*本日(4/22)17時頃までに終了するセールが多くなっています。
記事内に広告が含まれる場合があります

【無料】u-he『Zebralette 3』パワフルなシンセ・プラグインのパブリック・ベータ版がダウンロード可能に

多くの音楽制作者に高い評価を得ているu-he社の無料シンセ・プラグイン「Zebralette」。

現在、V3のリリースに向けてパブリックベータ版が公開されています。

広告

Zebralette 3:パブリックベータ版を無料でダウンロード

デモ動画(3:20):

u-he「Zebralette」は、オシレーター1機のみの搭載ながらも高機能&強力なサウンドで多くの音楽制作者に支持されている無料のシンセプラグインです。

最新ベータ版の「Zebralette 3」は、3種類のOSでDAWソフト用のプラグインとして使用できます:Windows、Mac、Linux(64 ビット)

プラグイン形式:VST3 / AU / CLAP / AAX

このZebralette 3のパブリック・ベータ版は、KVR Audioのフォーラムにダウンロードリンクがあり、どなたでも入手が可能になっています。

(KVRのフォーラムではZebralette 3に関するコメントやレビューが歓迎されています。)

Zebralette 3のパブリック・ベータ版長編デモ動画(57分):

*また、現行版のV2を使用したい方はこちらのu-heの公式ページからダウンロードできます(無料)。

u-he『Zebralette 3』について

こんにちは皆さん。

ここ数週間、数か月 (あるいは数十年)、 Zebra 3 についていくつかの疑問や噂があったと聞いています。 

そこで今日は、私たちの最愛の主力製品の将来について初めて垣間見たいと思います。

Zebralette 3は、Zebraの次の進化に向けた最初の大きな一歩です。

前作同様、Zebralette 3は1つのZebraオシレーターにいくつかのモジュレーション・ソースとエフェクトを加えたもので、そのすべてが新鮮でモダンな、完全にベクトル化されたGUIに包まれています。

スプラインベースのウェーブテーブル・エディター、様々なモーフィング・オプションを備えた最大16個のウェーブテーブル・スナップショット、20種類以上のエフェクトから選べる2つのオシレーター・エフェクト・スロット、ウェーブテーブル・シンセシスとアディティブ・シンセシスの切り替えが可能なオーディオ・エンジンなど、オシレーター・モジュールだけでも独自の世界を持っている。

オシレーターが1つしかないにもかかわらず、探求することはたくさんあります。

何よりもまず、非常にパワフルなスプライン・エディターにより、多彩なツールを使って波形やモジュレーション信号を簡単にシェイプすることができます。

スタンプ・ツールを使って数秒で波形を作成するもよし、ウェーブテーブルのスナップショットとそのモーフィング動作の細部まで何時間もかけて丹念にシェイプし、彫り込んでいくもよし。

ウェーブテーブルが実際のオシレーター波形を表すのか、オシレーターのスペクトルをシェイプするために使うのかを決めましょう。

通常のウェーブテーブルモードと加算合成モードの切り替え。加法モードでは、個々のハーモニクスを操作します。

2つのオシレーター・エフェクト・スロットでサウンドをさらにシェイプ&モジュレート。
ウェーブテーブル(モジュレーションとオシレーター・エフェクトを除く)をエクスポートすれば、お気に入りのウェーブテーブル・シンセサイザーで使用できます。

何よりも、Zebralette 3はもちろん完全無料です。

始める前に、Zebralette 3の主なコンセプトと特徴を説明したウルス氏の紹介ビデオをぜひご覧ください:

紹介動画(42分・自動翻訳の日本語字幕可能):

また、作業中のユーザーガイドを見ることも必須である。探索の最初の数日間は、手元に置いておくのがベストです:

Zebralette 3 User Guide WIP 20240216

ビデオを見て、ユーザーガイドを読んだら、いよいよ深呼吸して、すぐに飛び込んで、独自のサウンドやウェーブテーブルを作り始めましょう。

また、Zebraletteの広大な可能性の最初のラフなアイデアを提供するために、進行中のプリセットをたくさん追加しました。

予期すべきことと注意すべきこと

それでは、Zebralette 3の最初のベータ版で遊び始める前に、期待できることや注意すべきことについて少しお話ししましょう。

第一に、これは初期アクセスビルドです。すべてが洗練され、完成しているとは思わないでください。

足りないもの、改善すべき部分、より良い名前が必要なパラメーターがあります。

バグやクラッシュもあるだろう。予期せぬことも起こるでしょう(あなたの生活全般で、そしてZebraletteで遊んでいる間にも)。

多くの部分はまだ完全に最適化されていませんので、特定の機能は最終リリース版よりもCPUを多く使うかもしれません。

重要な注意

Zebraletteのオーディオエンジンは非常に柔軟で機能が豊富ですが、ほとんど制限がありません。

このことは、特に Osc Source “Curve Spectrum “をオシレーターエフェクトと組み合わせて使用すると、突然とても静かになったり、とても大きくなったりすることがあることも意味します。

Zebraletteトラックかマスタートラックに必ずリミッターを追加して、あなたの耳と機材を守ってください。

私たちは、このビルドがサウンドやプロジェクトのリロードの面で、将来のバージョンと互換性を保つのに十分なほど安定していることを願っています。

しかし、非常に初期のベータ版であるため、今すぐこれを保証することはできません。

例えばMPEとの互換性やCLAPのポリフォニック・パラメーター・モジュレーションのサポートなどです。

Zebralette 3はCLAP、AU、VST3、AAXをサポートします。全てのフォーマットは64ビットのみで、VST2バージョンはありません。

既知の問題の完全なリストと正確なシステム要件については、バグ報告スレッドをチェックしてください。

ベータ期間は必要な限り長く、リリース日はまだ決まっていません。

このベータ版は、私たちが何年もかけて取り組んできた大きなマイルストーンであり、私たちは信じられないほど興奮し、緊張しています。

このベータ版を、私たちがこれまでに作ったフリーウェアのシンセサイザーとウェーブテーブル・エディターの中で最高で最も便利なものにするために、皆さんの力をお貸しください。

さあ、今すぐZebralette 3との旅を始めましょう。

乾杯!
u-heの乗組員より。

*配付情報

*KVRのページ内にダウンロードリンクがあります。