記事内に広告が含まれる場合があります

【無料】audiolatry『Mel-Lofi v2』ローファイ・バーチャル・インストゥルメント・プラグイン

ローファイ・バーチャル・インストゥルメント・プラグイン『Mel-Lofi』がバージョン2.0にメジャー・アップデートされました。V1と同様無料で提供されています。

*記事中の表示される場合がある「セール終了予定日」は目安です(海外サイトは終了日がかなりアバウトで予定より早く切り上げたり、また延長したりする場合があります)。

広告

audiolatry『Mel-Lofi v2』ローファイ・バーチャル・インストゥルメント・プラグイン

ざっと見動画(2:32):

ローファイ・バーチャル・インストゥルメント・プラグイン『Mel-Lofi』がバージョン2.0にメジャー・アップデートされました。

このバージョン2.0では、完全に新しいGUI、新しいエフェクト、ベロシティノブ、そしてスクラッチでデザインされた追加プリセット(Octave Strings)が搭載されています。

audiolatry『Mel-Lofi v2』について

audiolatry『Mel-Lofi v2』は、WindowsとmacOSのデジタルオーディオワークステーション用の無料の仮想楽器プラグイン(ROMpler)です。

このバーチャルインストゥルメントは、Taijiguyによって録音されたMellotronのマルチサンプル(+1つの「発明」プリセット)をベースにしており、5つの主要な楽器カテゴリーに分散した合計24のプリセットを提供します。

すべてのサンプルは若干の編集が施され、最も重要なことは、最高の演奏性を実現するためにループ化されていることです。しかし、それでもサウンドはラフでローファイなままであり、オリジナルの楽器の感触とサウンドを維持したかったのです。

さらに、ビニール、ラジオノイズ、メカニカルベルトノイズ、雨の4つのオリジナルエフェクトレイヤーを追加しました。それぞれオン/オフボタンとボリュームスライダーを備え、キーボードの音符に対応したラベルも付けています。

グローバルボリュームとパン、ベロシティノブ、アタック/ディケイエンベロープ、カットオフフィルター、モジュレーションセクション、ディレイ、コーラス、キャビネット付きディストーション、リバーブなどのエフェクトを備えた、使いやすく分かりやすいインターフェースです。

Mel-Lofiは、Lo-Fiヒップホップ、アンビエント、チルアウト、ポップ、EDM、その他同様のスタイルで使用することができます。64ビットのVST/VST3 WindowsとVST/VST3/AU macOSで使用可能です。

特徴

  • 解凍サイズ816MB/ダウンロードサイズ695MB



  • 24種類のマルチサンプリングプリセット



  • 4つの追加Fxレイヤー



  • アタック/リリースエンベロープ



  • ローパス/ハイパスフィルタのカットオフ



  • モジュレーションセクション



  • ディレイ、コーラス、ディストーション、キャビネット&リバーブ



  • ベロシティノブ



  • グローバルゲイン&パン

システム要件

Windows
  • Windows 8.1 〜 11
  • 64 ビット
  • 2 GB の RAM
  • 813 MB のハードディスク容量
  • VST2 または VST3
Mac
  • El Capitan ~ Monterey
  • 64 ビット
  • 2 GB の RAM
  • 816 MB のハードディスク容量
  • VST2、VST3 または AU 64 ビット ホスト

重要:Mel-Lofi 1.0で作成したプロジェクトをお持ちの方は、アップグレード前にプリセット名をメモしておいてください。しかし、もし望むなら、あなたのコンピュータに両方のバージョンをインストールすることができます。

*配布情報