Acon Digital『Equalize』3つ揃ったパラメトリックEQ(汎用性&使いやすさ&価格)

Acon Digital製の多用途イコライザー「Acon Digital Equalize 2」が70%OFの過去最安になっています。

*今週末限り〔5月31日(月曜日)夕方まで〕の超短期セールです。

Acon Digital Equalizeは、ユニークな機能と効率的なワークフロー、直感的なユーザーインターフェースを兼ね備えたイコライザー・プラグインです。

まだあまり知られていないマイナーなEQですが、ユーザーからの支持は高い製品。

スポンサーリンク

Equalize:チルトフィルターとバンドパスフィルターを搭載した改良版EQ

Acon Digital Equalizeは、ユニークな機能と効率的なワークフロー、直感的なユーザーインターフェースを兼ね備えたイコライザー・プラグインです。

機能は光っています。

スロープが3~120dBまで自由に調整可能。また、斬新なミックスフェイズモードとチャンネルモードがバンドごとに選択可能です(M/S/L/Rまたは両方)。

紹介動画(4分47秒):

デモ&解説動画(6分・日本語字幕可能):

Acon Digital Equalizeについて

Acon Digital Equalizeは、パラメトリック・イコライザー・プラグインです。

優れたワークフローと直感的なユーザーインターフェイスを備えたユニークな機能を兼ね備えてたユニークなEQです。

他のイコライザーとは異なり、中心周波数やゲイン、帯域幅だけでなく、各帯域のフィルター・スロープも自由に調整できます。

フィルター・スロープは3dBから超シャープな120dB/オクターブまでどこでも設定可能です。

言うまでもなく、最小フェーズ(位相)モードを使用しているときには、Equalize をゼロレイテンシーのプラグインとして操作することも、リニア位相モードで位相関係を維持することもできます。

このモードでは、位相関係を可能な限り維持しながら、5 ミリ秒から 120 ミリ秒の範囲でレイテンシーを自由に設定できます。これにより、線形位相フィルタリングでよくある潜在的なプリリンギング・アーティファクトを独自にコントロールすることができます。

20ミリ秒以下のレイテンシー値は、可聴周波数範囲の時間的な整合性を維持しながら、人間の聴覚の時間的なマスキングによってプリリンギングを確実にマスクします。

Acon Digital Equalizeは、使いやすいユーザーインターフェースを提供するために細心の注意が払われています。

帯域幅やフィルタ・スロープなどの帯域パラメータは、周波数応答のグラフィカルな表示で直接ハンドルを使用して調整することができます。

柔軟性の高いリアルタイム・アナライザーにより、処理のあらゆる側面をモニターすることも可能。

バンドごとにフル、ミッド、サイド、左、右チャンネルの処理を簡単に切り替えることができ、Equalize はオーディオ信号を自動的に内部にルーティングして、最高の結果と可能な限り低いレイテンシーを実現します。

特徴

  • ローカット、ローシェルフ、ピーク、チルト、バンドパス、ノッチ、ハイシェルフ、ハイカットの8種類のバンドフィルター

  • 最大12のインディーズバンド

  • ゲイン、周波数、帯域幅、共振、フィルタの傾きを自由に調整可能

  • 調節可能なレイテンシを持つ新しい混合された段階モードを含む3つの異なった段階モード

  • 各バンドのチャンネルモードを独立して選択可能(ミッド、サイド、レフト、ライト、フルプロセッシング

新しいバージョン『Equalize 2』について

*Acon Digital Equalize 2は、Windows(PC)とOS X(Macintosh)の両方に対応しています。

32ビット版と64ビット版の両方が用意されており、プラグイン形式のVST、VST3、AAX、Audio Units(OS Xのみ)に対応しています。

バージョン2へのアップグレードは、Equalizeのすべての顧客に無料で提供され、ライセンスキーはバージョン2で有効となります。

新バージョンのEqualize 2には、チルトとバンドパスの2種類のフィルターが新たに追加されました。

これで合計8種類のフィルターが利用できるようになりました。従来のフィルターと同様に、チルトフィルターとバンドパスフィルターの両方とも、オクターブあたり3~120dBの範囲でフィルターのスロープを連続的に調整できる独自の機能を提供しています。

イコライザーカーブの周波数範囲は、周波数軸の端をドラッグするか、中央をクリックしてドラッグすることで簡単に変更することができるようになりました。これにより、より正確なコントロールのために特定の周波数範囲をズームインすることが可能になりました。

新しい環境設定ページでは、アナライザの解像度やユーザー・インターフェース言語などのユーザー設定を行うことができます。

もう一つの新機能は、周波数軸の上にピアノ鍵盤表示をオプションで用意したことです。ピアノ・キーボードのキーをクリックすることで、音色の周波数に合わせてバンド周波数を簡単に設定することができます。

最新版の新機能の一覧

  • 2種類の新しいフィルター – チルトフィルターとバンドパスフィルター

  • イコライザーカーブエディターで周波数範囲を調整

  • オプションのピアノ鍵盤表示

  • EUCONとフルPro Tools HWコントローラのサポート

  • スペクトルアナライザ、ツールチップ、言語、ピアノロールの設定ができる新しい環境設定ページ

  • 調整可能な周波数の傾きを持つスペクトラムアナライザ

特徴

Acon社製品共通の特徴:
  • PC(Windows)のVST、VST3、AAXプラグインとして利用可能

  • VST、VST3、AAX、AUのプラグインとしてApple Macintosh (OS X)で使用可能。

  • すべてのプラグインのネイティブ32ビット版または64ビット版が利用可能です。

  • 最大96kHzまでのサンプリングレートをサポート

  • 5.1、7.1サラウンドなどのマルチチャンネルフォーマットに対応
Acon Digital Equalizeの特徴:
  • 最大12バンドのイコライザー機能を持っています。


  • 8種類のバンドフィルター(ローカット、ローシェルフ、ピーク、チルト、バンドパス、ノッチ、ハイシェルフ、ハイカットを搭載。


  • バンド周波数、利得、帯域幅、共鳴およびフィルター斜面は各バンドのために自由に調節可能です。


  • 3つの異なるフィルタモード、最小位相(minimum phase)、ライナーフェーズ、または新しい混合位相(mixed phase)を備えています。


  • 混合位相モード(mixed phase mode)を用いた、レイテンシーとプリリンギング時間を調整可能です。


  • 最小位相モード(minimum phase mode)でゼロレイテンシを実現。


  • チャンネルモード(ミッド、サイド、レフト、ライト、フルプロセッシング)をバンドごとに独立して設定可能です。


  • 複数のバンドの選択ができます。


  • サイズ変更可能なグラフィカル・ユーザー・インターフェースを搭載。


  • ソロモードとバイパスモードを搭載。


  • 自動メイクアップゲインのオプションを備えています。


  • 帯域幅リンクへのオプションゲインもあります。


  • ミッド、サイド、左、右チャンネルからの入力信号または出力信号を解析できる2台のスペクトラム・アナライザ。


  • イコライザの周波数特性をグラフィカルに表示します。


  • プリセットマネージャーと大量のファクトリープリセットを収録しています。


  • ユーザープリセットの保存、読み込み、分類ができます。

メーカーページリンク

デモ動画

Equalize(過去のバージョン)のざっと見デモ(2分24秒):

Equalize(過去のバージョン)のレビュー&解説(6分27秒・日本語字幕可能):

Equalize(最新版)のミッドサイド機能を使って、ローエンドをクリーンにして、よりバランスのとれたシンセパッドを作成する方法(6分・日本語字幕可能)

レビュー記事リンク

Music Raderさんによるレビュー記事リンク(V1時のレビュー):

https://www.musicradar.com/reviews/tech/acon-digital-equalize-622765

Acon Digital Equalizeは、印象的なレベルのコントロールを備えた質実剛健なEQプラグインです。外科的な精緻なミックス愛好家の間でもファンが多いでしょう。

長所:

  • 学ぶのが簡単
  • 一流のインターフェイス
  • パワフルなフィルタースロープ
  • シェーピング フェーズ/レイテンシーの調整が可能
  • 非常にリーズナブルな価格

欠点:

  • 一部の競合他社に比べて機能が少ない

*管理人メモ:V2になり機能が多数追加されています。

参考ページリンク

https://www.gearslutz.com/board/product-alerts-older-than-2-months/1231965-acon-digital-equalize-2-new-filter-types-released.html

システム要件

Windows

  • Pentium IV以上
  • 256MB以上のRAM(1GB推奨
  • Windows 10、8または7
  • VST、VST3、AAXに対応したホストアプリケーション(Pro Tools 10.3.5以上)

Mac

  • 64 bit Intel CPU
  • OS X 10.7以降
  • AU、VST、VST3、AAX(Pro Tools 10.3.5以上)に対応したホストアプリケーション

セール情報

通常価格:99ドル

セール特価:29ドル(70%OFF)おそらく過去最安!

主なセール価格の推移:

  • 2020年9月:99ドル → 59ドル
  • 2020年12月:99ドル → 34ドル(年末フラッシュセール)