記事内に広告が含まれる場合があります

6/1夕方まで【29ドル!!】Cherry Audio『Miniverse』伝説のシンセMinimoog Model Dを忠実に再現したバーチャル・アナログ・エミュレーション・シンセ(お得なセール!)

Cherry Audio『Miniverse』は、伝説のシンセ「Minimoog Model D」を忠実に再現したバーチャル・アナログ・エミュレーション・シンセです。

実機は非常に高価で入手は困難ですが、このソフトウェアは安価&高品質で人気の製品です。

Arturiaなど、他のMinimoogエミュレーションと比べてもかなり安いです。

2023年5月5日:

51%OFFになっています。

通常価格:59ドル

セール特価:29ドル(51%OFF)

*セールは日本時間の6/1(木)18時頃までの予定です。

*記事中の表示される場合がある「セール終了予定日」は目安です(海外サイトは終了日がかなりアバウトで予定より早く切り上げたり、また延長したりする場合があります)。

広告

Cherry Audio『Miniverse』

ざっと見動画(59秒):

Cherry Audio『Miniverse』は、ヴィンテージのオリジナル「Minimoog Model D」や、最近の復刻版シンセサイザーと比較しても想像を絶する低価格で販売されている人気のシンセ・プラグイン&スタンドアローン・ソフトウェアです。

安くても品質は良いものです。

デモ動画

ざっと見動画(40秒):

プリセットサウンドのデモ動画 1(13:46):

プリセットサウンドのデモ動画 2(21分):

サウンドデモ動画(14:19):

解説動画(13分・自動翻訳の日本語字幕可能):

Cherry Audio『Miniverse』と 「Minimoog Moog」の比較動画(8:52):

『Miniverse』について

シンセサイザーのビッグバン『Miniverse』

「Miniverse」は、おそらく最も有名で愛されているアナログシンセサイザー(Minimoog)を丹念に仮想エミュレートしたシンセ・プラグイン&スタンドアローン・ソフトウェアです。

その内部は全く同じではありませんが、50年経った今でも、その太く、ジューシーで「ファット」なアナログサウンドを共有しています。

また、Kraftwerk、Herbie Hancock、Rick Wakeman、Pink Floyd、Parliament、Gary Numanなど、数えきれないほどのアーティストのサウンドを定義しています。

この「Miniverse」は、オリジナル楽器への究極のトリビュートとして考案されました。

チェリーオーディオは、絶対的な信頼性という一つの原則に焦点を当てました。

DSPマスターであり、頻繁にコラボレーションを行うマーク・バートン(MRB)と共に、Cherry Audioはオーディオのすべてのニュアンス、すべてのカーブ、すべてのレスポンスを研究、測定しました。

Miniverseのインターフェースも、メープルのキャビネットや質感のある表面、紛れもないノブやスイッチに至るまで、細部まで再現されているのです。

Cherry Audioは、LFOやエフェクトを追加するなど、精神や雰囲気を損なうような余分な機能を追加する誘惑を避けました。

その代わりに、Miniverseはクラシックなオリジナルの純粋で生々しい、パワフルなサウンドと感触を表現しています。

サウンドのすべて

モンスター級のリード、ファンキーなベースライン、温かみのあるアトモスフェリックパッドなど、Miniverseはあらゆるニーズに応えます。

実際、Cherry Audioがある特定の機能拡張を追加しないわけにはいかないほど、出来上がったトーンは強大なものでした。

1つのクラシックなシンセボイスでは物足りない場合、Cherry Audioは2、4、8、16のポリフォニックボイスを簡単に追加できるようにし、ハウスを盛り上げることを保証しました。

もっと簡単に優れたサウンドが必要ですか?

Miniverseには、プロのサウンドデザイナーが作成した250以上のプリセットライブラリが搭載されています。

ブラス、キー、パーカッション、サウンドエフェクト、MIDIポリフォニック・エクスプレッション(MPE)プリセット、そしてもちろん、特徴的なアースシェイク・ベースとリードも、クリックするだけで手に入ります。

プリセットMIDIマッピング

プリセットといえば、Cherry AudioがMiniverseに追加した重要な機能、カスタムMIDIコントローラーマッピングを個々のプリセットまたはグローバル(または両方!)に保存する機能です。

特徴

  • 三角形、のこぎり波、三角波、ランプのこぎり波、正方形、広い長方形、狭い長方形の波形を持つ 3 つのオシレーター



  • クラシックな4極、24dB/オクターブのラダーフィルター




  • フィードバックとサイドチェイン、オリジナル楽器の外部入力機能を超精密に再現したオーバードライブ特性




  • プロサウンドデザイナーによる200以上のファクトリープリセットパッチでフルプログラミングが可能。




  • モノフォニックおよびポリフォニックモード:1、2、4、8、16ボイス




  • オシレーターミキサーとVCAオーバードライブの特性を超高精度にモデリング




  • MPE(MIDI Polyphonic Expression)対応で、MPE対応コントローラーを使った表現力豊かな演奏が可能




  • 使いやすいMIDIラーニングで、すべてのコントロールの完全なMIDIコントロールとDAWオートメーションを実現




  • プリセットおよびグローバルレベルのMIDIマッピング




  • Cherry Audioで定評のある「フォーカス」のズームイン機能




  • 高度に最適化されたコーディングにより、超低CPU負荷で最適なパフォーマンスを発揮します。




  • ユーザー調整可能なオーバーサンプリングコントロール

システム要件

Mac

  • 10.13 以降。 

  • macOS 13 Ventura に対応。 

  • 64 ビットが必要です。 

  • Apple M1 Ultra を含むネイティブ Apple M1 プロセッサのサポート。 

  • 8 GB の RAM を搭載した 3.4 GHz クアッドコアまたは M1 CPU を推奨。 

  • AU、VST、VST3、AAX、スタンドアロン形式で利用可能 

Windows 

  • Windows 7 以降 (Windows 11 を含む)、64 ビットが必要です。 

  • 8 GB の RAM を搭載したクアッドコア コンピューターを推奨。 

  • VST、VST3、AAX、スタンドアロン形式で利用可能 

レビュー記事リンク

MusicRadarによるレビュー記事リンク

クラシックの再現として、Minimoogの再現に一切の妥協を許さず、センセーショナルなサウンドを奏でます。

そして驚くほど魅力的な価格。

長所:

  • 驚異的な精度のエミュレーションを実現。
  • 美しいGUIスタイリングとフルリサイズが可能です。
  • オーバードライブループ搭載。
  • ポリフォニックモードでは圧巻です。

短所:

  • ビブラート用のLFOを追加することはありません。
  • オンボードエフェクトはありません。

musictechによるレビュー記事リンク

Model Dのオリジナル・ハードウェア・モデルは、非常に高価で、2016年の復刻版でさえ入手が困難です。

エミュレーションではArturiaのMini V3は128ポンド、MoogのiOS用エミュレーションはわずか6.99ポンドです。

しかし、Cherry AudioのMinimodeは48ポンド。

これは、デスクトップDAWのための最も手頃なフル機能のモデルDエミュレーションの一つです。

長所:

  • 本格的で温かみのあるMinimoogサウンド
  • クリエイティブで、遊ぶ、いじる楽しさがある
  • 最大16ボイスのポリフォニー
  • 高いコストパフォーマンス
  • CPUの効率化により、複数のインスタンスをロードすることができます。

短所:

  • オンボードエフェクトがないため、単体でのライブ演奏には限界がある

*セール情報

ADSRとPlugin Boutiqueでセールが開催されています。どちらも有料製品のオマケが無料で付いてきます。

ADSR

通常価格:59ドル

セール特価:29ドル(51%OFF)

*セール元のADSRでは、上記の製品を購入時に以下の製品が無料でプレゼントされます。

Plugin Boutique

通常価格:59ドル

セール特価:29ドル(51%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。