【期間限定無料配布】Samples From Mars『909 Loops From Mars』ドラムマシンTR-909のループ・コレクション(WAV)

Samples From Marsが、ドラムマシンTR-909のループ・コレクション(WAV形式のサンプルパック)『909 Loops From Mars』を期間限定で無料配布しています。

*ダウンロードするにはSamples From Marsのニュースレター購読が必要です。

*期間不明。

2022年9月21日 追記:まだいけるようです。

スポンサーリンク

『909 Loops From Mars』

オーディオデモ:

本物の909グルーヴをあなたのプロダクションに

909のサウンドはここで紹介するまでもなく、1985年の登場以来、エレクトロニック・ミュージックの風景を永久に変え、他のどの電子楽器よりも多くサンプリングされています(OK、808と同点かもしれない)。

(マドンナの “Vogue “からインナーシティの “Good Life “まで、ハウス、テクノ、モダンポップにおけるOGの柱です。)

909は、Samples From Marsの個人的なお気に入りであり、909とのコラボレーションはこれが初めてではありません。

では、なぜまた909を作ったのか?

それは、内蔵のステップシーケンサーをプログラミングし、ノブを回し、909のアクセント、フラム、シャッフルの限界を受け入れると、ある種のマジックが起こるからです。

DAWシーケンサーでは実現が難しいリアルさがあります。

このことを念頭に置いて、私たちはハードウェアの909 ループの多様なコレクションの作成に着手し、その結果をいくつかの本格的なアウトボード機器とクリエイティブな処理にかけました。

私たちのゴールは、DAWのシーケンサーに手を伸ばすことなく、本物の909のグルーヴをすぐに作品に注入できるソースを提供することでした。

909 Loops From Marsを自信を持って紹介します。

ループの美しさ

ループ録音の大きなメリットは、アナログ・ドラムの打撃音はそれぞれ微妙に異なる形とヴァイブを持つという事実です。

ワンショットでは(ラウンドロビンでも)触れることのできない人間味です。

音源から直接サンプリングし、プリアンプやコンプレッション、サチュレーションなどで自分なりの味付けをすると、キック音の数分の一ではなく、4秒分の音を録音しているので、音から生まれる独特のサウンドクオリティがより一層際立ちます。

909キックの4拍子ループにスネアロールを重ねると、すぐに説得力のあるサウンドになります。

しかし、サウンド面での利点に加え、909に搭載されたステップシーケンスも、その限界と複雑さの両方において、同じように刺激的です。

フラムとシャッフルの間でグルーブするにしても、クローズドとオープンのハイハットをチョーキングするにしても、909のプログラミング機能は、新しいドラムマシンよりも限定的でありながら、より即効性とインスピレーションがあります(Jeff Millsに聞いてみてください・・・25年も経つのに、まだ飽きていないようです)。

レコーディング・プロセス

このことを念頭に置いて、クリーンで純粋なトランジェント(ほとんどの人は、プロセッシングされていない909のキックが巨大なスパイクを持つことを知らない)から、ゴミのような四角いウェーブのかかった909まで、何百ものループをレコーディングしました。

ITBシーケンサーが苦手とする、アナログのピッチモジュレーションによるスネアロール、シャッフルするタムのフラムなど、あらゆることを行うようにしました。

ストレートとシャッフルの両方のリズムを選び、シンプルでドライなものから、アウトボードで大掛かりな処理をした複雑なパターンまで、あらゆるものを録音しました。

制作の様々な段階で使えるような、異なるタイプのループを収録することに重点を置きました。

シンプルなループやパターンは、既存の作品に挿入するのに適していますし、エフェクトをかけたユニークなループは、スタート地点や背景のエネルギーとして最適です。

同様に、個々のドラムループは、より高いレベルの柔軟性とディテールを提供し、ビート全体とトップは、より迅速に作業を開始することができます。つまり、この中には誰もが楽しめる何かがあるはずです。

ハードウェア・エフェクトでより深く

ループを録音すると、ワンショットでサンプリングする場合よりも、タイムベースのハードウェア・エフェクトがより大きな効果を発揮します。

そこで私たちは、ビートを古くてファンキーなスプリングリバーブにかけて圧縮し、次にそれを容赦なくADR Compexコンプレッサー、ゲート、エキスパンダー、総合ミステリーマシンに送りました。

最終的には「When the Levee Breaks」と同じようなシグナルチェーンになりましたが、909のシーケンスを使用しています。

909とジョン・ボーナムに共通するものは何もなかったので、それを変えることにしました。

また、909を巨大なモジュラー、Lexicon PCM42、安価な「90年代ステーション」に通し、Daft PunkやModel 500などのグループが初期の制作で標準としたのと同じ手法を多く用い、909を(オリジナルの)1642 Mackieプリに、クラシックIbanezやLexiconシングルラックエフェクターを通して駆動させることにしました。

最後に…

これらのループは、目的に応じて様々な使い方ができます。

909のドラムを素早く本格的に鳴らすためにメインのドラムサウンドとして利用したり、ロックドラマーの「ルームマイク」のように既存のDAWシーケンスのバックグラウンドにレイヤーすることも簡単にできます。

DAWでシーケンス化された一発録音に対して、オーディオループを重ねたり編集したりすると、ある種のマジックが起こるのは確かです。

特にコンプレッションやFXを使用すると、一発録りだけでは不可能な、音と音の間のダイナミックなエネルギー(アコースティックドラムの打撃の間にあるマイクが拾う空気のようなもの)を作り出すことができるのです。

そのエネルギーを提供するのが、このライブラリの目的です。

システム要件

コンテンツ

  • 生の909ループ500個 @ 120 BPM
  • 15個のミディグルーブファイル
  • ホールビート、個別ドラムループ、トップス&コンボ
  • 24 ビット WAV、REX2、および Apple Loops
  • 合計1.6GB

動作環境

  • 24bit WAVに対応したDAW/サンプラー
  • Apple Loopsを使用するにはLogic 9+が必要です
  • 各フォーマットに570MBの空き容量

配布情報

通常価格:29ドル

セール特価:0ドル

*ダウンロードするにはSamples From Marsのニュースレター購読が必要です。