終了間近の主要セールが多くなっています(来週水曜日夕方まで)。

『McDSP EC-300 Echo Collection』エコー&コーラスFXプラグイン

McDSPが、エコーとコーラスエフェクトのハイブリッドプラグイン『EC-300 Echo Collection』を期間限定で無料配布しています。

通常価格:79ドルのブツです。(Plugin Boutiqueでは99ドル。)

2022年3月25日:終了しました。

情報元(sonicstate.com

McDSPから、同社のEC-300 Echo Collectionが、2022年3月2日から期間限定で無料になるとの連絡がありました。

以下はMcDSPの広報担当者の談。

何十ものエコーとコーラス・エフェクトのサウンドを1つのプラグインで手に入れることができます。

EC-300 Echo Collectionには、タイムベースエフェクトのあらゆるニーズに対応するクリエイティブなオプションが満載です。

磁気、デジタル、アナログモデルのディレイタイプ、モノ、ステレオ、デュアルディレイモード、タップテンポとセッションテンポ同期、ワウ、フラッター、その他のモジュレーションオプション、携帯電話、ラジオ、テレビなどのデバイスの合成インパルスモデルなどの機能を備えています」と述べています。

このEC-300のコピーは、完全な機能を持ち、パフォーマンスの制限なく動作します。

スポンサーリンク

『EC-300 Echo Collection Native』について

McDSP Echo Collectionは、エコーとコーラスエフェクトのハイブリッド・プラグイン。

数ある種類の「エコー」と「コーラス」系エフェクトをこの1つのプラグインで実現しています。

マグネティック、デジタル、アナログの3種類のディレイタイプには、豊富なユーザー・コントロール、豊富なキャラクター・モード、非常にスタイリッシュなビジュアルフィードバックを実装しています。

*注意:この製品の使用には、「常時アクティブなインターネット接続」または「物理的なiLok USB Dongle」が必要です。

常時アクティブなインターネット接続の使用では、「iLok License Managerアカウント」と「iLok Cloud」を使用したソフトウェア・アクティベーション方法になるので、物理的なiLok USB Dongleは必須ではありません。

紹介動画

デモ動画(デジタル・モード)1:35:

デモ動画(アナログ・モード)2:24:

デモ動画(マグネティック・モード)1:55:

紹介&解説動画(13:48):

レビュー動画(9:18):

『EC-300 Echo Collection』について

EC-300 Echo Collectionは、数十種類のエコー&コーラス・エフェクトのサウンドを1つのプラグインに収めたものです。

マグネティック、デジタル、アナログの3つのディレイ・タイプは、豊富なユーザー・コントロール、豊富なキャラクター・モード、高度にスタイリッシュなビジュアル・フィードバック、McDSPの約20年にわたる機材モデリングの経験を搭載しています。

EC-300の各ディレイ・タイプには、新しいユニークなサウンドを作り出すための追加キャラクター・モードが搭載されています。

また、サチュレーション、ワウ、フラッター、ディレイ出力ダッキング、インループ・フィルタリング、EQ、入出力段でのレベル・コントロールなどのディレイ機能も搭載しています。EC-300はシングル、デュアル、ピンポンモードで動作し、ディレイタイムはセッションのプレイバックやタップしたテンポに同期させることができます。

アナログ・モード
デジタル・モード
マグネティック・モード

特徴

  • マグネティック、デジタル、アナログの3種類のディレイタイプを用意


  • ディレイテープごとの多彩なキャラクターモード


  • サチュレーション、ワウ、フラッター、ダッキングなどのディレイ機能


  • シングル、デュアル、ピンポンディレイの操作性


  • タップテンポ、セッションシンク


  • 75以上のSIM(Synthetic Impulse Models)を収録


  • モノラル、ステレオ、モノラル-ステレオバージョン

システム要件

Mac

macOS 10.10以上(64ビットのみ)(macOS 11 Big Sur対応)

Windows

Windows 7、8、10 (64ビットのみ)

Native v6ソフトウェアに対応しています:

  • AAXネイティブ
  • オーディオユニット(AU)
  • オーディオスイート
  • VST3

プラットフォーム要件

  • AAXバージョンはPro Tools 12.x以降が必要で、Pro Tools 2018、2019、2020もサポートします。
  • S6Lバージョンは、VENUE OS 5.3.2以降が必要です。
  • AU版はLogic X以上推奨
  • VST版はCubase 9.x、10.x、Nuendo 6.5以上推奨
  • McDSPプラグインを使用するには、iLok2、iLok3、またはiLok Cloudでv6ライセンス(またはDemo)を取得し、インストーラーを認証する必要があります。最新のiLokドライブを推奨します。クラウド対応にはv6.5以降が必要です。

対応DAW

McDSP HDおよびNativeプラグインは、Pro Tools、Logic X、Cubase、Nuendo、Ableton Live、MOTU Digital Performer、Studio One、Sonar、その他AAX、AU、VST、VST3プラグインフォーマットに対応したDAWで使用可能です。

アクティベーション

アクティブなインターネット接続または物理的なiLok USB Dongleが必要です。

重要:McDSPプラグインは、iLok2またはiLok3 USB Dongle、またはiLok License ManagerアカウントとiLok Cloudセッションのいずれかを使用して認証する必要があります。

製品ページリンク

製品の貰い方

*このMcDSPの購入にはiLokアカウントが必須なので、持っていない方は(無料の)iLokアカウントを取得する必要があります。

⑴ 以下のMcDSPの無料取得申し込みページで、有効なメールアドレス、名字、氏名を記入して『GET EC-300 NOW!』をクリックします。

上記の画像の意訳:

EC-300 PLUG-IN(無料): サインアップ

EC-300 Echo Collectionの無料配布、およびMcDSPからの最新情報、アップデート、キャンペーンのお知らせを受け取るには、このリンク先で必要事項を入力し、送信してください。

  • 電子メール
  • 名前
  • 名字

*このフォームを送信することにより、あなたは http://www.mcdsp.com (McDSP, 2083 Old Middlefield Way, Suite 204, Mountain View, CA 94043, US,)からのマーケティングメールの受信に同意したことになります。

*メール受信の同意は、各メールの下部にあるSafeUnsubscribe®のリンクを使って、いつでも取り消すことができます。

*電子メールはConstant Contactによって提供されています。

⑵ そうすると、以下の画像が表示されるはずです。

上記の画像の意訳:

EC-300を無料で手に入れる方法

(1) 下のリンク『GET EC-300 NOW!』をクリックして、無料のEC-300 Echo Collectionをカートに追加してください。

(2) チェックアウト後、「https://www.mcdsp.com/downloads」からインストーラーをダウンロードします。

*問題なければ『GET EC-300 NOW!』をクリック。

⑶ そうすると、以下の画像のページに飛ぶはずです。

上記の画像の意訳:

ご注文が完了すると、iLokライセンス・マネージャーで利用できるライセンス・コードが記載された確認メールが届きます。

ご注文はすべて電子的に処理されるため、箱、マニュアル、iLokは発送されません。ご購入の際には、有効なiLok.comのユーザーIDをご提示ください。

アップグレードの際には、下取りまたは返却の承認がお客様のアカウントに存在する必要があります。

ほとんどのご注文は1営業日以内に処理されますが、一部のアップグレードはそれ以上かかる場合があります。

ご注文の状況を確認するには、orders@mcdsp.com までご連絡ください。ご注文が完了すると、iLok.comで利用可能なライセンスコードが記載されたメールが届きます。

バンドル・アップグレードを購入された場合、今後のアップグレードを受けるためには、本日購入され、このバンドル・アップグレードと合わせて使用されるすべての資産が1つのiLokアカウントに存在する必要がありますので、ご注意ください。

ご利用ありがとうございました。

ご注文についてご質問がおありですか? CONTACT US

カスタムアップグレードパスが必要ですか?喜んでお手伝いさせていただきます。

⑷ 『Checkout』をクリックしてお会計ページへ行き、0ドルでお会計を済ませます。

このMcDSPの購入にはiLokアカウントが必須なので、持っていない方は(無料の)iLokアカウントを取得する必要があります。