【無料】Fanan Team『Quentin』ポリリズミック・ハイブリッド・減算シンセ(Windowsのみ)

Fanan Teamは、無料のシンセサイザー・インストゥルメント・プラグイン『Quentin』をリリースしました。

*Windowsのみに対応しています。

スポンサーリンク

『Quentin』

Fanan Team『Quentin』は、3オシレータのシンセサイザーです。

新たにモデリングされた999シードリズムのアルペジエーター、32ステップのトランスゲート、9つのBPM駆動LFOモーターにより、ポリリズム・シーケンスを得意としています。

シンセ

シンセは、3つの独立したハイブリッドオシレーターと2つのモーフィングされたウェーブテーブル(ウェーブテーブル+パッドオス)、キャラクターエンジン、ユニゾンエンジン(スプレッド)、アナログダストエンジン、11種類のフィルター、ウェーブテーブルごとのEQ、モデュレーションエンベロープから成るハイブリッドサブトラクティブシンセサイザーです。

コード・アルペジエーター

内蔵された999のアルペジオをベースに、オンザフライまたはランダムな切り替えが可能なアープです。

演奏されたコードを認識し、押された鍵盤に応じてアルペジオのMIDIノートを拡散する特別な “スーパーパワー “を備えています。

また、オクターブ上や下へのジャンプや、音符を追加する「プライ」機能により、シーケンスの複雑化をサポートします。

トランス・ゲート

トランス・ゲートは、タイム、スムース、ステップ数のコントロールが可能な、ごく標準的なものです。

MLFO (モーターライズドLFO)

MLFOはポリフォニー駆動のLFOによく似ていますが、独自の工夫が施されています。

このように、quentinの9つのLFOによって、シンセのほとんどすべての重要な機能を壁でコントロールすることができます。

MLFOはアドホックでもDAWのb,p,mに同期させても動作します。

特徴

  1. 3つの独立したオシレーター、それぞれ独立したフィルター、EQ、キャラクターエディター、アンプ、モジュレーションエンベロープ、2つのセクションに分かれています:従来のウェーブテーブルとパッド。



  2. コード・アルペジエーター(999 種類のアルペジオ、オクターブ・レンジ、タイミング・コントロール、プライ・ジェネレーター)。



  3. Trancegate



  4. 9つの LFO を含むモーター駆動 LFO



  5. 各オシレーターを個別にコントロールできる6つの内蔵エフェクト



  6. ポルタメント機能を含むモノラル・モード



  7. リサイズ可能なGUI

システム要件

  • Windowsのみに対応。


  • プラグインフォーマット:VST / VST3

*セール情報