Melodyne 4 Essentialで出来ないオーディオからMIDIへの変換。ReasonやLogic Pro Xで何とかする。

よろしければシェアお願いします

最下位版のMelodyne 4 EssentialではオーディオからMIDIへの変換は不可

 

Editing Vocals with Melodyne Essential

(数日前に購入した)Tracktion Waveform 9に付属していた「Melodyne 4 Essential」。

Melodyneの最下位バージョンで入門版というか、ほとんど「ダイジェスト版」的な位置づけなのでしょうね。

  

さっそくLogic Pro XやReason10でも使ってみようと思いましたが、私のやりたかったオーディオファイルからMIDIへ変換はEssential版では出来ないんですね。(Melodyneは使ったことがないので知らんかった。。)

こういうことがやりたかった。

⬇️

How to Convert Audio to MIDI

 

オーディオファイルをMIDIに変換できるのは、「Melodyne Assistant」以上の
エディション。なのでアップグレードする必要があるんですね。

(知っている人には何を今更な話しでしょう(笑))

しかし、その「Melodyne Assistant」でも、「DNA 非対応のためポリフォニック素材には対応しない」と。

詳しくはこちら

なので、ポリでも使いたいならその上のバージョンのEditorかStudioを使わんとイカんわけですね。

 

ということで、機会があればアプデしたいなぁと思いますが、結構高いんですよね。。過去のセールで安いときに、EssentialからEditorのアプグレが140ドルくらいだったかな?

 

スポンサーリンク

結局、今のところはDAW付属の機能で何とかする

とはいえ、Logic Pro XにもReason10にもオーディオからMIDIへの変換機能はついてるんですよね。恐らくMelodyne様の足下にも及ばない簡易的な機能ですが。。

とりあえずお得なセールが来るまでは、これで何とかしましょうか。

 

Propellerhead Reasonの場合

実はPropellerhead Reason10の「オーディオからMIDIへの変換」のやり方は、めっちゃ簡単です。

こんな感じ。(たった27秒の説明動画。)

⬇️

Audio to MIDI: Reason QuickTip

ただ単にオーディオファイルを、ThorなどのシンセのMIDIトラックにドラッグアンドドロップすれば良いだけ。

(例えば、自分で鼻歌で歌ったのを録音して、それを超簡単にMIDIに出来ちゃうわけですね。)

上手くいかないときは、該当オーディオファイルのクリップをクリックして編集画面に入り、「ピッチエディット」を選択してから、再度シンセのMIDIトラックにドラッグアンドドロップしてみましょう。

  

 

Logic Pro Xの場合

Converting Audio to Midi in Logic Pro X

 

Logic Pro Xの場合は、該当のオーディオリージョンをクリックして下半分の編集画面で「Flex」ボタンを音にして「Flex Pitch」を選択。

 

そして、編集の「Flexpitch データから MIDI トラックを作成」をクリックで、MIDIトラックか作られます。

  

出来た。

 

あとは、適当に(タイムクオンタイズなどを使って)MIDIを調整して、お好きなシンセなどで鳴らすことが出来ます。

 

Logic Pro XとReason10の「オーディオからMIDIへの変換機能」は、個人的にはReason10の方が若干ですが精度が良いように感じています。

追記:Logic Pro XとReason10の精度はケースバイケースな感じです。オーディオの素材によって違う。

 

新しい参考記事 :

「Waves Tune」高価なMelodynを買うつもりがないならピッチ修正ソフトはこれで良いかも   ピッチ修正ソフト...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク