*明日 10/1~10/3(月) 頃までに終了するセールが多くなっています。

Leapwing Audio『UltraVox』直感的な操作で高音質を実現する最新ボーカルプロセッサー

Leapwing Audio『UltraVox』は、簡単な操作のみでボーカルトラックのサウンドを良くすることができるオールインワンのボーカル処理用プラグインです。

2022年8月19日:

『Leapwing Audio RootOne & UltraVox Summer Sale』で半額になっています。

通常価格:79ドル → セール特価:39ドル(50%OFF)

*セールは日本時間の9/5(月)夕方までの予定です。

関連セール:

スポンサーリンク

『UltraVox』直感的な操作で高音質を実現するボーカルプロセッサー

Leapwingの『UltraVox』は、優れたボーカル・サウンドを素早く実現したいソングライター、プロデューサー、エンジニアのために開発されているプラグインです。

このプラグインには4つのユニークなアルゴリズムが搭載されています。

それぞれのアルゴリズムがあらゆるタイプのボーカルに対応できるように最適化されています。

  • Compression

    Compressionは、ボーカルパフォーマンスのピークを取り除き、ボーカルのバランスを整え、不要なアーティファクトのない安定したレベルを実現します。




  • Gate

    穏やかで非常に音楽的なGateは、2つの目的を持っています:1つはルームノイズを減らすこと、もう1つは圧縮によってもたらされる息や口の音を減らすことです。




  • Harmonics

    ハーモニクスは、ほとんどのボーカルに美しい彩りを与えます。




  • Air

    エアは、ハーシュネスを導入することなく、ボーカルに鮮明さを加えることができます。

デモ動画

ざっと見紹介動画(2:33・自動翻訳の日本語字幕可能):

紹介動画(3:52・自動翻訳の日本語字幕可能):

Leapwing AudioのUltravoxは、素晴らしいボーカルサウンドを素早く簡単に手に入れることができます。また、その使い勝手の良さには思わず唸ってしまうほどです。

レビュー動画(7:50・自動翻訳の日本語字幕可能):

LeapwingのUltraVoxプラグインは、市場で最も直感的なボーカルプラグインの1つです。

コンプレッション、ゲート、ハーモニクス、エアーの4つの高度に最適化されたアルゴリズムが組み込まれており、簡単にコントロールすることができます。

上記の動画では、UltraVoxを使うと、誰でも簡単に、音楽的かつ補完的な方法で、素晴らしいサウンドのボーカル処理を行えることを実証しています。

使いやすいインターフェースにより、あらゆるレベルのプロデューサーが、複雑なコントロールや複数のプラグインに煩わされることなく、世界クラスのボーカル・プロセッシングをボックス内で簡単に実現することができます。

『UltraVox』の特徴

  • 理想的なダイナミクス :

    ボーカルのピークを抑え、不要なノイズを取り除くUltraVoxのダイナミック・コントロールは、まさに良い音です。




  • あらゆるボーカルに対応:

    互いに影響し合う高度に最適化されたアルゴリズムにより、あらゆるボーカルに対応します。




  • 最適なワークフローを実現する美しいデザイン:

    すべての操作を1つの画面で行える美しいRetinaデザインを採用。




  • 幅広い互換性:

    Mac OSX (10.13 +), Windows 8, 10 (64-bit only)で、AAX-Native, VST, VST3, AUフォーマットで使用できます。
たった数秒でボーカルサウンドを高品質に変えることができます
  • Dynamic Control :


    UltraVoxの「ダイナミック・コントロール – コンプレッション」はシングルバンドのソフトニー・コンプレッサーが採用されています。
    このコンプは、アタックタイムとリリースタイムをプログラムによって変えることができます(短い)。
    ミュージカルゲートは、ルームノイズやマウスノイズを除去することを目的としており、こちらもプログラムに応じてアタック時間とリリース時間を変えることができます(中長)。





  • Harmonics and Air


    Harmonicsは、主に2次と3次のハーモニクスを提供し、ボーカルに洗練されたキャラクターを与えます。
    Airは、12kHzを中心としたイコライジングを行い、ボーカルに厳しさを与えることなく、輝きを与えます。ブーストとカットが可能なので、ボーカルの音色を整えるのに役立ちます。





  • 素早く直感的なインターフェース:


    見た目も音も良いのは、Leapwing Audioがあなたのことを考えてデザインしたからです。
    UltraVoxのアルゴリズムは、良い音を簡単に得ることができ、シンプルなインターフェースは、調整した内容を聞きながら視覚化することができます。
このプラグインでできること
  • レコーディング、プロダクション、ミキシング



  • ボーカル・チェーンの初期段階、つまり補正EQやフィルタリングの直後や、エフェクトをかける直前に使用するのが理想的です。
特徴まとめ
  • 4つの高度に調整されたアルゴリズムが相互に影響し合い、素早くボーカルサウンドを得ることを目的としています。



    • Compression:

      シングルバンドのソフトニーコンプレッションで、アタックタイムは短く、リリースタイムは長く設定できます。



    • Gate:

      ルームノイズの除去を目的とし、プログラムに応じてアタック時間(中・長)とリリース時間(短)が変化します。



    • Harmonics:

      主に2次と3次のハーモニクスで、ボーカルに洗練された特徴を与えます。



    • Air:

      12kHz付近に焦点を当てたイコライゼーションで、ボーカルにハーシュネスを与えることなく、輝きを与えます。ブーストとカットが可能で、ボーカルの音色を整えるのに役立ちます。




  • すべてのアルゴリズムは、達成可能な最高の品質と原始的なサウンドで綿密に調整されています。



  • サイズ変更可能な美しいRetinaインターフェイスには、ユニークなレベルの視覚化機能があります。



  • 384kHz(DXD)までのサンプルレートに対応。

システム要件

Mac

  • macOS 10.13以降(64ビットのみ)
  • VST2、VST3、AU、AAX

Windows

  • Windows 8〜10(64ビットのみ)
  • VST2、VST3、AAX

『UltraVox』メイン・ユーザー・インターフェースの図解

上記のUltraVoxのメイン・ユーザー・インターフェースに記載された番号順に解説します。

1:IN(入力ゲインコントロール)

IN スライダーは、プロセッサー・チェーンに入力される信号のレベルを スライダーは、プロセッサー・チェーンに入力される信号のレベルを調整します。

また 内蔵のレベルメーターは、K-weightedのラウドネスをLUFSで表示し、4秒ホールドのピークバーを備えています。

初期設定は0dB(ユニティーゲイン)です。

2:コンプレッション

シングルバンドのコンプレッションで、プログラムに応じてショート(<2ms)とロング(>500ms)のアタックを可変できます。アタックタイムは短く(2ms以下)、リリースタイムは長く(500ms以上)設定できます。

設定では、スレッショルド(-60 dBから0dBまで)をコントロールします。

ここでは、dBはdBFSを意味します。デフォルトの設定は0dB(圧縮閾値が0dB)です。スレッショルドは0dBです。

3:ゲート

シングルバンドのゲートで、アタックは350〜800ms、リリースは2ms以下とプログラムに応じて設定できます。

設定は、スレッショルドをコントロールします(-infから0dBまで)。

ここでは、dBはdBFSを意味します。デフォルトの設定は-inf(無限大の圧縮閾値)です。- 無限大)に設定されています。

4:ハーモニクス

主に2次、3次の高調波を原音にブレンドします。

設定は、ドライ/ウェットのレベルです。0は高調波なし、100は高調波最大を意味します。

初期設定は0です。

5:Air

カスタムカーブで12kHz付近に焦点を当てたイコライゼーションで、粗さを感じさせない鮮明さを加えます。

6:Bypass

プラグインのレイテンシーを維持するフル・バイパス・スイッチです。

7: Undo/Redo

元に戻す/やり直し矢印は、プラグインのすべてのパラメータの元に戻す/やり直す機能です。

プリセットの変更を除きます。プリセットを変更すると、元に戻す/やり直すの履歴はクリアされます。

8:A/B比較

A/B比較は、2つの異なるパラメータセットを素早く保存し、それらを切り替えて詳細に評価するために使用できます。

初期設定では、AもBも同じ「初期設定」の状態になっています。パラメーターの変更を開始すると、最新の設定がAに保存され、Bは元の値を維持します。

  • Aはアクティブであることを示すためにハイライト表示されます。



  • A/Bボタンをクリックすると、AとBの状態を切り替えることができます。



  • Aをアクティブにすると、変更した内容はAの下に保存されますが、Bをアクティブにすると、変更した内容はBの下に保存されます。



  • コピーボタンをクリックすると、AとBの両方の状態が、現在のアクティブなパラメータセットに設定されます。
9:プリセット

Leapwing UltraVoxには12種類のファクトリープリセットが用意されており、プリセット名をクリックするとドロップダウンメニューが表示されます。

また、左右の矢印(「<」と「 >」)をクリックして、プリセットを切り替えることもできます。左右の矢印(「<」と「 >」)をクリックして、プリセットを切り替えることができます。

ファクトリー・プリセットには、選択されたソース インストゥルメント、入力および出力ゲイン、その他すべての設定が含まれています。

独自のプリセットを保存することも可能で、その場合は 「Save as…」オプションを使用します。ユーザープリセットは、ドロップダウンメニューのリストに自動的に追加されます。

また、プリセットフォルダ内に独自のサブフォルダを作成することができ、ドロップダウンメニューにサブカテゴリとして表示されます。

なお、プリセットメニューに表示されるのは、デフォルトのプリセットフォルダに保存されているプリセットファイルのみです。

デフォルトのプリセットフォルダの場所を変更するには、まずすべてのプリセットを新しい場所にコピーしてから、プリセットメニューの「オプション」→「プリセットフォルダの設定」をクリックし、新しいフォルダを選択します。

*「Restore Factory Presets」をクリックすると、現在のプリセットフォルダ内のすべてのファクトリー・プリセットがリセットされます。

フォルダー内のすべてのプリセットをリセットします。

関連ページ

gearspace.comのフォーラムページでこのUltraVoxについてレビューや議論が交わされています。

gearspace.comのフォーラムページリンク

セール情報

通常価格:79ドル

セール特価:39ドル(50%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2022年5月:79ドル→39.49ドル
  • 2022年4月:79ドル→39ドル
  • 2022年2月:79ドル→39ドル
  • 2021年11月:79ドル→47ドル(リリースセール)