記事内に広告が含まれる場合があります

【無料配布】Klevgrand『Volvo Cars』ボルボのカーサウンドを使用したドラムサウンドのサンプルパック

スウェーデンの自動車メーカー:ボルボと、同じくスウェーデンを拠点に音楽制作用のソフトウェアを開発しているKlevgrand社が共同でサンプルパックを開発&無料配布しています。

広告

『Volvo Cars – The sound of safety』

ざっと見動画(51秒):

ボルボの自動車から得られたサウンドをサンプルパックとして無料配布しています。

それに加えて、面白いことに、Klevgrand社は、このサンプルを用いたドラムマシンをWeb上で使用できるようにもしています(無料です)。

ドラムマシンのサイト

Klevgrand『Volvo Cars』について

2023年8月、ボルボ・カーズから電話があり、彼らの特徴的な音をベースにした楽器を作ろうと提案されました。

Martin ÅbergとLars Wignellはそれを解決するために、マイクとヘッドホンを持ってVolvo Cars Torslandaを散策することにしました。

そのミッションは、後に私たちが開発したデジタル・ドラム・マシンでパーカッシブな音や音色を編集するための音を録音することでした。

サウンド・レコーディングの最初の目的地は、トルスランダの中心部にあるドームのような建物、Volvohallenです。

マーティンとラースは、テープレコーダーとヘッドホンを装着し、展示されている新品のボルボEX30に乗り込みました。

1973年製のボルボ242DL

マーティンは、アンテナ、カセットプレーヤー、クッションの効いたシート、現代の車にはもうない独特の音のするノブなど、音の面でボルボ24DLが興味のある車であることに気づきました。

さらに、古いボルボのハンドブレーキをしっかり引いたときの独特の音は、多くの人にとって、クルマのハンドブレーキをしっかり引いた後、クルマがしっかりと駐車されていることを連想させます。

RULLA

Percussion Plantは、オンラインで簡単にビートを作成できるウェブ・インストゥルメントです。

そして忘れてはならないのは、このウェブサイトからすべての音をダウンロードして、自分の音楽プロジェクトで自由に使うことができるということです。

80種類以上の打楽器、40種類の音色、8種類のアンビエントサウンドがダウンロード可能です。

詳細ページリンク

*配付情報