AudioThing『Megaphone』雄叫び&拡声器をエミュレートするFXプラグイン

Megaphoneは、その名の通り「メガホン(拡声器/拡声器/ラウドスピーカー)」の効果をエミュレートするプラグインです。 「拡声器によって演奏されているかのような音」を簡単に作ることが出来ます。

現在セールになっています(19ドル→9ドル

2022年4月11日:『AudioThing Anniversary Sale』の開始でセール期間が延長しています。

*セールは日本時間の5/1(日)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

『Megaphone』

Megaphoneは、ブルホーン/ラウドスピーカーをエミュレートするプラグイン(VST、AU、AAX)です。

(2つのラウドスピーカー・エミュレーション、フィードバック・コントロール、ノイズ・セクションを備えています。)

Megaphoneを通すと、どんなオーディオソースでも、まるで雄たけびをあげているようなサウンドに変化させることができます。

デモ動画 (2:29):

紹介動画(6:27・自動翻訳の日本語字幕可能):

『Megaphone』について

ブルホーン/拡声器エミュレーション

「Megaphone」(メガホン)は、雄叫び/拡声器エフェクトをエミュレートするプラグインです。

2つの拡声器エミュレーション、フィードバック(スラップバック)コントロール、ノイズセクションを備えています。

この「Megaphone」を使用することで、あらゆるオーディオソースを、あたかも雄叫びで演奏しているかのように聴かせることができます。

フィードバック・セクション

フィードバックセクションは、基本的にスラップバックのエフェクトです。

「Megaphone」を使用する場合、ラウドスピーカーの出力を入力マイクで再び捕らえ、遅延/反射と通常のフィードバック音(これらはハイゲインソースと50%以上のフィードバック量でトリガーされます)を導入することが可能です。

ノイズ
  • 「 Megaphone Noise」は、Trigger ボタンで有効にすることができます。ノイズは2種類あります。ボタンとバーストです。Sourceパラメータで、2つのノイズのミックスバランスを調整できます。


  • ボタンノイズは、メガホンボタンをクリックしてそのマイクを有効にしたときのノイズです。


  • バーストは、ラウドスピーカーの典型的なバックグラウンドノイズです。


  • エンベロープが有効な場合、バーストノイズは入力信号のトランジェントに追従します。

Megaphoneの機能

  • 2つのスピーカー・エミュレーション


  • オーバードライブ+帯域コントロール


  • フィードバック/スラップバック


  • ランダマイザー付きプリセットシステム


  • フォーマット VST、AU、AAX(64ビットのみ)


  • プラットフォーム OSX, Windows

2019/11/29:新バージョン1.5.1 Changelog

  • 追加:macOS 10.15 Catalina対応

  • 追加: パラメータロック

  • ノブの値編集オプションの追加

  • 追加:通知システム

  • 改善されました。CPUとメモリ使用量

  • 修正しました。一部のプリセットでDSPが正しく更新されない不具合

  • 修正しました。複数のプラグインを終了した際のグラフィックに関するマイナーな問題

システム要件

Mac:

  • OS X 10.9 – macOS 12(64ビットのみ)
  • 2GHz CPU、4GB RAM
  • VST2、VST3、AU、またはAAX(64ビット)
  • ユニバーサル2バイナリ

Windows:

  • Windows 7、8、10(64ビットのみ)
  • Intel Core2DuoまたはAMDAthlon64 X2、4 GB RAM
  • VST2、VST3、またはAAX(64ビットホストが必要)

  • 注意:このソフトウェアは64ビット互換のみであり、32ビットシステムでは機能しません。

メーカーページリンク

セール情報

通常価格:19ドル

セール特価:9ドル(52%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2019年3月:19ドル→9.95ドル