『Pulsar 1178』名機の超精巧なエミュレーションに多くの現代的な機能を加え汎用性を高めた人気のFETコンプ

スイスの人気デベロッパーPulsarの新しいコンプレッサー・プラグイン『Pulsar 1178』。

現代的な音楽制作のために開発された用途の広いゴージャスなビンテージ・コンプレッサーです。

今年の3月にリリースされた新しいプラグインですが、既に高い評価を得ています

関連セール:

スポンサーリンク

Pulsar 1178:名機の超精巧なエミュレーションに現代的な多くの機能をプラスし汎用性を高めたFETコンプ

Pulsar社の新しいコンプレッサー『Pulsar 1178』。音楽制作の広い用途に使用できる最新のFETコンプレッサーです。

Pulsar 1178のざっと見紹介動画(1分):

Pulsar 1178のみを使用したミックスのサウンドデモ(1分25秒):

この最高に多才なFETコンプレッサーは、どのようなヴォーカルにもに濃度と清澄さを加え、そして色彩を加え、ミックスをコントロールすることができます。

Pulsar社はわりと新しいメーカーですが、すでにManleyのSTEREO VARIABLE MU(チューブコンプ)の精巧なエミュレーションである「MU」と1960年代のイタリアンクラシック・エコー/ディレイユニットのエミュレーション「Echorec」で大きな成功を収めています。

そしてこの一年間は、同社が以前にリリースした(1176コンプレッサーのエミュレーション)「Smasher」を足がかりに新しいFETコンプレッサーの開発に取り組んでいました。

それが、このPulsar 1178です。

Pulsar 1178は、レコーディング・スタジオに希に存在する高価な伝説的名機「1178」をベースにしています。

UREI 1178 コンプレッサー:

この1178は、その兄貴分である「1176」よりも汎用性が高く、クリーンなサウンドを実現したプロセッサーです。

Pulsar社製ソフトウェアの特徴は、オリジナルのハードウェアの「音色」と「圧縮特性」を丹念に再現する「超精巧なエミューション技術」にあります。

この「Pulsar 1178」では、「1178」の超精巧なエミュレーションに、現代な音楽制作で必要とされる多くの機能が追加されています。

これにより非常に多用途なツールに仕上げられています。

Pulsar 1178には、以下のような機能が追加されています

  • フル機能を備えたサイドチェーンEQ

  • さらに個性的なトーンを作り出すことができる4種類のサチュレーション

  • ダイナミクスを正確にコントロールするための包括的なデジタルメータリング

  • MS処理機能

  • 「ルック・アヘッド」(先読み)と「ルック・ビハインド」(後ろ読み)機能のオプション

  • サウンドエンジニアによるファクトリー・プリセット

  • 外部サイドチェイン機能

  • 最大8倍のオーバーサンプリング

  • スマートでサイズ変更可能なグラフィカル・インターフェース

Pulsar 1178の解説動画

Pulsar 1178の全体的な機能の紹介動画(10分・日本語字幕可能):

以下の動画でPulsar Audio社のフランソワ氏が「Pulsar 1178」について紹介しています。

ハードウェアの1178とソフトウェアのPulsar 1178のサウンド比較など(3分・日本語字幕可能):

この動画は元々フランス語。それを英語に吹き替えています。Youtubeの日本語字幕機能を使うとわかりやすいと思います。

音楽家のAndrei Martinez AgrasさんがPulsar 1178を実際に使用しながら説明しています(7分・日本語字幕可能):

Pulsar 1178について

最も汎用性の高いFETコンプレッサー『1178』

トランジェントを朝食のように食べるコンプレッサー「1178」。

1178は、レアで高価なレコーディングスタジオの伝説的な製品で、兄貴分の「1176」よりもクリーンで汎用性に優れています。

この1178は、クリス・ロード・アルジュ(マイ・ケミカル・ロマンス)、ボブ・クリアマウンテン(ローリング・ストーンズ、クリスティーナ・アギレラ)、イヴァン・ビング(フィル・コリンズ)、ナイジェル・ゴドリッチ(レディオヘッド)などの偉大なプロデューサーに使用されてきました。

「Pulsar Audio 1178」は、オリジナルの1178ハードウェアの音色と圧縮特性を丹念に再現しています

Pulsar Audioは、1178をオリジナル・ユニットをさらに進化させた製品です。多用途に使用できるコンプレーサーに求められるすべての機能を追加しています。

コントロール性を高めるためのフル・サイドチェインEQ、暖かみと個性を生み出すオプションのサチュレーション・ステージ、正確なメーター機能などを搭載し、モダンで多用途なプラグインに仕上がっています。

クラシックをさらに進化させたPulsar 1178

Pulsar 1178は、高速で明るいキャラクターを持っています。

この特性は、トラッキングやミキシングにおける手に負えないトランジェントの処理に最適です。

ドラム・ルームのトランジェントを叩き壊して厄介なロック的なバウンスを得るのに理想的です。

また、拡張されたアタック・レンジは穏やかなダイナミック・コンターリングを可能にし、ボーカルに独特のミッドバンドの定義と明瞭さを提供することができます。

コンプレッションに関しては、サイドチェイン信号をよりコントロールすることで、ミックスを次のレベルに引き上げることができます。

ドラム・グルーブのダイナミクスは、キック・ドラムとスネアの両方でコンプレッションをどのようにトリガーするかにかかっています。

Pulsar 1178のフル機能を備えたサイドチェインEQセクションを使用すれば、それぞれを適切な量のゲイン・リダクションに設定することができます。

バランスのとれたミックスを作るには、ダイナミクスに注意を払うことが重要です。

Pulsar 1178の正確で最新のメーター・セクションは、この重要なタスクをサポートします。

ピーク・メーターはダイナミクス全体を把握し、RMSメーターはラウドネスをモニターしてレベルを合わせることができ、スクロール・ビューはアタックとリリースの設定がゲイン・リダクションにどのように影響しているかを視覚化します。

4種類のサチュレーションにより、通常は透明感のある1178にグリットとドライブ感を加えることができます。

Tape、Triode、Warm、Clipの4つのモードは、ダイナミクスとスペクトル・エンベロープを管理する新しい方法を開きます。

これらのモードはコンプレッサーのゲインリダクション・システムに完全に統合されており、プリやポスト・サチュレーションでは実現できない独特のバイブを実現します。

どんなサウンド?

スナッピーでリッチなサウンドです

1178は1176よりも透明度が高く、他のコンプレッサー・モデルと比較してトランジェントを驚くほど素早くコントロールできます。

オール・ボタン・イン・モードとPulsarの追加されたサチュレーション・モデルを加えれば、個性的でカラフルなトーンにもアクセスできます。

何に使用するの?

ヴォーカル

1178は、ボーカルがミックスから飛び出し、非常にアグレッシブなサウンドを得るための素晴らしい方法です。

Bob Clearmountainは、Mick JaggerやChristina Aguileraなどのボーカルにこの回路を使用しています。

ドラムのオーバーヘッド

1178は、あっという間にクラッシュをキャッチするスピードを持ち、信号のトップエンドを非常に自然な形で開きます。

Chris Lord-Alge氏は、この組み合わせを “物足りないオーバーヘッド “に効果的に使用しています。ルックヘッドを使えば、ドラムのトランジェントをより効果的に使うことができます。

ベース

トランジェントのキャッチ、ダイナミクスのコントロール、あるいは信号を徹底的に叩き潰す場合でも、低音は1178にとって重要な素材となります。

追加されたSaturation回路を使用することで、ミックスの中で低音がポップになり、より小さなスピーカーでも低音が生き残れるように、より一層のグリットを加えることができます。

アコースティック・ギター

ギターのトランジェントは特に速くて厳しいものがありますが、1178は生き生きとしたピッキングを減衰させたり、サウンドのボディをバウンスさせて反応させたりするのに最適なツールです。

高速処理と自然なリリースにより、ミックスに生命感を与えながらも、自然なギター・トーンを維持することができます。

バス・コンプレッションとマスター・コンプレッション

1178は、バス・コンプレッションやマスタリング・コンプレッション(Robert Plantのアルバム「Angel Dance」のような)に最適な透明性とスピードを備えています。

追加されたサイドチェインEQは、重低音だけでなく周波数スペクトル全体をコントロールするのに役立ちます。

Pulsar 1178の特徴

トポロジー保存技術

Pulsar社のモデリング技術は、オリジナルのデバイスの動作を完全にエミュレートすることを保証しています。

ダイオード、トランジスタ、チューブの飽和(サチュレーション)から、わずかな内部フィルタリング、小さなキャリブレーションの欠陥まで、すべてが完璧に再現されています。

さらに、回路の完全なシミュレーションを行うことなく、これらすべての動作を再現することができるため、CPUパワーを節約することができます。

サチュレーションステージ

4つのサチュレーション・フレーバーのうちの1つを使って信号をさらにプッシュし、処理の強さを調整します。

テープは磁気録音技術の特徴をエミュレートし、ウォームは高音域に最適な微妙なディストーションを提供し、トライオードはクラスAの真空管アンプをエミュレートし、ほとんどの変倍音を追加します。

ミッドサイド・プロセッシング(MS処理)

Pulsar 1178にはオプションのM/Sエンコーディングとデコーディングが内蔵されており、信号のモノラルとステレオの情報を異なる設定で別々に処理することができます。

リッスン・ボタンは、ミッドやサイドのシグナルを分離して聴くことができるため設定を簡素化し、最新のビジュアライゼーションは、作業中のチャンネルのみをモニターするように設定できるため、常に何をしているのかを把握することができます。

Look ahead, look behind(前を見て、後ろを見る)

コンプレッサーの検出動作を前倒しにすることはアナログ信号経路では不可能ですが、トランジェントが飛び出すのを助けるために最大10msのディレイが可能です。前者の場合は最大20ms、後者の場合は最大10msの遅延を設定することができます。

パワフルなサイドチェーンEQ

Pulsar 1178ではサイドチェインのハイ・パスが可能ですが、サイドチェイン全体のEQセクションにより、それ以上のことが可能です。

ここでは5種類のフィルターが利用でき、バンド・ソロやサイドチェイン・オーディションも可能で、信号を完璧に調整し、理想的な検出レスポンスを得るのに役立ちます。

外部サイドチェイン

Pulsar 1178は、デジタル時代のすべてのコンプレッサーがそうであるように、外部サイドチェイン入力を定義することができます。これにより、ダッキング、ディエッシング、お気に入りのEQでサイドチェイン信号をフィルタリングしたり、ダイナミック・プロセッシングを適用したりと、非常に幅広いアプリケーションが可能になります。

アドバンスト・メータリング・セクション

ゲインリダクション、入力レベル、出力レベルはすべて異なる方法で表示されます。

スクロールするゲインリダクション・メーターはゲインリダクションとオーディオ信号を表示し、VUスタイルのメーターはステレオ・チャンネル両方の瞬時のゲインリダクションを表示し、LEDスタイルの入力、出力、ゲインリダクションはピーク・ラウドネスとRMSラウドネスを較正するために利用できます。

スマートなGUI

Pulsar 1178は、応答性の高いリサイズ可能なインターフェイスに包まれています。

サイズ変更ハンドルをドラッグするだけで、コンパクトで見やすいものから視認性の高いものまで、お好みのサイズに設定することができます。

さらに、ほとんどのDAWでは、Pulsar 1178をモノラル・チャンネルにロードすると、プラグインが単一チャンネルの操作のみを表示する合理化されたインターフェースで開きます。

参考記事

レビュー動画

レビュー動画(12分50秒・日本語字幕可能):

Michael White氏によるレビュー&解説動画(24分47秒・日本語字幕可能):

システム要件

Windows

  • CPU:インテル Core i3 / i5 / i7 / i9 / Xeon または AMD クアッドコア以上
  • メモリ:4 GB RAM、1 GB の空きディスク容量
  • オペレーティングシステム Windows 7 SP1 64ビット/Windows 8.1 64ビット/Windows 10 64ビット
  • GPU:OpenGL 2.0互換GPU
  • モニター:最低解像度1024×768、推奨1920×1080
  • リフレッシュレート:60 Hz

互換性のあるプラグインのフォーマット(32ビットと64ビット)

  • AAX Native
  • VST 2.4
  • VST 3

Mac

  • CPU:インテル Core i3 / i5 / i7 / Xeon
  • メモリ:4 GB RAM、1 GB の空きディスク容量
  • オペレーティングシステム:10.10 – 10.15
  • GPU:OpenGL 2.0互換性のあるGPU
  • モニター:最低解像度1024×768、推奨1920×1080
  • リフレッシュレート:60 Hz

互換性のあるプラグイン形式(64ビットのみ)

  • AAX Native
  • Audio Unit
  • VST 2.4
  • VST 3
アクティベーションなど
  • Pulsarソフトウェアを使用するには、ilok.comのアカウントが必要です。
  • このソフトウェアのMac版は64ビットのみで、32ビットシステムでは機能しません。

セール情報

通常価格:149ドルセール特価:99ドル

*上記の製品を購入時に、Melda Productionの『MDynamicEq』(通常価格:76ドル)が無料でプレゼントされます(8月いっぱい有効)

*主なセール価格の推移:

  • 2021年7-8月:149ドル→99ドル
  • 2021年3月:149ドル→89ドル(リリース人柱セール時)