Image Line『Sakura』(シンセサイザープラグイン:美しく繊細なストリングスサウンド)Macでも使用可能

Image Lineのシンセのセール。しかもSakura

かなり珍しいセール。(現在半額の49ドルで買えちゃいます。)

*そしてMacでも使えるようになっています。

Sakuraは、一本の弦の繊細なプラック、バイオリンのボウイング、グランドピアノの響きを再現するシンセプラグインです。

Sakura | Virtual Modelling Synthesizer

2020年9月18日:久しぶりに半額セール復活中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Image Line『Sakura』

サウンドデモ(9分):

IL Sakura (sounds)

Image Line『Sakura』動画シリーズ(全十三巻):

Sakura Part One – Introduction

Image Line『Sakura』の概要

Sakura。

桜の花びらの一時的な美しさのように、弦楽器の音は花が咲き、色あせます。

Image-Lineは、ストリングサウンドの繊細さと美しさを表現するために、ストリングフィジカルモデリングインストゥルメント「Sakura」を開発しました 。

単弦の繊細な弾きを再現

Sakuraは、繊細な弦の演奏、バイオリンのボーイング(弓の音)、またはグランドピアノの共鳴音を再現できます。

Sakuraは、(好奇心旺盛なミュージシャンのために)シミュレーションのあらゆる側面をコントロールし、素晴らしいインストゥルメントを作成できます。

Sakura仮想モデリングは、5段階の『HANAMI(花見)-プロセス』に従います

  • Contact -インパルス、つまり弦との機械的なコンタクト(接触)が最初に生成され、その後、プリック(はじき)、ピック、スクラップ、ハンマー、タップ、またはフィンガーをシミュレートするように成形されます。

  • Vibration(振動)-Sakuraのデュアルストリングモデルは、減衰、張力、位置決め、ストリングプロパティなどの幅広いパラメーターをオペレーターが制御できるようにします。

  • 弦の相互作用 –デュアルストリングは、相互作用をシミュレートするためにミックス、パン、およびエンベロープされます。

  • レゾナンス -弦の振動が8レゾネーターの「ボディシミュレーター」と相互作用して、楽器のサイズ、素材、形状を作成します

  • 音響 -コーラス、ディレイ、残響効果を使用して、仮想音響空間をシミュレートします。

Sakuraのページ(Image Lineの本家サイト):

Sakura | FL Studio

システム要件

Windows

  • Windows XP(SP2)、Vista、Win7、Win8、Win8.1、Win10-(32ビットおよび64ビット)
  • SSE1を完全にサポートする2Ghz AMDまたはIntel Pentium 3互換CPU
  • 512Mb RAM。
  • 30Mbの空きディスク容量。
  • DirectSoundまたはASIO互換のサウンドカード

Mac

  • OSX v10.7 以上
  • G4 1.5 GHzまたはIntel Core Duoファミリー
  • 512Mb RAM
  • 30Mbの空きディスク容量
  • CoreAudioドライバー

SAKURAの使い方動画(11分):

HOW TO USE SAKURA IN FL STUDIO

Image Line『Sakura』のセール情報

通常価格:99ドル

セール特価:49ドル