*3/1(金)夕方までに終了する主要セールが多くなっています。
記事内に広告が含まれる場合があります

雑誌『Beat Magazine 3月号(5€)』に「IK: Memory V」が付属(Memorymoogをベースにしたシンセ音源)

ドイツの音楽制作関連オンライン・マガジン『Beat Magazine 2023年3月号』(4.99ユーロ)に、IKのシンセ音源「Memory V」(通常価格:49.99ユーロ)が付属しています。

*記事中の表示される場合がある「セール終了予定日」は目安です(海外サイトは終了日がかなりアバウトで予定より早く切り上げたり、また延長したりする場合があります)。

広告

『Beat Magazine』ドイツの音楽製作情報誌

Beat Magazineはドイツの音楽製作情報誌です。特にハウスやテクノ、EDMなどのクラブ系の情報が多め。

このBeat Magazineは、元々ドイツ語のみの雑誌(電子版&紙版)でしたが、最近は、英語版もリリースされるようになりました。

Beat Magazine 4月号について

Beat 04/22号:パーフェクトアコースティック – これでミックスがもっと良くなる

正しいモニタリングで、完璧なミックスを。31モニターレビュー in BEAT 03/23

アクティブスピーカーの特集をこれほど充実させたことはありません。

ほぼすべてのアクティブボックスを検証し、長所、短所、適性を紹介しています。

ここ数ヶ月、多くのメーカーが新しいコンセプト、技術革新、素晴らしいサウンドで私たちを驚かせてくれました。

そこで今回は、その中でも特に優れたものをピックアップし、あなたとあなたのスタジオに最適なモニターを見つけ、あなたのサウンドを次のレベルへと引き上げることができるようにします。

無料で「Syntronik Memory V」と「18のMemorymoog オシレーター」を進呈(49ユーロ相当)

1982年、多くのシンセ・ファンにとって真の夢が実現しました。

伝説的なMoogサウンドを持つ6ボイス・アナログ・シンセです。

Syntronik Memory-Vは、Memorymoogの象徴的なサウンドをあなたのDAWにもたらします。

特にMemorymoogの18のオシレーターを同時に鳴らすと、テクノ、ハウス、トランスなどの最高のサウンドが得られます。

ハンズオン:Xfer SerumをDigitaktに取り込む

Digitaktをシンセサイザーとして使用することができるのは、ファクトリープリセットの波形から既に周知の事実です。

このサンプラーは、Waldorf BlofeldやXfer Serumのようなライトバージョンに変化することができます。

では、この箱を起動して、最小限のサウンドであなたのトラックに最大のエンターテイメントをもたらす方法をお見せしましょう。

テスト Korg Drumlogue – サンプルのインポートが可能なドラム・シンセ

Minilogue XDやPrologueと同様に、コルグはアナログ・サウンド・プロダクションと、様々なアルゴリズムを適用できるデジタル・マルチ・エンジンを組み合わせています。

4つのアナログ・パートとマルチ・エンジンに加えて、さらに6つのトラックがあり、そこにサンプルをロードすることができます。

このドラムマシンが実際にどのようなパフォーマンスを発揮するかは、我々のテストでお確かめください。

ZamplerとMPCのための54のレトロサウンドとM400のリードライン

このZamplerライブラリは、あなただけのMellotronオーケストラであり、典型的なM400ストリングスとクワイアだけでなく、ブラス、ギター、ピアノ、ベースを含む完全なセットアップが含まれています。

ハウス・スタイルで洗練された、愛情を込めて作られたこの音源は、お好みのサンプラーですぐに演奏することができます。

毎日のスタジオワークに役立つテクニックと知識

BEATでは、84ページにわたってハードウェアとソフトウェアのレビュー、インタビュー&スタジオレポート、Cubase、Logic、Live、FL Studio、Reason、MPC、Bitwig、Studio Oneのワークショップ、そしてDJプレイやライブのためのトリックをお届けしています。

さらに、16GBのソフトウェア、サウンド、サンプルも収録されています。

Beat Magazine March 2023

今回の3月号には、以下の有料製品が付属します。

IK Multimedia『Memory V』49.99ユーロ

は、IK Multimediaのシンセ「Syntronik」専用の音源ですが、Syntronikには無料版も用意されているので、それを使えばOKです。

デモ動画(12分):

栄光のメモリー

Memory-Vは、18オシレーターのモンスターアナログポリシンセ、伝説のMemorymoogをベースにしています。

1981年から1985年まで製造され、しばしば1台で6つのMinimoogと形容されました。その音色は印象的で、ストリングス、ブラス、パッド、フルート、パーカッシブなサウンドなど、実に様々なサウンドを作り出すことができます。

Syntronik Memory-V

Memorymoogは、アナログ・ポリフォニック・シンセサイザーの中で最も太い音を出すシンセサイザーという評判を得ており、それは正しいのですが、同時に信頼性に欠け、破損しやすいという評判も得ています。

中古で5桁の値段がつくこともあり、ミュージシャンにとって所有することは夢のまた夢ですが、シンセ愛好家にとってメンテナンスの高さは悩みの種でもあります。

私たちは、この宝石のようなアナログ・ソウルを完全に不滅のものとし、誰もがその紛れもないサウンド・パワーを利用できるようにしたいと思いました。

私たちは、この伝説のシンセサイザーに再び命を吹き込むため、原音に近い状態の個体を入手し、シングルオシレーター、複数のオシレーターの革新的な組み合わせ、ユニゾンスタック、パルス幅変調、同期オシレーター、いくつかのクラシックなフルパッチなどを録音しました。

Memory V

ジャン・ミッシェル・ジャール、808 State、The Orb、Jan Hammer、Bon Jovi、INXS、伝説のキーボーディストRick Wakeman、ジョージ・デューク、トム・コスターなど、数多くのアーティストによって使用されてきた希少かつ高価なシンセサイザーです。

コンテンツの内容

  • 5GBのコンテンツ
  • 6,000以上のサンプル
  • 148種類のインストゥルメント・プリセット
  • 4つのマルチ
  • Syntronik 1.2以上またはSampleTank 3.7.2以上が必要。

メーカーページリンク

セール情報

セール特価: 4.99ドル