Arturia『MiniFreak V』超クールな6ボイス・ポリフォニック・ハイブリッド・ソフトシンセ

Arturiaから新しいシンセ・プラグイン『MiniFreak V』がリリースされました。

ざっと見動画(50秒):

2023年1月20日:

リリースイントロセールで半額になっています。

通常価格:199ドルセール特価:99ドル(50%OFF)

*セールは日本時間の2/3(金)19時頃までの予定です。

スポンサーリンク

 Arturia『MiniFreak V』

サウンドデモ動画(7:11):

「MiniFreak V」は、デジタル・ボイスとモデリングされたアナログ・フィルター、自発的なモジュレーション、プレイ・シーケンスを融合した実験的なバーチャル・インストゥルメントです。

同社のハードウェア・シンセサイザー「MniFreak」のプラグイン版です。

ハードウェア・シンセサイザー「MniFreak」のデモ動画(23分):

デモ動画

紹介動画(4:52・自動翻訳の日本語字幕可能):

ファクトリープリセットサウンドのデモ動画(38:53):

開発元のArturia社によるチュートリアル動画(21:53・自動翻訳の日本語字幕可能):

解説動画(13分・自動翻訳の日本語字幕可能):

『MiniFreak V』について

双子のアルゴリズム・ソフトシンセ

MiniFreak Vは、デジタル・ボイスとモデリングされたアナログ・フィルター、自発的なモジュレーション、プレイ・シーケンスを融合した実験的なバーチャル・インストゥルメントです。

聞きなれたものと未知のもの、秩序と混沌、美と獣の間の限りないスイートスポットを解き放ちます。

このMiniFreak Vで、ワイルドなサウンドを自由に創造してください。

アクセスしやすいソフトシンセで、素早く結果を出すことができます

MiniFreak Vのシンプルなコントロールレイアウトにより、サウンドエンジン、フィルター、モジュレーション、エクスプレッションを簡単にコントロールすることができます。

さらに深く掘り下げる必要がある場合は、高度なコントロールが用意されていますが、今は座ってリラックスして、この興奮を楽しんでください。

ハイブリッド・シンセサイザーのフルパワーをDAWで直接実現

ハードウェアとソフトウェアの間のギャップを埋めることは、両方の世界のベストを得るということだけではありません。

DAWで複数のインスタンスを起動し、パラメータを自動化することで、ハードウェアの限界を超え、オーディオにこだわることなく、’Freakのサウンドを自由に操ることができます。

ハードウェア・インストゥルメントの触感、デジタル・エンジンとアナログ・フィルターの豊かなハイブリッド・レスポンス、ポリフォニック・パフォーマンス・キーボードの表現力を備えたソフトシンセを楽しんでください。

MiniFreak V は、あらゆる部分で進化しています。そして、あなたのサウンドも更に進化させることができます。

フリーク・オブ・オール・トレーズ

ハイブリッドなバーチャル・インストゥルメントが持つ、狂気の内部構造を体験してください。

スカルラットなFMベース、きらめくシネマティックブラスパッド、ビットクラッシュホワイトノイズメカニズム、キャベナス・ウェーブテーブルリードなど。

MiniFreakは、デジタルエンジン、アナログフィルター、ステレオFX、ディープモジュレーション、表現力豊かなシーケンシングをモデリングしたものだけではありません。

あなたが求めていたサウンド、そして今まで聞いたことのないサウンドがここにあります。

実験的な精神、未知のサウンドキャラクター、未知のサウンドデザインの深さを持つワイルドなハイブリッドポリシンセをあなたのDAWに取り込み、あえて違うサウンドを作りましょう。

デュアル・サウンド・エンジン

MiniFreakの全モードを含む2つのサウンドジェネレーターを用意し、自由に組み合わせることができます。

1つのエンジンをスタック、ブレンド、加工して、非常にワイルドな結果を得ることができます。

アナログ・レスポンス

ArturiaはMiniFreakのポリフォニック・マルチモード・フィルターを非常に詳細にモデリングし、デジタルとアナログの融合をDAWで実現します。

クランチ、ウォームネス、スクリームを再現できます。

シームレスで表現力豊かなワークフローを実現

MiniFreakは演奏されるために設計された楽器です。そのソフトウェア版もそれにふさわしいものであるべきです。

DAWでシーケンスを組んで表現を自動化することで、シームレスで表現力豊かなワークフローを実現します。

驚異的なモジュレーション

MiniFreak Vのアドバンスドパネルを開くと、同じようなモジュレーションマトリックスが表示され、パラメーター間の接続を変更することができます。

MiniFreak Vのサウンドのあらゆる側面を利用し、自分だけのサウンドを作り上げることができます。

シークエンサー&アルペジエーターの統合

直感的でパワフル、そして時に予測不可能なこの機能により、シーケンスとアルペジオの境界線が曖昧になり、遊び心のあるメロディー、パターン、リズムのアイデアがあなたの指先の中に生まれます。

完成度の高いステレオ

MiniFreak Vは、ハードウェアと同様に3つのFXスロットに10種類のFXを搭載しており、フルステレオでリッチ、繊細、爆発的なFXを自由に組み合わせてサウンドを彩ることができます。

主な機能

  • MiniFreakと同じ6ボイス・ポリフォニック・ハイブリッド・ソフトシンセ。



  • DAW(Live、FL Studio、Logic Proなど)またはスタンドアロンで演奏可能なバーチャル・インストゥルメント。



  • MiniFreakハードウェアと同期し、シームレスなコントロールが可能。



  • 2つのサウンドエンジン、合計22のオシレーターモード



  • エンベロープ(各ボイス)×1



  • サイクリングエンベロープ(各ボイス)×1



  • 2 LFO(各ボイス)



  • ポリフォニックアナログフィルターとVCAのモデル化



  • 3つのデジタルFXスロット(インサートまたはセンドモード)、10種類のFXから選択可能



  • ユーザーによるカスタマイズ可能なLFOカーブ



  • 7つのソースと数十の潜在的な目的地を持つMod Matrix



  • 64ステップ・シーケンサー



  • 4つのレーンに割り当て可能な自動モデュレーション・シーケンス



  • フレキシブルなアルペジエーター



  • ラチェット、オクターブランダムライズなどのパフォーマンスアルペジエーターコントロール



  • 256のファクトリープリセットを搭載

ハードウェアの「MiniFreak」 と プラグインの「MiniFreak V」 は似ているだけではありません

ハードウェアの「MiniFreak」 と プラグインの「MiniFreak V」は、ただ似ているだけではありません。

その関係はより深いものです。

MiniFreak Vは、あなたのスタイル、プロジェクトに関わらず、両者の長所を提供します。ハードウェアの触感、ソフトウェアの柔軟性、両方のバランスをお楽しみください。

プリセットの統一性

MiniFreakで編集したプリセットをMiniFreak Vで使用することも、その逆も可能です。

DAWとハードウェアのセットアップで同じサウンドを使用し、シームレスなサウンドデザインワークフローを実現します。

ハードウェアと同期

MiniFreakのキーボードとコントロールを使用して、VSTコンパニオンと完全に同期して微調整や再生を行うことができます。

専用コントローラー

MiniFreak Vを他のバーチャル・インストゥルメントと一緒に使用する場合は、MiniFreakハードウェアを専用コントローラーとして使用し、そのクリエイティブなシーケンスと表現力でお気に入りのインストゥルメントを自由にコントロールすることができます。

システム要件

Mac

  • macOS 10.13 以降 (64 ビットのみ) (M1 Mac 対応)
  • 4GBのRAM
  • 4 コア CPU、3.4 GHz (4.0 GHz ターボブースト) または M1 CPU
  • 3 GB の空きハードディスク容量
  • OpenGL 2.0対応GPU
  • スタンドアロン、VST、AAX、オーディオ ユニット、NKS (64 ビット DAW のみ) で動作します。

Windows

  • Win 10+  (64 ビットのみ)
  • 4GBのRAM
  • 4 コア CPU、3.4 GHz (4.0 GHz ターボブースト)
  • 3 GB の空きハードディスク容量
  • OpenGL 2.0対応GPU
  • スタンドアロン、VST、AAX、オーディオ ユニット、NKS (64 ビット DAW のみ) で動作します。

保護

*セール情報

通常価格:199ドル

セール特価:99ドル(50%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。