Auto-Inspire Bundle(SCLER 2 & PLAYBEAT 2)作曲&ビート制作支援ツール2製品バンドル:リリースセール

本日v2がリリースされた作曲支援ツール「SCALER 2」と、同じくV2がリリースされたばかりの「PLAYBEAT 2」(ビートとパターンを自動生成してくれる音楽制作支援ツール)、2製品をセットにしたバンドル『Auto-Inspire Bundle』がリリースセールになって登場しています。

両方の製品を既にご存知の方は、Auto-Inspire Bundleのセール情報を見てみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『Playbeat』最新音楽制作支援ツール

(再掲)

PLAYBEAT by Audiomodern

Playbeat:クリエイティブ・グルーブ・ランダマイザー

Playbeatは、ビートとパターンをインテリジェントに生成してくれるプラグインです。

Audiomodernは、Playbeatのことを『クリエイティブ・グルーブ・ランダマイザー』と呼んでいます。

(Audiomodernといえば、人気のプラグイン:スマートMIDIシーケンサー『Riffer』の開発元ですね。)

MIDIパターンを自動で生成してくれる『Riffer』も、この(ビート&パターン自動生成機の)『Playbeat』も、音楽家のクリエイティビティをヘルプしてくれる、ある意味かなりのチートツールです。

Audiomodern『 Playbeat』とは?

Audiomodern『 Playbeat』は、ビートとパターンを生成する『Creative Groove Randomizer』プラグインです。

通常のステップシーケンサーとは異なり、Playbeatは「アルゴリズム」や「ランダムな手順」を使用してパターンを作成します。

そして、ステップ、ピッチ、ボリュームなどを組み合わせてノートを生成します。

パターン作成へのユニークなアプローチにより、エキサイティングな新しいグルーブ、リズム、ビートを見つけることができます。

グルーブを作成する新しい方法は、音楽とサウンドデザインの新境地を開くのに役立ちます インテリジェントでリアクティブ。 無限に変化し、無限に興味深いサウンドを生成できます。

ユーザー自身のサウンドをドラッグ&ドロップできる

独自のサウンドをロードまたは 「Playbeat」にドラッグアンドドロップすることで、最大4つのパターンを同時に生成してポリリズムを取得できます。

パターン作成へのユニークなアプローチにより、エキサイティングな新しいグルーブ、リズム、ビートを見つけることができます。

Playbeatのデモ動画

Audiomodern Playbeat Walkthrough
Audiomodern Playbeat groove plugin – Playthrough
PLAYBEAT by Audiomodern – Walkthrough
Audiomodern PLAYBEAT | Review / Overview

Playbeatの特徴

  • VST / VST3 / AU / AAX / iOSおよびスタンドアロン
  • ランダムグルーブの生成
  • ホストテンポへの同期
  • 各チャンネルの無限モード
  • 生成されるノートの数
  • 高度な確率エンジン
  • サンプルのロードまたはドラッグ-n-ドロップ
  • MIDI制御可能
  • x64の&x32のビット互換性
  • クイックロードプリセットセクション
  • クオンタイズ設定
  • チャネルへのクイックコピー
  • カスタマイズ可能なシーケンス範囲
  • クイックロードセクションに割り当てるプリセット
  • 2つのパターンが同じになることはありません
  • Playbeatと同じことができるプラグインはPlaybeat しかありません

メーカーページリンク:

Playbeat | The Creative Groove Randomizer | Audiomodern™
A Creative Groove Randomizer plugin that generates unique beats and patterns for you. Available as VST, VST3, AU, AAX Plugin for Windows, MAC & iOS.

Playbeat V2.0(メジャーバージョンアップ)

PLAYBEAT v2.0 by Audiomodern

Audiomodern『PLAYBEAT』バージョン2.0の新機能

  • 複雑なパターンのための新しい密度機能

  • ニューパン機能

  • 新シーケンサセレクター(16/32ステップ)

  • MIDIファイルの保存/エクスポート/共有

  • AES Dana、Arovaneなどの新ファクトリーサウンド

  • UIの更新、様々なパフォーマンスの向上など

ビートとパターンを生成するCreative Groove Randomizerプラグイン『PLAYBEAT v2.0』

Playbeatは、通常のステップシーケンサーとは異なり、ステップ、ピッチ、ボリュームなどを組み合わせて音符を生成するアルゴリズムとランダムな手順でパターンを作成します。

パターンを作成するための独創的なアプローチにより、エキサイティングな新しいグルーブ、リズム、ビートを見つけることができます。

このPlaybeatが持っている「グルーブを作成する新しい方法」は、音楽やサウンドデザインの新境地を切り開くのに役立ちます。

それは知的で反応性があり、そして、無無限に変化し、無限に面白いサウンドを作り出すことができます。

ソース

PlayBeatのシステム要件

  • Mac OS X 10.12以上
  • Windows 7
  • 50 MB以上の空きドライブ容量
  • ダウンロード配信および製品アクティベーション用の信頼性の高いインターネット接続
  • が必要です
  • 一つのシリアルコードごとに3台のコンピューターでライセンス認証が可能

Playbeat 2:単独のセールやっています

*2020年5月21日:セールきました。(バージョン2リリース記念セール)

通常価格:49ドル

V2発売記念価格:39ドル

『Scaler 2』作曲家に力を与える作曲支援ツール

(再掲)

英国のPluginBoutiqe社が開発している非常に強力な作曲支援ツール『Scaler』。

Scalerは、コードと進行を直感的で楽しいものにしてくれる強力な作曲支援ツールです。

新しくリリースされたばかりのバージョン2では、オーディオ検出、エクスプレッション、MIDIキャプチャ、編集モード、高度なモジュレーションモードなどのグッとくる新機能が追加されています。

Scaler 2 – Empower the Composer Within

⬆️

この動画を含め今回紹介している動画は(機械翻訳ですが)全て日本語字幕を表示できます。

(上記のYoutube動画内、右側の歯車マークをクリック。そして、字幕の中から自動翻訳の日本語を選択し、歯車マークの左隣の白い四角の字幕モードボタンの下端を赤く点灯させると日本語字幕が表示されます。)

Scaler 2のベーシックな紹介動画(2分35秒):

Scaler 2 – In Under 3 Minutes

Scaler 2の概要

Scaler 2は、インスピレーションに満ちたパワフルな音楽理論ワークステーションです。

新しいアイデアや表現やメロディーの世界にアクセスでききます。

MIDIとオーディオのパワフルな検出機能を備えたScaler 2は、あなたがどのキーとスケールにいるのかを判断し、あなたの音楽にマッチするコードを提案します。

このプラグインは、演奏表現を使って完璧なメロディを発見するのに役立ち、あるキーから別のキーへの変更方法を提案することもできます。

Scaler 2を使えば、コードや進行を直感的に楽しく見つけることができます。包括的でありながら使いやすいツールボックスなので、誰でもより良い音楽を作ることができます。

*アップグレード・ノート: Scaler 1のユーザーには、Scaler 2のアップグレードが用意されています。

Scaler 2の効能

  • あなたの音楽のキーを発見し、新しいスケールとコードセットを探索できます

  • 数百のキーから選択し、シーケンサーで素早く進行を構築

  • Carl Cox、MJ Cole、The Temper Trap、Mitekiss、CeCe Rogers、Mike Huckabyなどの200以上のアーティストのコードセットを収録しています

  • Chill、Drum & Bass、Jazz、Cinematic、EDM、Progressiveなどの200以上のジャンルとムードに基づいたコードセットを収録

  • コード・バリエーションをブラウズして、サスペンド・コード、エクステンデッド・コード、ドミナント・セブンス、ジャズ・コードを取得できます

  • アルペジオやストラムの機能を使ってリアルタイムで演奏し、DAWと同期させることができます

  • コードの代用法を見つけて、進行に変化を与えることができます

  • コードのボイシングを変えて、鍵盤に音を広げる実験をしてみましょう

  • ドラッグ&ドロップするだけでDAWにMIDIをエクスポート可能

  • 任意のVST/AUインストゥルメントをScaler 2にアサインして、お気に入りのシンセをコントロールすることができます

  • Scaler 2のBind MIDI機能を使って、1本指のコードやメロディを演奏したり録音したりすることができます

バージョン2の新機能

  • 200以上の新しいコードセット、数百の新しいスケール、30の新しい楽器で一から再設計されています

  • プロのミュージシャンによる200以上のフレーズ、演奏、リズムでメロディックな表現を奏でます

  • オーディオ検出とMIDI検出で音階を確立します

  • Keys Lockは、キーをコードにロックすることで、感情的なメロディーを作成するのに役立ちます

  • MIDI Captureでは、Scaler 2の内部で演奏し、その結果をMIDIとしてエクスポートすることができます

  • モジュレーションの提案は、音楽的な目的地に到達するための新しい方法を提供します

  • ヒューマライズ機能で、より自然なメロディーと表現を手に入れることが可能です

  • パターンのコードごとに長さ、反転、オクターブなどを調整できるエディットモード

  • パッドビューでは、複数のパターンを並べてキーを切り替えることができます

  • DAWのシンクプレイバックに合わせて新しいプログレッションをオーディション

  • ボイスグルーピングでは、コードを一定の範囲内に収めることができ、音声をリードすることができます

  • コード編集・移動ツールには、投げ縄、ドラッグ&ドロップ、置換、挿入などの各ツールが用意されています

開発者の一人:Davide Carboneさんによる解説動画全3巻

新着:Scaler 2の全容解説動画(15分41秒):

Scaler 2 – Complete Overview

より深いチュートリアルと紹介動画 その1(23分):

このチュートリアルでは、Saclerのクリエイターの一人であるDavide Carbone氏が、Scaler 2のユニークな機能セットを案内し、新しいページを紹介してくれます。このビデオは、すべてのScalerユーザーやScaler 2を初めて使う人にとって、出発点として最適なものです。

Scaler 2 Plugin Tutorial & In Depth Overview

より深いチュートリアルと紹介動画 その2(28分):

以下のビデオでは、同じくDavide Carbone氏がScaler 2を使って、和音、変拍子、ベースライン、メロディ、リードラインを生成して、トラック全体のハーモニックとメロディックなコンテンツを作成します。

彼は、インストゥルメントとして、また、様々なサードパートのオーディオインストゥルメントをトリガーするためのMIDIエフェクトとして、Scaler 2のの使い方を実演しています。

また、新しいキーロック機能を使ってメロディを作成しています。

このビデオでは、トラック全体に渡ってScalerがどのように使用されているか、典型的なワークフローを紹介しています。

Scaler 2 Workflow | Writing an Entire Track

Scaler 2の特徴

検出機能

Scaler 2は、入力されたMIDIやオーディオデータを聞き、あなたの音楽のキーを検出することができます。

その後、あなたの曲に合うコードやコード進行を提案してくれます。Scaler 2はDAWのバーチャルインストゥルメントにMIDIを送るように設計されていますが、30種類のオンボードサウンドも用意されています。

コードセット

Scaler 2には、200以上の曲やジャンルベースのコードセットと200以上のアーティストコードセットが搭載されています。この機能のおかげで新しい進行やメロディを刺激してくれます。

シーケンサーに必要なコードをドラッグするだけで、あなただけのパターンを構築することができます。

探索

Scaler 2は、ボイシング、コード拡張、特定のコードのバリエーションの負荷を使用して、あなたの曲のすべてのステップで完璧な感覚を選択するのに役立ち、あなたのコード進行に適合する代替コードを探索してくれます。

MIDI キャプチャ

新しいオーディオ検出技術により、既存のオーディオソースからコードやスケールを検出して分析することができます。

MIDI Captureを使えば、Scaler 2の出力を録音して、キーやコードをクリックしているときでも、プログレッションを演奏しているときでも、結果として得られたMIDIをプラグインの外部にドラッグすることができます。

キーロック

キーをコードにロックして、MIDIコントローラー上で直感的に動き回ることで複雑なメロディを作成できます。

ベロシティやタイミングのバリエーションを導入することで、Scaler 2の演奏を人間味あふれるものに。

ボイス・グループ化機能を使えば、特定のオクターブ内での再生を制限したり、オープン・ボイシングを使ってノートを自動的に反転させることができます。

編集

Edit Modeでは、コードごとにデュレーション、オクターブ、インバージョンなどのパラメーターを設定でき、右クリックでコードを編集することができます。

DAWシンクは、コードパターンをDAWのプレイバックにリンクするので、DAWプロジェクトと一緒に新しい進行を試聴したり、既存のコードパターンを変更したりすることが簡単にできます。

パッドビューでは、より高いレベルでコードや全体の進行を動かしながら、全体のアレンジを簡単に構築できます。

変調

Scaler 2は、現在のキーと目的地の間の移動のためのモジュレーション・サジェスチョンを作成します。

サジェスチョンの大部分はプロのミュージシャンから供給されており、いくつかはアルゴリズム的に生成されます。

パフォーマンス

本物のピアニストやミュージシャンによって作成されたパフォーミング、フレーズ、リズムを使って、Scaler 2はコードやアルペジオを作成するだけでなく、メロディーも作ることができます。

200以上のエクスプレッションを使って、スケールやコードの音符にロックすることができるリフやメロディを試してみましょう。

Scaler 2のシステム要件

Mac

  • OS X 10.8以降
  • 64ビット対応のみ

フォーマット

  • AAX
  • オーディオユニット(AU)
  • VST2
  • VST3

Windows

  • Windows7以降
  • 64ビット対応のみ

フォーマット

  • AAX
  • VST2
  • VST3

Scaler2の互換性

Mac

  • Cubase 9.5 – OK
  • ProTools 12.8 – OK
  • FL Studio 12 – OK (VST、VST3ではない)
  • FL Studio 20 – OK (VST2からのみMIDIルーティング可能)
  • Studio One 3 – OK
  • Studio One4 – OK
  • Ableton Live 9 – OK
  • Ableton Live 10 – OK
  • Logic Pro X – OK
  • Reaper – OK
  • Bitwig Studio 2 – OK
  • Maschine 2 – OK (単独ではMIDIルーティング不可。MIDIルーティングにはBlue Cat Audio Patchworkを使用してください。)
  • Reason – OK(単独ではMIDIルーティング不可。MIDIルーティングにはBlue Cat Audio Patchworkを使用してください。)

Windows

  • FLStudio 12 – OK
  • FL Studio 20 – OK (VST2からのみMIDIルーティング可能)
  • Cubase 9.5 – OK
  • ProTools 12.8 – OK
  • Studio One 3 – OK
  • Studio One 4 – OK
  • Ableton Live 9 – OK
  • Ableton Live 10 – OK
  • Reaper – OK
  • Bitwig Studio 2 – OK
  • Maschine 2 – OK(単独ではMIDIルーティング不可。MIDIルーティングにはBlue Cat Audio Patchworkを使用してください。)
  • Reason – OK(単独ではMIDIルーティング不可。MIDIルーティングにはBlue Cat Audio Patchworkを使用してください。)

注意:Scaler 2は64ビットのみに対応しています。

Scaler 2:単独のセールもやっています

通常価格:59ドルセール特価:49ドル

Scaler 1からのアップグレード

通常価格:29ドルセール特価:19ドル

Auto-Inspire Bundleのセール情報

通常価格:108ドル

セール特価:89ドル

現在、SCALER 2とPLAYBEAT 2は共にリリースセール中なので、単体購入でも割引価格になっています

両方を単体購入で個別に買うと、49ドル+39ドルで、88ドルです。したがって、このバンドルを買うより両方個別で購入した方が1ドル安くなりますね。。

値付けがおかしいような。。私の勘違いかな?