6/1夕方まで【最安タイ: 68%OFF】Antares『Harmony Engine』簡単にリアルなハーモニー/コーラスを作成することができるハーモニー生成プラグイン(お得なセール)

Auto-tuneの技術で著名なAntares(アメリカ)が、同社の特許技術を用いたボーカルハーモニー生成プラグイン『Harmony Engine』4を大幅値引きしています。

かなりレアなセールなので気になっていた方はこの機会にチェックしておくと良いでしょう。(一年半前のブラックフライデー時に付けた安値と同額。)

セールは今月末までの予定です。

スポンサーリンク

『Harmony Engine』ボーカルハーモニー生成プラグイン

Harmony Engineは、簡単にリアルなハーモニー/コーラスを作成することができるハーモニー生成プラグインです。

スムーズに、人工的な感じのしないシームレスなピッチシフトを実現しています。

ざっと見動画(52秒):

デモ動画(8:37・自動翻訳の日本語字幕可能):

チュートリアル動画(12分・自動翻訳の日本語字幕可能):

Harmony Engineは、正確で生き生きとしたバックグラウンド・ボーカルを作成し、1つのボーカル・トラックを、最大4人のバーチャル・バックアップ・シンガーを含む完全に実現されたボーカル・アレンジメントに変えます。

このHarmony Engineプラグインのチュートリアルでは、オーディオエンジニア、ミュージシャン、教育者であるジョシュ・カーニー氏が、プロジェクトの要求に応じて自然または合成のハーモニーを作成する方法を紹介します。

解説動画(14:38・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ&解説動画(13:46・自動翻訳の日本語字幕可能):

このビデオでは、AutoTuneを開発したAntares社のHarmony Engineをご紹介します。

Harmony Engineンの使用は、今、チャートで非常に人気があります。The Weekndのようなアーティストは、このプラグインを使ってボーカルにテクスチャーやレイヤーを加えています。

ボーカルに美しく刺激的なハーモニー・レイヤーを加えることで、新しいレベルのエネルギーを与え、ボーカル・トラックをより際立たせることができます。

先代版のHarmony Engine (EVO)解説記事リンク:

イーフロンティア様のページ:http://music.e-frontier.co.jp/product/heevo/

DTMレビュー様のページ:http://dtmreview.com/author/soundorbis

Harmony Engineについて: 自動ボーカルハーモニージェネレーター

『Harmony Engineの4声のハーモニーボイスは、それぞれ独立したハーモニー生成モードを持っています。コードやスケールをあらかじめ指定するだけでなく、それぞれのボイスをMIDIでリアルタイムにコントロールすることも可能です。』

1つのトラックからプロ品質のハーモニーアレンジを作成できます。

あなたが経験豊富なアレンジャー、完璧なバックアップボーカルを探しているソングライター、またはユニークなエフェクトを使用して実験しているプロデューサーであるかどうかにかかわらず、Harmony Engineは、あなたがあなたの頭の中で聞くハーモニーの部分を作成するための新しい方法を提供します。

完全に自動化されたものから、すべてのノートの個別のコントロールに至るまで、様々なコントロールモードを提供しています。

Harmony Engineには、ボーカル・キャラクター、ビブラート、パンの設定を個別に調整できる4つの高品質なハーモニー・ボイスが搭載されており、リアルな効果や極端な効果を得ることができます。

また、5チャンネルのChoirボーカルマルチプライヤーを使えば、各ハーモニー・ボイスを2、4、8、16のユニゾン・ボイスに変えることができます。

Harmony Engineは、豊かで説得力のあるハーモニーを生み出すために必要なすべてのツールを提供します。

独自のボーカルアレンジメントをノートごとに細心の注意を払って作成したり、MIDIコントローラーでハーモニーを演奏したり、コードを選択して残りをHarmonyEngineに任せたりできます。

Harmony EngineはAuto-Keyプラグインにも対応しており、音楽のキーとスケールを自動的に検出し、ワンクリックでその情報をHarmony Engineに送信することで、スタジオでの作業時間を無数に節約できるように設計されています。

4つの独立したハーモニーボイス、様々な柔軟なハーモニー生成モード、より自然なサウンドのパフォーマンスを実現する人間化機能を備えたHarmony Engineは、想像できるあらゆるボーカルアレンジを制作するために必要なツールを提供します。

特徴

  • より速く、より正確なピッチ検出と滑らかな、アーチファクトのないピッチシフトのためのAntaresの画期的な音声処理技術。


  • 独立したボーカル・キャラクター、ビブラート、パンの設定が可能な4つの高品質でフォーマント補正されたハーモニー・ボイス


  • 独自のCHOIRヴォーカル・マルチプライヤーを5チャンネル搭載し、各ボイスを2、4、8のユニゾン・ボイスに変えることができます。


  • Antaresのスロートモデリング技術により、人間の声道の物理的なモデルを使って各ハーモニーボイスを処理することができます。


  • 全自動から各音の個別コントロールまで、革新的なハーモニー・コントロール・モードを多彩に搭載。


  • 固定またはスケール間隔。単にキーとハーモニーボイスの間隔を設定し、ハーモニーエンジンが残りの部分を行うようにしましょう


  • コード・ディグリーまたはコード名を指定します。コードごとにハーモニーを定義します。


  • MIDIによるコード:MIDIコントローラーや録音済みのMIDIトラックを使って、リアルタイムでハーモニーを定義します。


  • MIDIオムニ。シンセやサンプラーの音色のように、4つのハーモニー・ボイスを直接「演奏」することができます。


  • MIDIチャンネル。4つのMIDIチャンネルを使用して、ボーカル・アレンジの各音を絶対的にコントロールできます。


  • スプレッドとレジスターコントロールにより、ボーカルアレンジのピッチレンジとハーモニースタイルを素早く直感的に設定することができます。


  • 各ハーモニーボイスのバリエーションを選択できる機能をヒューマナイズし、リアルで自然なサウンドを実現


  • ピッチやフォルマントのアーティキュレーションを瞬時にフリーズさせることで、独自の多彩なバックアップ・ボーカル・エフェクトを実現するフリーズ機能


  • 最大15のハーモニー設定を作成し、リアルタイムまたはオートメーションで瞬時に呼び出すことができるハーモニー・プリセット・マトリクス。


  • 最大6つの異なる「ボーカル・グループ」を作成し、瞬時に呼び出すことができるボイス・パラメーター・プリセット・マトリックス


  • オリジナルの入力と4つのハーモニーボイスをそれぞれのチャンネルにアサインまたはエクスポートして、さらに処理することができる5チャンネル出力機能(ホストに依存)


  • 他に様々な機能があります

システム要件

Mac

AAX Native(64ビットのみ)

  • Pro Tools 2018.1以降。
  • お使いのPro Toolsのバージョンで必要なmacOS 10.13以降。

VST3(64ビットのみ)

  • VST3フォーマットをサポートする互換性のあるVSTホストプログラム。
  • macOS 10.13以降のホストが必要です。

Audio Units(64ビットのみ)

  • AUフォーマットをサポートする互換性のあるDAW。
  • macOS 10.13以降のホストが必要です。
Windows:

AAX Native(64ビットのみ)

  • Pro Tools 2018.1以降
  • Windows 10

VST3(64ビットのみ)

  • VST3フォーマットをサポートする互換性のあるDAW。
  • Windows 10

Harmony Engineのセール情報

*一年半前のブラックフライデー時に付けた最安値と同額。

通常価格:249ドル

セール特価:99ドル(68%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2021年11月:249ドル→125ドル
  • 2020年11月:249ドル→99ドル