〔オーディオ修復バンドル〕Acon Digital Restoration Suite Bundleが過去最安(4つのプラグイン入り)

よろしければシェアお願いします

 

(このセールお買い得。)

Acon Digital社のオーディオ修復系の4つのプラグインをセットにしたバンドル「Restoration Suite Bundle」の半額セールが来ています。

 

iZotope RX7 Standardの対抗馬的なバンドルです。

 

(まだオーディオ修復ツールを持っていない方や、「RX Elements」持ちの方は、特にカバー力が上がりますよ。)

  

ここの会社(Acon)はプロモーション活動が非常に地味なので、見落とされがちですが、このバンドルは何気に評価が高いです。性能に対する価格(コスパ)が抜群に優れているのもその理由。(そして、今回のセール価格、過去最安かと思います。)

   

スポンサーリンク

Acon Digital Restoration Suite 

 

  

Acon Digital Restoration Suiteは、Acon Digital社のオーディオ修復のフラッグシップ製品で、(この後紹介する)4つのプラグインが収録されています。

どれもオーディオ修復に特化したプラグインです。

  

通常価格は99ドルと、(バンドル買いだと)元々お手ごろ価格。(それが今回半額。)

     

    

Product Expert による「Acon Digital Restoration Suite 」レビュー動画(約8分)

 

Acon Digital Restoration Suite Review

    

  

異なる症状に特化した4つのプラグインたち

DeNoise(ノイズ除去)

 

DeNoiseは、ブロードバンドノイズ、ヒス、風雑音、バズ、カメラノイズなどの定常雑音(ノイズ)を低減するように設計されたプラグインです。

 

ノイズを低減するためのプロセス中にできるだけ多くの元の信号を保存するために大きな努力が払われています。

その結果「DeNoise」は、トランジェント、アタック、または録音中の「空気感」を失うことなく、非常に透過的な方法でノイズを低減、または多くの場合完全に除去することができます。

   

特徴:
  • 高度なアルゴリズムは、必要な材料への影響を最小限に抑えて定常ノイズを効率的に低減します
  • トランジェント検出により、ノイズリダクションプロセス全体で過渡状態が解消されます
  • 効果的な時間平滑化は「音楽ノイズ」アーティファクトを減少させます
  • 雑音プロファイルの適応推定または雑音のみに基づく推定
  • 入力周波数スペクトルとノイズプロファイルのグラフ表示
  • 周波数強調フィルタ
  • 可変勾配(-3〜-96dB /オクターブ)の高および低シェルフフィルタ
  • 調整可能な帯域幅(0.1〜3.0オクターブ)を備えた高ピークフィルタと低ピークフィルタ
  • 周波数応答のグラフ表示
  • 周波数応答曲線のハンドルによるフィルタ設定の編集
  • 残留信号モードでは、除去された信号を聞くことができます

DeHum (ハム音除去)

DeHumは、一般に電気機器の不十分な接地によって発生するハムとバズをターゲットにしていますが、電気モーターノイズのような他のトーンノイズ源も対象としています。

 

特徴:

希望信号の損失を最小限に抑えてハムとバズを除去
新規な正弦波再合成アルゴリズム(より大きな程度に所望の信号を保存する)または従来のノッチフィルタモード
適応モードでは、基本周波数が変動するハム信号を除去することができます
最大16の高調波を自動的に除去
オプションで、奇数高調波のみをターゲットにする
入力信号の高分解能スペクトル解析
推定された基本周波数および高調波の視覚的表示
残留信号モードでは、除去された信号を聞くことができます

 

 

DeClick(クリックなどの衝撃音を除去)

 

DeClickは、クリックやクラックルなどの衝動的なノイズを除去するように設計されています。

(これらの歪みは、LPおよび78RPM記録で頻繁に遭遇しますが、ドロップアウトまたはデータパケットの歪みによるデジタル記録でも生じます。)

 

特徴:

クリックとクラックルの検出と復元を個別に行う
クリック開始時間と所要時間を非常に正確に検出することで、求められる素材に与える影響を最小限に抑えます
非対称クリックの検出のためのデジタルドロップアウト検出モード(デジタルデータの短い断片の損失後の不連続性の典型的な結果)
内部処理で64ビット精度
2パスの高解像度補間アルゴリズムにより、クリック中の元の信号の非常に透明な推定が保証されます
視覚的なカーブメーターはクリック数とクラックル除去率を示します
残留信号モードでは、除去された信号を聞くことができます

 

 

DeClip(クリッピングにより歪んだオーディオを修復)

DeClipは、アナログまたはデジタルクリッピングによって歪んだオーディオレコーディングを復元します。

 

特徴:

アナログまたはデジタルのクリッピングによって歪んだピークを再現
個別に調整可能な上下のしきい値
オプションの上限および下限しきい値ロックにより、対称クリッピングの場合のワークフローが簡素化されます
入力レベルと出力レベルのヒストグラムをグラフィカルに表示することで、しきい値を簡単に設定し、復元プロセスを視覚的に監視することができます
上下のしきい値ハンドルをドラッグして、レベルヒストグラムから直接しきい値を調整することができます

  

* Acon Digital Restoration Suiteは、WindowsとOS Xの両方に対応。VSTまたはAAXとして、またはOS X用にAUプラグインとして、32ビットと64ビットのバージョンがあります。

  

     

    

備考  

少し長め(約10分)のレビュー動画

A look at Acon Digital's Restoration Suite

      

Audio Restoration Bundleは、ボーカルレコーディング時に発生するノイズや、ノイズがのったサンプル音源の修復、ハム音やクリック音の処理など、様々なケースに対応出来る高品質なオーディオ修復プラグインを(お手ごろ価格で)手に入れたい方にとって、これ以外ないほど価値の高いバンドルです。

iZotopeの(現在30ドルほどで手に入る)簡易版のオーディオ修復プラグイン「RX Elements」との比較だと、こちらの「Audio Restoration Bundle」に軍配が上がります。

 

カバー出来る範囲がこちらの方が広く、汎用性が高いからです。また各プラグインが個別に立ち上げられるのも良い点です。

なんなら、中位版のRX Standardと比べても良いかも知れません()。(結構いい勝負)

 

ただし、RXに装備されているような(iZotopeお得意の)機械学習によるアシスタントツール(リペアアシスタント)はついていません。(この機能が欲しい方は今のところ「iZotope RXシリーズ」以外の選択はありません。)

 実は、去年の夏に、この「Audio Restoration Bundle」と「iZotope RX Elements」のセットバンドルが、フラッシュセールで一瞬ですが99ドルで売られていたことがありました。

(自動化機能のリペアアシスタントを持つ「RX Elements」ですが、詳細なオーディオ修復機能は弱いのでお互いをカバーしあう良バンドルでした。)

  

   

Audio Restoration Bundleのセール情報 

1月31日までの短期フラッシュセールです。

通常価格:99.9ドル

特価セール価格:49.95ドル

  

   
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク