MacBook Airのカラープロファイルを常に一発で変更できるようにする方法 – 「ProfileMenu 2.1」

スクリーンショット33

矢印

スクリーンショット 26 

Macbook Airのディスプレイ品質(特にLGとAUO製)については色々と批判があるようだが、カスタムプロファイルを導入するとだいぶ見やすくなる

しかし、「LG Color profile LCD12.icc」や「LG Colorprofile LCD4.icc」、Macrumors製のカスタムプロファイルは、動画鑑賞時に暗すぎる感じがする。

動画鑑賞など明るめな画質が欲しい場合は、結局、デフォルトのプロファイを一時的に使うようにしている。

しかし、デフォルトのカラープロファイルだと、文字を読む場合には、白トビがひど過ぎて目が疲れる。

テキストベースのウェブサイトの閲覧は、上記の「LG Color profile LCD12.icc」、「LG Colorprofile LCD4.icc」、「Macrumors製のカスタムカラープロファイル」の三つを状況に応じて使い分けている。

これらのプロファイルはかなり便利なのだが、プロファイルの変更のために、いちいちシステム環境設定を開く必要がある。これが、とても面倒だ。

海外サイトをほっつき歩いていたら、それらの変更がもっとスマートにできるアプリがあった。

非常に便利なので紹介したいと思う。

スポンサーリンク

ProfileMenu 2.1

用意するものと導入方法

1. 好みのMacbook Air向けカスタムカラープロファイル

2. ProfileMenu for Macというアプリ(メニューバーに常駐し、プロファイル の切り替えを容易にしてくれるアプリ)

3. 10分程度の暇な時間。

 1を2に導入して完了。

 

1.MacBook Air向けのカスタムプロファイルの入手方法

ググればすぐ出てくるが、下記のサイトで好きなものを入手できる。

リンク先:液晶キレイ! MacBook Air用 Newカラープロファイル(for LG,AUO)

 

私のAirはLG製だったので、「LG Color profile LCD12.icc」や「LG Colorprofile LCD4.icc」、Macrumors製のカスタムプロファイルの3つを入手した。

ちなみに、液晶メーカーの確認方法は、

ターミナルで以下の文字列をコピペしてenterをクリック。

 ioreg -lw0 | grep IODisplayEDID | sed "/[^<]*</s///" | xxd -p -r | strings -6
 

※ ただし、Yosemiteから上の(新しい)OSはXcodeのインストールが必要。ターミナルで上記の文字列を打ち込んだら、自動的にXconeをインストールするかMacが聞いてくるので、あとは流れ作業でインストールできます。

  

上記サイトで、カスタムプロファイルを入手後、そのブツを解凍。

解凍されたiccファイル(カスタムプロファイル)を、HDD/Library/ColorSync/Profilesのフォルダ入れる。(管理者パスワードによる認証が必要。)

もしくは/Users/Library/ColorSync/ProfilesでもOK。

複数入れたいプロファイルがあれば、同時にそのすべてを、Profilesフォルダに入れてしまっても問題無い。
 

作業が完了したら、次の作業2に移る。

 

2. スクリーンショット 2015-07-22 16.09.39ProfileMenu 2.1を導入

   
このアプリの制作元のサイトは既に閉鎖されているので、本家からはダウンロードできない。
代替策としてSoftwareWeb.comというアプリのダウンロードサイトで該当アプリが入手できる。
古いアプリだが、今のところ当方のYosemiteではまったく問題なく動いている。
ダウンロードしたアプリは、個人的にvirustotalとMacに入ってるSophos、Bitdefender virus scannerでスキャンしてみた。
2015年7月22日の時点では、特に問題はなかったが、念のため再度各自でセキュリティーチェックはした方が良いだろう。運用はもちろん自己責任で。
    
11月追記:私の環境では、El Capitanでも今のところ問題なく動いています。
   
   

ダウンロード先:http://mac.softwareweb.com/download/profilemenu-2.1-BHO1S.html

   
 
インストールしたら(解凍したアプリをアプリケーションフォルダに放り込んだら)、
システム設定の「ユーザーとグループ」のログイン項目に「ProfileMenu」を追加。
これでシステム起動時にProfileMenuも自動で起動するようになる。
アプリを起動した直後、メニューバーにProfileMenuのアイコンが表示されていれば導入成功だ。
   
システム設定の「ユーザーとグループ」のログイン項目
スクリーンショット23
 左下のプラスボタンで、「ProfieMenu」を追加しておこう。
    
    
メニューバーのProfileMenuのアイコンをクリックすると、下記のように設定画面が出てくる。

スクリーンショット 26

設定は素のままでも良いと思う。
というか特にいじるところもないのだが、お好みで「Show date」にチェックを入れておくと各カラープロファイルがMacに導入された日付が表示されるようになる。
あとは、「include domains」でColor profilesのフォルダの場所を、userのライブラリ内の「Color Sync」と、HDD直下のライブラリ内の「Color Sync」の表示選択ができる。

設定方法自体は超シンプルなのにかゆいところに手が届いていて、良し。

 

今までは、システム環境設定の「ディスプレイ」を呼び出すAppleScriptをこしらえてドックに置いてプロファイルの切り替えをしていた。これもデフォよりは便利だったが、システム環境設定からの操作なので、ひと手間あって正直面倒だった。

このProfileMenuのおかげで、ディスプレイ輝度を変えるかのごとくワンアクションでプロファイル切り替えができるようになった。

結構、これ、自分としては小さな革命だw

  

IMG_20140502_193303 

 Pulau Pinang
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする