denise『Noize 2』トラック強化&味付け用ノイズジェネレーター

deniseのシンプルなノイズ生成エフェクトプラグイン『Noize2』が久しぶりのセールになっています。

*セールは10月27日(火曜日)18時までの予定です。

スポンサーリンク

『Noize 2』ノイズ生成プラグイン

Noizeとは

deniseはノイズジェネレーター(ノイズ生成)プラグインです。

プロフェッショナルな音楽制作者のための「トラック強化」&「味付け」用の秘密武器。

たとえば、デジタルサンプルとシンセのサウンドをより自然にしたり、ベースシンセ、リードなどにガッツとパワーを追加したり、ドラムにキャラクターとサステインを追加したりすることができます。

Noiseは、さまざまな方法で使用できます。

たとえば、、

  • デジタルサンプルやシンセよりナチュラルすることができます。

  • ドラム、ビート、パーカッシブな要素にキャラクターとサステインを加えます。

  • ベースシンセ、リード、パスにグリットとパワーを追加。

  • ボーカル録音をヴィンテージ風にする。

  • 「ビルドアップ」セクションまたはライザーに積極的なレイヤーを追加する。

紹介動画(1分38秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

紹介動画(1分35秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

新しいバージョン「Noize 2」のチュートリアル(3分57秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

機能解説動画(6分12秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(6分11秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

Noize 2を使用してキックドラムとスネアドラムのアタックの向上させる方法。

『Noize 2』の詳細

Noizeとは?

deniseの2018年プラグインコンテストで優勝したスウェーデンのプロデューサーJamie Boyle氏。

彼のアイデアをもとに、deniseはノイズ生成を次のレベルに引き上げる適応型ノイズ生成プラグインを作成しました。

ノイズは、多くのプロのプロデューサーがトラックを強化したり、味付けしたりするために使用する秘密兵器です。

例えば、デジタルサンプルやシンセの音をより自然にしたり、ベースシンセやリード、パスにグリットやパワーを加えたり、ドラムやビートにキャラクターやサスティーンを加えたりします。

この製品は大成功を収め、約1年後、多くのユーザーやフィードバックを得て、deniseはNoize 2.0を発表しました。

Noize 2について

V1から刷新されたNoize 2は、3つの新しいノイズタイプと、独自のノイズプロファイルをロードおよび編集するオプション備わっています。

これは、ユーザーコミュニティから頻繁に要求されていた機能です。

Deniseが実際にこのプラグインをテストした時、予想よりもさらに創造的で多用途にになることがわかりました。

例えば、ドラムとリズミカルなシンセで、リバースボーカルサンプルを使用すると、素晴らしいエフェクトになります。

そしてこのニューバージョンの「Noize 2」では、3つの新しいノイズタイプと、独自のノイズプロファイルを読み込んで編集するためのオプションが導入されています。

特徴

  • トラックの音量に応じたノイズをリアルタイムで生成するためのスイッチを搭載。

  • 独自のノイズサンプルを読み込んで編集します。

  • 8種類のノイズから選択して、追加のフィルタリングを適用します。

  • 元のオーディオをミュートしてノイズ信号を隔離し、追加の効果を適用します。

  • 立ち上がり時間と立ち下がり時間を調整して、ノイズの動作を最適化します。

  • Noize:Bite and Space Invaderを補完する追加のプラグイン。

  • 低いCPU負荷

Noize 2の使用方法

アダプティブ・ノイズを使ってトラックを強化する方法はたくさんあります。

Noize 2.0を使って、タイトなベースラインにパワーとアグレッシブさを加えたり、パッドやリードシンセ、パーカッションのループにアナログフレーバーを加えたり、ビンテージサウンドのボーカルパートを作ったり、ミックス内のあらゆる要素のアタックとサスティーンを操作することができます。

また、スタジオレコーディングの場合は、Noize 2.0を使って、クリーンアップされたドラムやパーカッションのパートに幅と深みを加えたり、ゼロからロマンストーンを加えたり、ギター、ストリングス、ボーカルの存在感を高めたりすることができます。

Noize 2.0を使えば、上記のようなことを簡単に行うことができます。

Noize 2.0をトラックにロードし、アダプティブ・モードをオンにして、好きな種類のノイズをミックスします。

その後、ライズ、フォール、HPF、LPF、ステレオ機能を使って、アダプティブ・ノイズの挙動やフレーバーを調整することができます。

カスタムサンプルを使用したり、Noize 2.0にビットクラッシング、フランジング、タップディレイ、リバーブなどの追加エフェクトを組み合わせることで、音楽にクリエイティブなタッチを加える方法が増えます。

Noize 2.0には、ソース信号をミュートするソロ・オプションがあるので、生成されたアダプティブ・ノイズ信号をエフェクト・バスにルーティングして、好きなエフェクトを追加することができます。

システム要件

Mac

  • OSX:OSX 10.7以降(Catalinaを含む)(64ビットのみ)
  • vst、vst3、au、aax

Windows

Windows:Windows 7以降(64ビットのみ
VST、VST3、AAX

セール情報

通常価格:34ドル → セール特価:27ドル

*Plugin Boutiqueでは上記の製品を購入時に、HeavyocityのワンノブFXプラグイン『PUNISH Lite』(49ドル)が無料でプレゼントされます(10月いっぱい有効):

*主なセール価格の推移:

  • 2020年11月:34ドル→27ドル
  • 2019年10月:34ドル→23ドル