Xhun Audio『FilterCult』伝説的なMoogラダーフィルターを中心にした本格的なラック・フィルター・プラグイン(VST/AU)

Xhun Audio『FilterCult』。

Moogのラダー・フィルターを中心とした本格的なバーチャルラック・プラグインです。

2022年8月9日:

期間限定セールで68%OFF。恐らく過去最安値を更新しています。

通常価格:59ユーロセール特価:19ユーロ!!(68%OFF)

スポンサーリンク

Xhun Audio『FilterCult』象徴的なオリジナルマシンをベースにしたアナログモデルのフィルタープラグイン(VST/AU)

動画(4:15・自動翻訳の日本語字幕可能):

簡単な製品紹介の後、1:14からデモが始まります。

「FilterCult」は、パワフルでクリエイティブなシグナル・フィルタリングとサウンドのカラーリングを行うことができるマルチデバイスエフェクトプロセッサです。

マスター・エフェクトとして、あるいはシングル・チャンネルのインサート・プロセッサーとして使用できます。

あらゆるオーディオ素材に、スムーズで優しいアナログ・フィルタリングから非常にアグレッシブな色付けまで様々なサウンド作り出すことが可能です。

オーディオデモ:

『FilterCult』の詳細

「FilterCult」は、パワフルでクリエイティブなマルチデバイスエフェクトプロセッサーです。

フィルタリングとサウンド・カラレーションのためのツールです。

モデル化されたアナログギアとデジタルデバイスのセットで構成されています。

また、ラックマウントキャビネット内に配置され、シンプルで使いやすいインターフェースからアクセスすることができます。

この「FilterCult」は、悪名高く象徴的なトランジスタ・ラダー・アナログ・フィルターの正確なシミュレーションで構成されており、オリジナルの回路トポロジー、動作、癖を細部まで再現しています。

さらに、回路を曲げる改造や、非線形電子部品を追加使用することで、サウンド彫刻の可能性を広げることができます。

マスター・エフェクトとしても、シングル・チャンネルのインサート・プロセッサーとしても、あらゆる音楽制作のシナリオにおいて常に正しい選択です。

例えば、スムーズで優しいアナログ・フィルタリングから、あらゆるオーディオ素材の極めて攻撃的な色付けまで作り出すことができます。

良いこと、悪いこと、淫らなこと

FilterCultの主役は、トランジスタラダーアナログフィルターの正確なモデリング・シミュレーションであるFLT-TL22デバイスです。

このアナログ・フィルタリング・ユニットを幅広い用途に対応させるため、オリジナルの回路設計と物理的特性を入念に保存することから始まりました。

デバイスレベルのフィードバック経路(フィードバック信号を遅延させることが可能)、追加のプリフィルターとポストフィルターの非線形コンポーネント(トランジスタベースまたはチューブベースの技術を使用)、極性セレクタ(アナログ回路の異なるノードをメインデバイス出力に接続)、ハイパス経路など、一連の実験的回路と改良が追加されています。

さらに、FilterCultラックは追加デバイスをホストします。PRM-EM44ユニットは、入力信号ルーター、出力信号ミキサーとして簡単に使用することができます。

MOD-XG01は、アナログフィルターのカットオフとエンファシス(共鳴)のパラメーターをコントロールし、エンベロープジェネレーター、テンポシンク付きマルチウェーブフォームLFO、ノイズジェネレーターを統合したマルチソースモジュレーションデバイスです。

この拡張機能により、FilterCultはチャンネルストリップやマスターエフェクトプロセッサーとしての使用に完全に適しており、その優しいアナログタッチ、ドライブ、存在感で入力されるオーディオをフィルタリングすることができます。

あるいは、内部非線形コンポーネント動作、フィードバック経路、自己発振、モジュレーション量を上昇させることで、FilterCultは深くワイルドな信号変化を可能にし、パワフルなエレクトリック風、ベースライン風の色付けをもたらします。

(特にドラムなどのリズミック、パーカッシブな素材に最適です)。

FilterCultは、非常に軽量なCPUフットプリントとシンプルで直感的なインターフェースを備えた、最も素晴らしいサウンドと汎用性の高いアナログフィルタです。

特徴

  • ACS(Advanced Component Simulation)手法の採用により、高精度な物理モデリング・シミュレーションを実現


  • シミュレーションのあらゆる場面で64bitのフル処理精度を実現


  • トランジスタラダーアナログフィルタ+変調器+信号ルータのオールインワンセットアップを実現


  • FLT-TL22 アドバンストトランジスタラダーアナログフィルタの特長


  • トポロジー保存変換法によるトランジスタラダーアナログフィルタの正確なモデル化


  • オリジナル・フィルタ・アーキテクチャを補完し、創造的な回路ベントを提供


  • 異なるフィルタ応答(4極、3極、2極、1極)用のマルチノード回路出力を含む


  • 実験的なハイパスモードの出力


  • カットオフ周波数範囲の拡大(20Hz〜20kHz)、セルフオシレーション(1極モードも可能)。


  • 電圧レギュレータ回路(自動安定化スイッチ)により、非線形成分、パラメータ変調、デバイスレベル・フィードバック、コンポーネントレベル・フィードバックを極端に設定した場合でも、フィルタの完全な安定性が得られます。


  • アナログ・モデルのトランジスタ・ベースおよびチューブ・ベースの飽和およびオーバードライブ回路(プリ・フィルターおよびポスト・フィルター・ステージの個別の負荷制御付き


  • フィードバック信号の遅延が可能なデバイスレベルフィードバックパス(最大10 msまで)


  • カットオフ、エンファシス、チャンネル極性反転の各パラメーターに個別のモジュレーションを設定可能


  • MOD-XG01マルチモード・モジュレーターの特長を備えています。


  • 正確な入力信号検出(エンベロープ・フォロワー)、感度調整可能(5ms~2sec)


  • マルチ波形LFOジェネレーター、周波数(0.05 Hz~300 Hz)、テンポシンク、フェイズリセット・コントロール


  • エンベロープ・ジェネレーター(アタック/ディケイタイム・コントロール,1ms~10秒)
  • ノイズ・ジェネレーター


  • PRM-EM44内蔵プリアンプ/ミキサー搭載


  • マルチモード入力信号ルーター(ゲインコントロール付き)(-inf dBから+6 dBまで)


  • 最終ミキサー部、ブレンド(ドライ/ウェット)およびメインボリューム(-inf dBから+6 dBまで)コントロール付き


  • 20以上のマルチシナリオのファクトリープリセットを含む。


  • 44.1 kHzから192 kHzまでのサンプルレートをサポート


  • マルチサイズのGUI解像度で利用可能

システム要件

プラグインフォーマット:

  • VST
  • AU

メーカーページリンク

セール情報

*恐らく過去最安値を更新しています。

通常価格:59ユーロ(約59.77ドル/8269円)

セール特価:19ユーロ(68%OFF)(約19.25ドル/2663円)

*主なセール価格の推移:

  • 2021年11月:59ユーロ→19.9ユーロ
  • 2021年4月:59ユーロ→30ユーロ(イントロセール)