Boz『Big Clipper』ミックスに自然なまとまり感を与えたりサウンドを大きくできるリミッター&クリッパー・プラグイン

Boz Digital Labsの『Big Clipper』がセールになっています。

2020年11月のブラックフライデーと同条件の80%OFF(149ドル→29ドル)。

Big Clipperは、クリッパー(リミッター系)プラグインです。

可変クリッピングアルゴリズムとリミッターを組み合わせたツールです。ピークをコントロールしてラウドネスを透過的に増加させる機能を備えています。

これにより、トラックのサウンドをより大きくしたり、コンプレッションやリバーブのサウンドをより自然にしたり、ミックス全体をよりまとまりのあるものにすることができます。

*セールは9月1日(水曜日)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

Big Clipper:四つのモードを搭載したリミッター&クリッパー・プラグイン

Big Clipperは、ミックス全体にまとまりを与えたり、ベース音などにガツンとしたディストーションを与えてたりできるプラグインですです。

また、リミッターとクリッパーの4つの異なる方法(2つのクロスオーバーモード、ブレンドモード、シリアル・モード)で、クリッピングのフレイバーを簡単にブレンドすることが出来ます。

ビッグクリッパーを使用して低音に力強い歪みを加える方法(3分):

Boz Digital Big Clipper – 各モードのサウンドの変わり方の違い(2分):

Big Clipperについて

クリッピングは、トラックのピークを透過的にコントロールするのに最適な方法です。

クリッピングを行うと、コンプレッサーやリバーブのサウンドがより自然になり、ミックスに全体的なまとまりを与えることができます。

しかし、クリッパーには1つの重大な問題があります。

それは、クリッパーを強くプッシュしすぎると、サウンドがバラバラになってしまうということです。

凝集力を加えることと、歪んだ混乱した音に分解することの間には、非常に細い線引きがあります。

このBig Clipperは、サウンドをバラバラにせずに強くプッシュすることが可能です。

微妙なクリッピングが必要な場合でも、ヘビーなオーバードライブが必要な場合でも、Big Clipperはそれを簡単に処理してくれます。

これって、クリッパーなの?リミッターなの?

その両方です。そして、それらをどのように組み合わせるかをコントロールできます。

Big Clipperでは、リミッターとクリッパーを4種類の方法(2つのクロスオーバー・モード、ブレンド・モード、シリアル・モード)でブレンドすることができ、あらゆる種類のクリッピング・フレーバーに素早くアクセスすることができます。

フリークエンシーセンシビリティコントロール(周波数感度の操作機能)

Big Clipperは非常に強力な周波数コントロールセットを備えています。

見た目は EQ のように見えますが、単純なEQではなく、クリッパーの周波数に対する感度を調整します。

ローエンドの歪みを抑えたい場合は、ローエンドの感度を下げればよいのです。

Big Clipperの特徴

  • ハイブリッドクリッパー/リミッター

  • 4つのブレンドモード

  • フリークエンシーセンシビリティ・コントロール

システム要件

Mac

フォーマット

  • AAX
  • AU
  • RTAS
  • VST
  • VST3

Windows

フォーマット

  • AAX
  • RTAS
  • VST
  • VST3

参考ページリンク:

https://gearspace.com/board/product-alerts-older-than-2-months/1210071-boz-big-clipper.html

セール情報

通常価格: 149ドル

セール特価: 29ドル(80%OFF)

主なセール価格の推移:

  • 2020年11月:149ドル→29ドル
  • 2020年4月:149ドル→29ドル