記事内に広告が含まれる場合があります

Baby Audio『BA-1』カルト的な80年代のYAMAHA製アナログシンセCS01を現代的に進化させたプラグイン

Baby Audio『BA-1』は、80年代のYAMAHA製アナログシンセサイザー「CS01」を現代的に再構築したシンセサイザー・プラグインです。

エミュレーションを超えた進化と、ピュアでオーセンティックなテクスチャーを備えた人気のシンセです。

2024年3月14日:半額が来ています!

通常価格:99ドル

セール特価:49ドル(50%OFF)

*セール終了予定日:

  • 日本時間:4/1(月)16〜18時頃までの予定です。
  • 英国時間:4/1(月)7〜9時頃までの予定です。

広告

Baby Audio『BA-1』

ざっと見動画(42秒):

Baby Audio『BA-1』は、 カルト的な80年代のYAMAHA製アナログシンセサイザーを進化させたバーチャルインストゥルメント・プラグインです。

エミュレーションを超えた進化と、ピュアでオーセンティックなテクスチャーを備えています。

デモ動画

プリセットサウンドのデモ動画(19:40):

紹介&チュートリアル動画(14分・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ&解説動画(8:20・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ&解説動画(12:16・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(7:12・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(7:36・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(13:14・自動翻訳の日本語字幕可能):

『BA-1』について

魂のこもったシンセサイザー『BA-1』

「BA-1」は、1982年に発売され、おもちゃのような見た目と獣のようなサウンドで人気を博したアナログ・シンセ:YAMAHA「CS01」を、Baby Audioが現代的に再構築したプラグイン・インストゥルメントです。

YAMAHA「CS01」の実機デモ:

ピュアでオーセンティックなテクスチャーを、素早くプログラムでき、色彩豊かなサウンドをお届けします。

レガシー

BA-1は、おもちゃのような外観と硬質なサウンドを持つ1980年代の携帯用シンセサイザーをベースにしています。

その小さなサイズにもかかわらず、音楽史に大きな足跡を残しています。

オリジナルの楽器は、過去20年間、スウェーデンで最も成功したポップ・プロデューサーたちによって、泡のようなシンセテクスチャーの秘密兵器として使用されてきました。

また、1990年代のデジタル・ダンスホールの定番であり、その生々しいローファイ・クオリティでインディートロニカ・シーンにも愛されていました。

オリジナルの「CS01」は、これまでソフトウェアの形で正しく捉えられたことがありませんでした。

そこで、Baby Audio初のシンセサイザーは、そこからスタートしました。

サウンド

Baby Audioのモットーである「エミュレーションではなく、進化である」に従い、ハードウェアを可能な限り正確にモデリングし、新しい便利な機能で慎重にアップグレードしました。

2つ目のアナログモデリングオシレーター、FM、ポリフォニーなど、オリジナルのサウンドパレットを大きく拡張するのに役立っています。

BA-1の特徴的なサウンドはそのままに、サウンドの幅が広がりました。

さらに、BA-1では、電池の消耗、回路の変更、内蔵スピーカーの使用が可能で、通常ハードウェアでしか得られない本物のローファイ美学を実現します。

エフェクター

Baby Audioのファンの方は、エフェクトが彼らの得意分野であることをご存じでしょう。

そのため、BA-1には独自のプラグインに値するFXセクションが搭載されています。

エフェクト・チェーンは1980年代の格安ラック・ハードウェアにインスパイアされ、当時のホーム・スタジオ・シーンにあったローファイな魅力を表現しています。

オーバードライブはギターペダルをモデルにし、ディレイ、リバーブ、コーラスは、安価ながら素晴らしいデジタルラックユニットをベースにしています。

BA-1では、エフェクトは後付けではなく、サウンドシグネチャーの一部として根付いているのです。

エフェクトは後付けではなく、サウンドの特徴の一部として組み込まれています。

シンプリシティ

BA-1はシンプルですが、驚くほど微調整が可能です。

Baby Audioは、すべてのパラメーターを完璧なスイートスポットになるようにチューニングすることに力を注いでいます。

その結果、いじるのが楽しくなり、新しいパッチを繰り返し作ることができる、やりがいのあるプログラミング・ワークフローになりました。

また、シンプルなインターフェースで十分なスピードが得られない場合は、スマートな「Re-Gen」機能を使うことができます。

Re-Genをクリックすると、BA-1はクリックするたびに自動的に新しい、音楽的に調整されたパッチを作成します。

特徴

4つのカラーオプション

長時間スタジオで過ごした後は、新しいものを見るのもいいものです。

BA-1では、グレー、ブルー、パープル、オレンジのカラーモードを切り替えることができ、常に新鮮な状態を保つことができます。

色のついた四角をクリックすると、オプションが表示されます。

500以上の高品質プリセット

BA-1には、500以上の入念に作られたプリセットという形で、新しい音楽のインスピレーションが大量に含まれています。

これには、Baby Audioのお気に入りのサウンドデザイナーによって作成された4つのジャンル別拡張パックが含まれています。

シンセウェーブ、モダンポップ、ローファイヒップホップ、80年代/90年代のノスタルジーなど、Baby Audioがあなたの好みをカバーします。

オシレーター・セクション

サウンド・ジェネレーターは、BA-1の心臓部であり、魂です。

オリジナルのハードウェアが愛した生々しいグリットやドリフトを提供するために、細心の注意を払ってモデリングされています。

特に三角波とPWM波形は絶品です。

80年代のダブサウンド

BA-1では、オリジナルと比較して2つ目のオシレーターが追加され、より柔軟なサウンドデザインのオプションが用意されています。

FM

FMは、クラシックなアナログ減算方式のアーキテクチャに複雑さと深みを加え、より多くのサウンドデザインの選択肢を提供します。

FM – オシレーターをオシレーター1より1オクターブ上または下に設定することで、プラスチッキーな80年代のテクスチャーを追加することができます。

フィルター・セクション

アナログ・モデルで、きれいに丸みを帯びた24dBのローパス・フィルターです。レゾナンスは硬質で、95-100%の範囲でプッシュすると自己発振を始めます。

エンベロープ・セクション

エンベロープは、オリジナルのハードウェアと同じように、風変わりなサイドエフェクトでサウンドを形作ることができます。

さらに、Baby Audioは、DAWのBPMにアタックタイムをホストシンクさせるオプションを追加しました。

これにより、音楽と完全に同期して立ち上がるスイープサウンドを実現します。

設定

モノラルとポリのモードを切り替えます(オリジナルのハードウェアはモノラルのみ)。

Velocity Sensitivityのオン/オフを切り替えます。Midi Settingsを開く。またはBA-1を初期状態にリセットします。

LFOセクション

シンプルなLFOで、オリジナルと同じように簡単に利用でき、混乱しにくいです。

Baby Audioは、よりモダンなアプリケーションのために、LFOをホストBPMに同期させる可能性を追加しました。

さらに、LFOセクションには、BA-1の多くのイースターエッグの1つが隠されています: Target “ラベルをクリックすると見つかります。

サイドチェーン

シンセは「ミックスと一緒に動く」ことで、より良いサウンドを生み出します。サイドチェイン機能はそのためのものです。

外部 “または “内部 “モードで動作します。

デフォルトでは、Sidechainは「Internal」に設定されており、ホストテンポに同期した自動4/4ダッキングパターンを作成します。

これは好みに応じて設定することができます。

「Routing」ラベルをクリックすると、「External」モードに切り替わり、サイドチェイン入力があるときにBA-1をダッキングします。

ルーティング・スイッチをクリックすると、サイドチェインがFXセクションの前または後に配置されます。

Tone + Drive

BA-1のFXセクションは、レトロカラーのプラグインを作るにふさわしいものです。

1980年代の安価なラックエフェクトやギターペダルにインスパイアされています。

「Tone」は2つのシェルビングフィルターで、BA-1のキャラクターを簡単にダークにもブライトにもすることができます。

「Drive」は、硬質なアナログ・モデルのディストーションを加え、2つのモードがあります。

「Circuit」は、オリジナルのハードウェアを曲げた回路による効果をモデル化し、「OD」は、80年代のオーバードライブペダルをモデル化しています。

ディレイ+リバーブ+コーラス

グラニュラーのデジタルディレイ、リバーブ、コーラスのコンボは1980年代のTHEサウンドです。

Baby Audioは、この壮大なFXコンボをBA-1で再現しています。

当時の格安ラックハードウェアをモデルにしています。

3つのエフェクトを同時に使用すれば、退屈なサウンドのパッチをプログラミングするのは難しくなるでしょう。

Battery

オリジナルのシンセは、電池で駆動することができました。

しかし、電池が長持ちすることはなく、電力が低下するにつれて奇妙な音のアーティファクトが発生するようになりました。

Baby Audioはこの挙動をモデリングし、より良い効果を得るために少し誇張しました。

電池を消耗すると、ピッチの変動、ノイズ、ディストーションが発生し、さらに下降します。

スピーカー

ミックスが生き生きとするためには、「動く空気」が必要な場合があります。オリジナルのハードウェアのスピーカーは決して高品質ではありませんでしたが、風変わりで心地よいローファイな雰囲気を持っていました。

Baby Audioは、その荒々しい栄光をモデリングしました。

BA-1を使用する際、スピーカーボタンをクリックすると、ライン出力からスピーカー出力に切り替えることができます。

Re-Gen

クリックするたびに新しいユニークなパッチを作成します。

通常のランダマイザーとは異なり、Re-Genはスマートなアルゴリズムを搭載しており、使いやすく音楽的なプリセットを即座に作成するよう調整されています。

インスピレーションに困ったときは、Re-Genをクリックして、新しい方向へ導いてもらいましょう。

リサイズ

BA-1のプラグイン・ウインドウは、フルサイズに変更することができます。

TL;DR

  • 1982年に発売されたモノシンセCS01のエミュレーションです。



  • 丁寧なアップグレードと新機能により、オリジナルのサウンドパレットが大幅に拡張されました。



  • 1980年代の格安ハードウェアにインスパイアされたカラフルなFXセクションを搭載。



  • 楽しくて簡単なプログラムでありながら、驚くほど多彩な機能を備えています。



  • 500以上の高品質なプリセットと、新しいパッチを即座に生成するRe-Gen機能を搭載。



  • 本格的なローファイ寄りのシンセの質感を備えたプラグインです。

ファクトリープリセット

BA-1には、業界最高のサウンドデザイナーによって作られた特別なコレクションを含む500以上のプリセットが搭載されています。

V1.5で新しいエフェクトプラグインが付属

まったく新しい BA-1 FX ストリップを使用すると、DAW 内の任意のトラックにざらざらした80年代のエフェクトを追加できます。

BA-1 V1.5 の新機能

BA-1:v1.5 は、BA-1 のすべての所有者に無料のアップデートです。

注文メール内のリンクをクリックしてダウンロードしてください。

✱ 新しいエフェクトプラグイン – BA-1 FX ストリップ

BA-1 は単なるアナログモデルのシンセサイザーではありません。

また、1980 年代の低価格ラックエフェクトをベースに、細心の注意を払ってモデリングされた FX セクションも提供します。

ユーザーは初期の頃から BA-1 のエフェクト チェーンのスタンドアロン エディションを求めてきましたが、ついにそれが実現しました。

FX ストリップを使用して、BA-1 の仮想回路を通じてオーディオを実行し、80 年代風味のドライブ、フィルター、ディレイ、リバーブ、コーラス、さらには BA-1 のスピーカー シミュレーターを追加します。

アルペジエーター

アルペジエーターは 80 年代のシンセ サウンドに不可欠な要素でした。

BA-1 v1.5 では、3 つのモード (アップ、ダウン、アップ/ダウン) と 3 オクターブ範囲を備えた実践的なハードウェア スタイルのアルペジエーターを追加しました。

ARP を使用すると、ホストのテンポとの同期を解除して、より本格的な (つまり、わずかにタイムアウトした) エフェクトを実現できます。

柔軟なコーラスパラメータ

オリジナルの BA-1 は、Junos やその他の 80 年代のクラシックなシンセを彷彿とさせる、シンプルなオン/オフのコーラス エフェクトを提供していました。

コーラスを 0% から 100% の間で設定できるようになり、クリエイティブな柔軟性がさらに高まりました。

イースターエッグ

BA-1 のセグメント間の色付きのドットをクリックすると、いくつかの新しい追加シンセ パラメータが表示されます。

LFO フェードは、 設定された周波数まで徐々に (または突然) フェードアップするランプ時間をモジュレーション波形に追加して、より予測不可能な LFO エフェクトを実現します。

Chaos は、 不協和音や予測不可能なピッチ グライドに対して、リバーブとコーラスのアルゴリズムに非線形の動作を導入します。

✱ プリセットブラウザの改善

BA-1 のプリセット マネージャーは、v1.5 でワークフローが大幅に改善されました。

プリセットを名前で検索したり、パックでフィルターしたり、色分けされたタグでパッチをマークして覚えておくことができます。

パックを簡単にインポートしたり、独自のパックを作成したり、利用可能な BA-1 Expansion を参照してシンセにサウンドを追加したりすることができます。

新しい UI テーマ

新しい黒と赤の UI テーマを使用して、BA-1 を新たな視点からご覧ください。

システム要件

macOS

  • macOS 10.7以降 (Catalina & Big Surを含む)
  • プラグインの形式:VST、VST3、AU、AAX
  • DAWのサポート:Ableton Live、Pro Tools、Logic Pro、FL Studio、Cubase、Nuendo、Reaper、Reasonなど。
  • 互換性:64ビットのみ互換。Apple Siliconと互換性があります。

Windows

  • Windows 7以降
  • プラグイン形式:VST、VST3、AAX
  • DAWのサポート:Ableton Live、Pro Tools、Logic Pro、FL Studio、Cubase、Nuendo、Reaper、Reasonなど。
  • 互換性:64ビットと32ビットの互換性

*このソフトウェアを承認するには、インターネット接続が必要です。

*セール情報

通常価格:99ドル

セール特価:49ドル(50%OFF)

*購入地点の設定により価格が若干変化します(詳細記事)。

*上記の製品を購入時にセール元のPlugin Boutiqueで次の買い物から使用できるポイント「Virtual Cash」約1.91英国ポンド分が進呈されます。

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2023年4月:99ドル→49ドル(リリースイントロセール)
  • 2023年6月:99ドル→49ドル