ブラックフライデーセール 2022【終了日順まとめ】

【無料】ToneLib『TL NoiseReducer』リリース(ノイズ リダクション・プラグイン)

ToneLib(アメリカ)からシンプルなノイズリダクション・プラグイン『TL NoiseReducer』がリリースされました。

ミックスから不要なノイズを簡単に除去することができるプラグイン・エフェクトです。

スポンサーリンク

ToneLib『TL NoiseReducer』

『TL NoiseReducer』は、ミックスの透明度をガードするパワフルでシンプルな2ユニットラックエフェクト・プラグインです。

このプラグインは、2つのユニットで構成されるノイズリダクション・ラック・エフェクトを調節し、ミックスから不要なノイズを簡単に除去することができます。

シンプルで使いやすく設計されたTL NoiseReducerは、あなたが目指すあらゆる特定のタスクに完璧に適応します。

このプラグインのコントロールに余分なものは何もありません。

それでもまだ複雑だとお感じですか?

Reducer Unit Auto-Mode と EasyGate Unit は、このプラグインでのワークフローをさらに簡素化し、エフェクトの感度を調整するためのノブをそれぞれ1つだけ残すだけです。

Studio Noise Gate Rack Effectのイメージをシミュレートしたモジュールです。

操作は非常に簡単で、ギタートラック、ボーカル、または全く異なるものに適用する場合でも、特定のニーズに合わせて調整するための十分な自由度を提供します。

本機はオートモードとマニュアルモードの両方で動作します。

オートモードに切り替えると、エフェクト設定全体がスレッショルドスライダー1つに絞られます。

EasyGateユニットはNoiseGateギターペダルをベースに、主にギターの周波数帯域に反応するように特別に設計されています。

練習の結果、ゲート・エフェクトを設定するには1つのノブだけで十分な場合が多く、この原則はEasyGateユニットにも実装されています。

最もダーティでアグレッシブなミックスのために、本機にはハード・モードが用意されており、標準の動作モードと比較してエフェクトの感度が大幅に向上しています。

周波数スペクトル表示によるビジュアル化|TL NoiseReducer

周波数スペクトル表示機能により、プラグインで作業した際の変化を詳細に追跡することができます。

入力信号と出力信号をリアルタイムに視覚化することで、特定のパラメータを調整した際にどのような変化があったかを正確に追跡することができます。

この機能により、音を扱う作業が可能な限り視覚的になり、特定のパラメータが周波数帯域で何をしているのかが明確になります。

DAW不要

TL NoiseReducerはDAWで使用するためにプラグイン形式で設計されていますが、スタンドアロン版のエフェクトも含まれています。

NoiseReducer Standaloneは、ジャムセッション中にタイトでクリアなサウンドを維持したい方に最適です。

システム要件

  • TL NoiseReducer は、64 ビット VST / VST3 / AU / スタンドアロンで提供されます。
  • Windows と Mac の最新の OS 互換性。
  • Ubuntu 16.04 以降の実験的なネイティブ サポート

配布情報