7/4(月)夕方までに終了するセールが多くなっています。

Audified『MixChecker』様々なリスナーの環境をシミュレートしミックスの手助けをしてくれる人気ツール

「MixChecker」と「MixChecker Pro」は、様々なリスナーの環境をシミュレートしてミックスの手助けをするツールです。

簡易版の「MixChecker」もセール対象ですが、Pro版の方が評価は高くセール頻度も少なめです。

スポンサーリンク

『MixChecker Pro』様々なリスナーの環境をシミュレートするツール

MixChecker Proは、音楽を聞く人たちの側に立って、その人たちのデバイスや環境をシミュレートするツールです。

ミックスが誰にとっても特別なものになるようにするための手助けをしてくれます。

視聴者のために作品をミックスする音楽製作者は、ミックスがあらゆる消費者のデバイスで素晴らしいサウンドになるようにしなければなりません。

MixChecker(簡易版)やこの(上位版の)MixChecker Proを使えば、この作業を素早く簡単に行えます。

膨大な新機能を搭載したMixCheckerとMixChecker Proは、リスナーの環境やデバイスを正確にシミュレートすることができます。

デモ動画

MixChecker Proの特徴

MixChecker Proは、通常版のMixChecker(通常価格:71ドル→セール特価:39ドル)の上位版です。プロ版と名が示す通り、より高度な機能が多数追加されています。

通常版のMixChecker
上位版のMixChecker Pro
  • 多くの追加の民生用デバイスのシミュレーション機能を搭載

  • デバイスのディストーション(歪み)をシミュレート

  • バックグラウンドノイズ

  • オートアドバンス機能を搭載

  • iOS、Android、ブラウザからのリモートコントロール

  • シンプルなユーザー・インターフェース

(上位版)MixChecker Proの新機能

インターフェースはオリジナルのMixCheckerと同じ優雅さと使いやすさを持っています。

  • 新しいシミュレーション:

    すべての特性が新たに測定され、処理エンジンは、より低いレイテンシーと位相の直線性を持つ全く異なるものになっています。内部に単純なインパルス・レスポンスはありません。


  • シミュレーションのセットを作成:

    選択したシミュレーションを任意の順番でMixCheckerボタンにドラッグします。選択したシミュレーションを複数のボタンセットに保存し、各ボタンのステレオベース幅とボリュームレベルを設定できます。


  • ボタンのカスタム設定とラベル付け機能:

    MixChecker ボタンには、いくつかの調整可能なパラメータがあります。同じシミュレートされたデバイスを複数のボタンにアサインすることもできます。それらを区別するために、各ボタンにカスタムラベルを配置することもできます。


  • ディストーション(歪み):

    Audified社は、スピーカーやアンプ、プリアンプ、その他の回路の歪みや飽和度(サチュレーション)を正確にモデリングする専門家です。この経験を活かして、MixChecker Proにこれらの歪みのモデリングを追加しました。


  • バックグラウンド・ノイズ:

    MixCheckerでは、音量を調整してオーディオのバックグラウンドを追加することができます。シミュレーションされたデバイスとの組み合わせは非常に洗練されています。電話のシミュレーションを選択すると、ヘッドフォンと耳を通るノイズの経路がシミュレートされるので、ヘッドフォンから再生されるミックスと、外からヘッドフォンを通ってくる鼻の音のリアルな組み合わせを聞くことができます。


  • オートアドバンス:

    シミュレーションを手動でブラウズする必要はありません。調整可能なオートアドバンス機能があなたのためにそれを行います。


  • 高度なステレオモード:

    シンプルなモノラルモードを除いて、MixCheckerはチャンネルスワップ機能を搭載しており、両モニターで各チャンネルを別々に聞くことができます。さらに、各シミュレーションでは、ステレオベースの幅を調整することができます。


  • ウェブブラウザ、iOSとAndroidのリモートコントロール:

    MixChecker Proには、Webブラウザ、携帯電話、タブレットコントロールが付属しています。最終的なミックスをチェックする際に、スタジオ内を歩き回ることができ、貴重な画面サイズを節約することができます。


  • それ以外にも多くの改良点があります。

    また、インターフェイスのズーム、キャリブレーションなど、より多くの改良が加えられています。

シミュレーションを強力にするサイエンス

通常版のMixCheckerには、デバイスの線形挙動のシミュレーションしか含まれていませんでした。

このプロ版では、非線形挙動のモデリングを追加しただけでなく、オリジナルの処理を完全に書き換え、周波数スペクトルのすべての部分で位相の直線性、低レイテンシー、より良い解像度を実現しました。

あなたのスタジオ

あなたの音楽、あなたのビデオ、ショーリール、ムービーなどが、スタジオを出たときに、なぜうまく聞こえないのか不思議に思ったことはありませんか?

それは、あなたが実際の人が使っているのと同じ機材を使っていないからです。また、オーディエンスと同じ環境や条件で聴いていないからです。

あなたのオーディエンス

MixChecker Proは、あなたのスタジオモニターを民生機器に変えます。

バックグラウンドノイズを追加し、実際のリスニング環境の歪みやステレオベースの狭さをシミュレートします。

新しいボタン設定

MixChecker Pro の魅力は、オリジナルの MixChecker と同様に簡単に使用できる一方で、非常に多くの新機能を備えていることです。

なぜでしょうか?

それは、新しい編集モードを提供しているからです。

編集モードでは、シミュレートされたデバイスを任意のデバイスボタンに割り当てたり、正確なデバイスの歪み量を設定したり、デバイスのボリュームと同様にステレオベース幅を調整したりすることができます。

シミュレートされたデバイスはカテゴリーごとに整理されているので、検索が非常に速く、直感的に行えます。

ボタンセットを保存すると、MixChecker Pro は編集モードを終了し、オリジナルの MixChecker と同様に作業を行うことができます。

新しいPro機能

新しいMixChecker Proのデフォルトビューには、プラグインGUIの下部に小さな調整パネルがあります。ここでは、バックグラウンドノイズの調整、モノラルボタンの設定、ディストーション・スレッショルドに達したかどうか分からない場合や、作業中にハードクリッピングが心配な場合には、2つのLEDインジケーターが表示されます。

シミュレートされているデバイスの一覧

このMixChecker Proでは多くのデバイスがシミュレートされています。

Studio:

  • Studio 4″ Vintage
  • Studio 5″ Modern
  • Studio 6″ Modern
  • Studio 7″ Vintage
  • Studio 5″ Vintage
  • Studio Cube

Live Sound / PA:

  • PA Disco Pool
  • PA Disco Stage
  • PA Cheap Satellite
  • PA Club Engineer
  • PA Club Near
  • PA Club Center
  • PA Cheap Full-Range

Computer Audio:

  • Desktop 2″ Black
  • Desktop 3″ Wooden
  • Desktop 3″ Red
  • Desktop 5″ Black
  • LCD Screen 24″

TV:

  • TV 24″
  • TV 37″
  • TV 22″
  • TV 32″

Laptop Speakers:

  • Laptop 12″ Grey
  • Laptop 13″ Silver
  • Laptop 15″ Black
  • Laptop 15″ Silver

Tablet:

  • Tablet 9″ Grey
  • Tablet 9″ Golden
  • Tablet 7″ Black

Smart Phone:

  • Phone 5″ Grey
  • Phone 4″ Black
  • Phone 5″ Silver
  • Phone 5″ White

In-Ear Headphones:

  • Earplugs White
  • Earplugs Black
  • Earplugs Grey
  • Earplugs Iso Black

On-Ear Headphones:

  • Studio 30mm Silver
  • Studio 40mm Black
  • DJ 40mm Black
  • DJ 40mm Red
  • DJ 50mm Red

シミュレーションされた環境

シミュレートされた環境もまた美しいです。

  • エクステリアストリート1
  • エクステリアストリート2
  • エクステリアパーク1
  • エクステリアパーク2
  • エクステリアの遊び場
  • エクステリアステーション1
  • エクステリアステーション2
  • エクステリア地下鉄
  • インテリアバー
  • インテリアバス1
  • インテリアバス2
  • インテリアカー1
  • インテリアカー2
  • インテリアモール

このツールをどのようにして作ったのか?

私たちAudifiedは、信頼できる真のモデルを作成するために、実験室の条件ですべてのデバイスの周波数応答と挙動を測定するのに数週間を費やしてきました。

リスナーが完璧なチューンを聞くのを邪魔する可能性のある全てのバックグラウンド・サウンドを正確に定義しました。

さらに多くの機能を備えたMixChecker Proは、あなたのミックスをダブルチェックし、あなたのサウンドをマスターリーにするための最高のプラグインです。

システム要件

Mac

  • macOS 10.11-macOS 12 Monterey(Intel / M1 Appleシリコンをサポート)(64ビットのみ)

フォーマット

  • AAX for Pro Tools (64ビット)
  • AU (64ビット)
  • VST2 (64ビット)
  • VST3 (64ビット)

Windows

Windows 7 – Windows 11

フォーマット

  • AAX for Pro Tools (32/64ビット)
  • VST2 (32/64ビット)
  • VST3 (32/64ビット)

*MixChecker ProはiLokで保護されています – USBハードウェア・キーは必要ありません。iLok.comで入手可能な無料のiLokアカウント/ライセンス・マネージャーのみが必要です。
このソフトウェアのMac版は64ビットフォーマットでのみ利用可能で、32ビットシステムでは機能しません。

MixChecker Pro版のセール情報

通常価格: 130ドル

セール特価:99ドル

*主なセール価格の推移:

  • 2020年12月:130ドル→104ドル
  • 2021年11月:145ドル→58ドル
  • 2021年12月:145ドル→65ドル
  • 2022年2月:130ドル→69ドル
  • 2022年6月:130ドル→69ドル

アップグレード

*標準版のMixCheckerから上記の上位版「MixChecker Pro」へのアップグレード。

通常価格: 59ドル

セール特価:30ドル(50%OFF)

*主なセール価格の推移:

  • 2020年12月:72ドル→29ドル
  • 2022年2月:72ドル→30ドル

簡易版『MixChecker』

MixCheckerは様々なリスニング環境をシミュレートする便利ツールです。

上記のPro版より機能は絞られた簡易版的な製品です。

(スタジオモニターやヘッドホン、スマホ、カーステレオ、ノートパソコンなどの試聴環境の違いで自分の曲がどのように聞こえるのかを確認できるツールです。)

紹介動画(1:26):

デモ動画(3:32・自動翻訳の日本語字幕可能):

レビュー動画 (6:24・自動翻訳の日本語字幕可能):

『MixChecker』の詳細

「MixChecker」を用いれば、あなたのスタジオモニターをクラシックなリファレンスモニターにしたり、あるいはいくつかの民生用デバイスに変え、リスナーの環境を聞くことができます。

視聴者向けの音楽コンテンツをミックスする人は皆、自分のミックスがどんな環境でも素晴らしいサウンドであることを確認する必要があります。

究極のミキシング・アシスタント「MixChecker」は、より良いミックスを即座に得るための手助けをしてくれます。

「MixChecker」はあなたの貴重な時間を節約してくれます。

リスニング・チェーンの最後のセグメントとしてプロジェクトのマスター・トラックに接続し、スタジオ・モニターをクラシックなリファレンス・モニターやいくつかの民生用デバイスに素早く変えることができます。

音楽、ビデオ、ショーウィンドウ、映画など、スタジオを離れるとなぜ音が悪くなるのか不思議に思ったことはありませんか?

素晴らしいスタジオモニターが提供するパンチと明瞭さが失われてしまうのはなぜでしょうか?

それは、あなたが実際の人々が使用するのと同じ機器を使用していないためです。

視聴者に最高のクオリティを提供するためには、できるだけ頻繁にミックスをチェックする必要があります。

そのために私たちはMixCheckerを作りました。なぜなら、あなたが人々のためにミックスしていることを私たちは知っているからです。

主な機能

  • 平均的/標準的な民生用機器のシミュレーション


  • 小型モニターへの補正


  • 聴衆が聞くであろう音を聞くことができます


  • 即座に確認、即座に修正


  • 余分なエクスポートが不要に


  • 膨大な時間の節約

MixCheckerについて

あなたがコンテンツをミキシングしている消費者は、ハイエンドのスタジオモニターを使いません。

彼らはテレビを見たり、車の中で音楽を聴いたりします。デスクトップスピーカーやタブレット、スマートフォン、イヤホンを使うこともあります。視聴者がどんな劣悪な環境で使用しても、あなたのミックスは素晴らしいサウンドである必要があります。

あなたのスタジオ

あなたの音楽、ビデオ、ショーパン、映画などが、スタジオから移動すると、なぜうまく聞こえないのか、不思議に思ったことはありませんか?素晴らしいスタジオモニターがもたらすパンチと透明感が失われてしまうのはなぜでしょうか?それは、あなたが実際の人々が使っているのと同じ機器を使っていないからです。

あなたのオーディエンス

あなたの観客、聴衆に最高のクオリティを提供するためには、できるだけ頻繁にミックスをチェックする必要があります。

そのために私たちはMixCheckerを作りました。

リスニング・チェーンの最後のセグメントとしてプロジェクトのマスタートラックに接続すれば、スタジオ・モニターをクラシックなリファレンス・モニターやいくつかの民生用デバイスに素早く変えることができます。

もう余分なエクスポートは必要ありません

これまで、ミックスをどのデバイスでも正しく聴けるようにするためには、音をエクスポートして様々な条件で聴く必要がありました。

スマートフォンにミックスを取り込み、CDに焼いて車の中で聴き、スタジオに戻って少し調整し、また書き出す…。

このように、MixCheckerを使えば、数秒で終わるクイックラウンドテストを実行することができます。

そして、ミックスの問題点を把握したまま、ミキシングと修正に戻ることができます。

機能概要

MixCheckerの機能は、2つのセクションに分かれています。

シミュレーションでは、いくつかの民生用機器とクラシックなリファレンス・モニターの音響モデルを提供します。

ボタンを 1 つ押すだけで、お使いのモニターが選択されたデバイスに変わります。

すべてのスタジオモニターがフラットな周波数特性を提供するわけではありません。

そのため、補正セクションも追加しました。

これは、平均的な 5 インチまたは 8 インチのスピーカーまたはヘッドホンを使用していることを MixChecker に伝えるためのものです。

これによって、結果として得られる音もそれに応じて変化します。

Bypass ボタンは、すべてのプロセッシングをオフにします。点灯しているときは、クリーンな信号のみがMixCheckerを通過します。

MixCheckerの開発過程

MixCheckerに掲載されているすべてのデバイスの周波数応答と挙動を実験室環境で測定し、あなたが信頼できる真の忠実なモデルを作成しました。

MixChecker(通常版)のセール情報

通常価格:71ドル

*主なセール価格の推移:

  • 2020年12月:72ドル→56ドル
  • 2021年8月:71ドル→56ドル
  • 2021年11-12月:71ドル→35ドル
  • 2022年2月:71ドル→39ドル
  • 2022年6月:71ドル→39ドル