新時代の怪物FXプラグイン「Devious Machines TEXTURE」がリリース特価セール&レビュー

よろしければシェアお願いします

 

現在、11月11日までフラッシュセール中Devious Machines社のTextureと言うFXプラグインをデモ中です。

 

結論から言うとこれヤバいです。目から鱗なプラグインです。

もしかしたら、このTEXTUREは今後の開発の流れいかんでは、エフェクトプロセッサー版のSERUM的なポジションになっていく予感がしています。。

恐らく導入してしまいそうです。。

 

スポンサーリンク

Devious Machines TEXTUREとは

Texture from Devious Machines

  

『Texture』。簡単に言うとエフェクトプロセッサーです。また異形のシンセです。

取りあえず並のプラグインじゃありません。他のエフェクトプラグインを駆逐する潜在能力がある製品です。

 

後ほど、私のつたない言葉でも説明してみますが、、

まずは、以下の6分強ほどのデモ動画をご覧になって見てください。その方が理解が早いと思います。

 

Transforming Samples with Texture

 

上記のデモンストレーション動画では、Textureを使ってサンプルやループをシェイピングしてトランスフォームする方法を説明しています。キックやハットなどが見る見るうちにカッコいい音になっていくのがわかると思います。

 

*この記事の下の方に、Plugin Boutique社のJoshua Casper氏によるより詳しい解説動画も載せておきます。(そちらの動画の方が体系的に理解しやすいかも知れません。)

 

好きな音源をシンセのように変化させるのが楽しい

 

Textureの使い方は、自由です。どんな音源にも適用が可能です。

例えば、ドラムのキックやハット、シンセリード、はたまたボーカル音源などにTextureを挿します。使う音源は何でも良いです。

(シンセ音源でもWAV音源でも、なんなら、詩の朗読でも。どんな音源でも遊べます。)

 

音源にTextureを挿し音源を再生すると、自動的にその音源のシグナルがTextureの中に入ります。

すると、音源がシグナル化(信号化され)、Texture内部にあるに「素材」を共鳴させます。

  

『元の音源』+『その音源のメロディ・リズムに呼応した「素材」』がミックスされ不思議な音が鳴ります。

 

また、数多くあるプリセットを使えば瞬時にして、そのミックスされた音に独特の変化を加えることが出来ます。

 

プリセットが豊富!

  

 

Dynamic画面。

 

上記画像のDynamicセクションでは、リミッターとゲート(エンベーロープシェープ)が横線上に表示され、それらを上下に動かすことにより、エフェクトのかかり具合を簡単に調節できます。

 

メインのウインドウ内では、元の音源から取り込まれたシグナルが波形化されて表示されるので、リミッターとゲートのスライダーでFXのかかり具合の調整が面白いようにはかどります。

   

 

UIの全体像とモジュレーションセクション

 

モジュレーションセクションではLFO、フィルターを始めとした様々な音作り用のツールとビジュアル画面が内蔵されています。この機能を使うことで複雑な音作りが流れ作業で出来るようになっています。設定済みのプリセットからいじって行くだけでも楽しめます。

 

その融合した音をフィルターやエンベロープ、LFO、カラーなどの各機能を使って、調整または再構築可能です。

 

UI右端真ん中にあるMIXノブ(WET/DRY機能)を使えば、元の音源とTextureの「素材」の割合を調節することできます。

  

加えて、元の音源用と、Textureの素材用とで別々にEQが用意されているので、より複雑な音作り可能です。本当に様々な音作りが出来ます。

Texture EQは素材側にかけるEQ。5バンド。UI右端にあるMIXノブを右側いっぱいに回すと元の音源のシグナルに呼応した素材の音のみが聞こえます。なので、その状態でEQを使って音を聞いてみると、EQのかかり具合がわかりやすいかもしれません。

 

Original EQは元の音源にかけるEQ。5バンド。

素材は楽器ごとに(現在のバージョンで)340種類以上内蔵されています。今後アップデート増える可能性も。

プリセットとは別途で、素材が用意されています340種類以上。プリセットと素材のチョイスだけでも数多くの組み合わせがあるので、それだけでも色々な音が作れる。

 

   

内部ではかなり複雑なことをやっているはずのプラグインなのですが、使い方は数あるエフェクトプラグインの中でも簡単なほうだと思います。インターフェイスが非常にスッキリしていて、操作性良くは抜群に使いやすいです。

私もまた触り始めて2日ほどですが、使い方は殆ど理解できました。

 

視認性も良いので、自分が今何をやっているのかすぐわかる。なので、ピンポイントに自分の狙った音を作りやすい。

 

なんかシンセみたいなエフェクターですが、作れる音の幅が広いです。

 

最後に非常に良いなぁと思ったのが、CPU負荷が高くないことです。私のMacBook Pro 15(2015年モデル)で複数で使用しまくっても我がMacは涼しい顔をしています。

 

改良して欲しい点

 

現在340個用意されている「Texture側の素材サンプル」だけじゃなく、ユーザーが用意した素材(Texture)も読みこめると最高じゃないかなと思いました。(もっと作れる音の幅が広がるので。)

 

海外掲示板のGearslutzでもそのような要望が上がっていて、開発者のBazRush氏が回答を寄せていました。(まだどのようなカタチになるかはわかりませんが) 実はすでに現在改良版を開発中らしいです。


 

Textureは、新しいデベロッパーの新作プラグイン。なのですが完成度はかかなり高いです。

なぜかなぁと思っていたら、Devious Machines社の主要メンバーは、BigKick、StereoSavage、Radioの開発者だった人でした。

Devious Machinesは、Jim CredlandとDom Smartによって率いられています。

JimはBigKick, StereoSavage and Radioの開発者であり、2000年代にダンスやポップミュージックに取り組んでいましたが、そのうちのいくつかはかなり成功しました。

Domはデザイナー、 music producer、Broken Robotのレーベルマネージャーで完璧主義者です。 彼はコンピューターゲームの開発に15年を費やしました。もしあなたが多くのゲームをプレイしたことがあれば、すでに彼の仕事を聞いたことがあります。 彼は優れたC ++も書いています。

http://www.deviousmachines.com/about/

なるほど腑に落ちました。

    

より詳しいDevious Machines TEXTUREの解説動画

Plugin BoutiqueのJoshua Casper氏の解説動画です。この2つの動画を見ればTEXTUREの概要と使用方法はほぼOKかと思います。(12分と13分程の動画です。)

 

Texture by Devious Machines | Review of Parameters & Tutorial

    

Build a Kick Drum with Texture by Devious Machines Tutorial

   

   

Textureは現在フラッシュセールをやっています

 

99ドル ➡️ 75ドル (11月13日まで。)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク