【80%OFF】Boz Digital Labs『Big Clipper』四つのモードを搭載したリミッター&クリッパー・プラグイン

Boz Digital Labsの『Big Clipper』がセールになっています。

2020年11月のブラックフライデーと同条件の80%OFF(149ドル→29ドル)。

Big Clipperは、クリッパー(リミッター系)プラグインです。

プッシュプルとリミッター・クリップブレンド以外に、クリッパーが反応する周波数を変更できるEQを搭載しています。

スポンサーリンク

Big Clipper

Big Clipperは、ベース音などにガツンとしたディストーションを与えてくれるツールです。

また、リミッターとクリッパーの4つの異なる方法(2つのクロスオーバーモード、ブレンドモード、シリアル・モード)で、クリッピングのフレイバーを簡単にブレンドすることが出来ます。

ビッグクリッパーを使用して低音に力強い歪みを加える方法(3分):

Using Big Clipper as a Bass Driver

Boz Digital Big Clipper – 各モードのサウンドの変わり方の違い(2分):

Boz Digital Big Clipper – 其々のモードでの音の変わり方の違い

Big Clipperについて

クリッピングは、トラックのピークを透過的にコントロールするのに最適な方法です。

クリッピングを行うと、コンプレッサーやリバーブのサウンドがより自然になり、ミックスに全体的なまとまりを与えることができます。

しかし、クリッパーには1つの重大な問題があります。

それは、クリッパーを強くプッシュしすぎると、サウンドがバラバラになってしまうということです。

凝集力を加えることと、歪んだ混乱した音に分解することの間には、非常に細い線引きがあります。

このBig Clipperは、サウンドをバラバラにせずに強くプッシュすることが可能です。

微妙なクリッピングが必要な場合でも、ヘビーなオーバードライブが必要な場合でも、Big Clipperはそれを簡単に処理してくれます。

これって、クリッパーなの?リミッターなの?

その両方です。そして、それらをどのように組み合わせるかをコントロールできます。

Big Clipperでは、リミッターとクリッパーを4種類の方法(2つのクロスオーバー・モード、ブレンド・モード、シリアル・モード)でブレンドすることができ、あらゆる種類のクリッピング・フレーバーに素早くアクセスすることができます。

フリークエンシーセンシビリティコントロール(周波数感度の操作機能)

Big Clipperは非常に強力な周波数コントロールセットを備えています。

見た目は EQ のように見えますが、単純なEQではなく、クリッパーの周波数に対する感度を調整します。

ローエンドの歪みを抑えたい場合は、ローエンドの感度を下げればよいのです。

Big Clipperの特徴

  • ハイブリッドクリッパー/リミッター

  • 4つのブレンドモード

  • フリークエンシーセンシビリティ・コントロール
Big Clipper – Boz Digital Labs

システム要件

Mac

フォーマット

  • AAX
  • AU
  • RTAS
  • VST
  • VST3

Windows

フォーマット

  • AAX
  • RTAS
  • VST
  • VST3

参考ページリンク:

Boz Big Clipper - Gearspace.com
Trying this out now on a heavy/sludgy post-metal kinda record. Kicks all sorts of ass on kick and especially snare. Wow. Big Clipper | Boz Digital Labs

セール情報

通常価格: 149ドル

セール特価: 29ドル(80%OFF)