【無料】pianobook『WÖRLITZER』Wurlitzerエレクトリック ピアノのライブラリ(無料のサンプラーDecent Samplerで使用可能)

pianobookからWurlitzerエレクトリック ピアノのライブラリ『WÖRLITZER』がリリースされました。無料です。

スポンサーリンク

『WÖRLITZER』Wurlitzerエレクトリック ピアノ

紹介動画(4分・自動翻訳の日本語字幕可能):

『WÖRLITZER』は、個性的なエレクトリックピアノ(Wurlitzer)のライブラリです。

無料のサンプラー・プラグインDecent Samplerで使用できるようになっています。

オーディオデモ:

内容
  • 全88鍵×3ベルレイヤー

  • リリーストリガー

  • ペダルサウンド

  • キーノイズ

  • ウォブリー処理音+グラニュラー処理音

  • 合計:452サンプル
制作秘話

私(Daniel Rosenholm)は何年も前に Wurlitzerのエレクトリックピアノのサウンドに恋をして、適正な価格で購入する機会を得たとき、 私は躊躇しませんでした。

それは夢のような出来事でした。

そしてそのピアノは本当にひどい状態でした。しかし、同時に素敵な暖かい音を持っていました。

私は、このピアノを、何年もかけて見た目も音も美しくなるようにレストアし、チューニングしてきました。

しかし、ある時、お金が必要になり、売るという愚かな決断をしました。

しかし、売却前に、私はこのピアノのサウンドをサンプリングしました。

すべての鍵盤を複数のベロシティレイヤーで、そして生の鍵盤の音も。

だから私は自分の大切な Wurlitzer の音を保つことができたのです。

私は、このPianobookのホームページを発見して以来、この素晴らしいコミュニティに私のサンプルを共有するべきだと感じていました。

ラインレベル、生キー、リリーストリガーを別々にコントロールすることができます。

また、ローパスフィルター、ディレイ、リバーブもあります。

さらに、ウォブルとグラニュラーの2つのレイヤーも作りました。

そして、このライブラリーの使い方を知ってもらうために、いくつかのプリセットを作りました。

まず「WörliTzer」というプリセットです。これは、私自身の Wurlitzerのサウンドに最も近いものです。

それから、このWobbliTzerは Wobbleレイヤーをベースにしています。

そして「GranuliTzer」はグラニュラーレイヤーがベースになっています。

「ToyliTzer」はすべてのレイヤーを下げ、生のキー音だけを上げています。木琴のような音色で、トイピアノを連想させます。

すべてのレイヤー、エフェクト、フィルター、アタックとリリースをいじると、例えばDreamliTzerのプリセットのように、本当にユニークなサウンドを作り出すことができます。

フィルターはModホイールに割り当てられ、すべてのノブとコントロールにはあらかじめCCナンバーが設定されているので、MIDIコントローラーを割り当てることができます。

私はKomplete Kontrolのキーボードをベースにコントロールを割り当てました。したがって、そのノブにはCC14〜CC22が割り当てられています。

私のWörliTzerをぜひ楽しんでみてください。

システム要件

  • 無料のサンプラー・プラグインDecent Samplerで使用できるようになっています。

配布情報

*ダウンロードにはpianobookの無料会員登録が必要です。