計された左または右のスピーカーを分離するか、モノに合計するオプションを提供し、さらに上を行きます(したがって、イギリスとアメリカの車のためにミックスすることができるようになります)。

パニピュレーション

Panipulatorのコントロールは、便利であるのと同様にシンプルです。

左から順に、フリップL/R、左極性、右極性、モノ・サミングのシングル・クリック・コントロールがあります。

また、5ポジションのノブもあり、モノ・サミングのための5つのモードを提供します。

同じセンターパンの信号をモノにすると6dBレベルが上がるため、モードスイッチでは-6dBの減衰を行い、真のモノ・サミングを実現します。

ステレオでは、両方のスピーカーに存在する同じ信号が、電子的ではなく音響的に結合されます。

同じ信号のアコースティックサミングによるレベルの増加は、3dBです。モノラルモードセレクターのL+R -3dBの位置は、プログラム素材がステレオスピーカーでしか聞こえない場合に選択します。

Panipulator 2を無料でダウンロードし、マスターバスに常駐させましょう。

CPUはその存在に気づかないかもしれませんが、あなたのミックスは確実にそうなります。

システム要件

利用可能なフォーマット

  • Mac: osx 10.11以上

  • Windows XP以上

  • 64ビット VST2.4、VST3、AU、AAX

配布情報

セール価格:0ドル