8/10夕方まで【半額】『Echoes T7E』イタリア製マグネティックエコー・プラグイン(Audiorityサマーセールで多くの製品が半額)

イタリアのAudiorityが開発しているエコーディレイ『Echoes T7E』

イタリア製マグネティックエコーマシンをモデリングしたプラグインです。

現在、39ドルのセールになっています(通常価格:65ドル)

2021年6月25日追記:

*65ドル → 32.5ドル

Audiorityのサマーセールで多くの製品が半額になっています。

*8月10日夕方まで。

Audiority Echoes T7E: Italian Magnetic Echo Plugin – Parameters Walkthrough
スポンサーリンク

Echoes T7E(イタリア製マグネティックエコー・プラグイン)

以下の3つの動画は、どれも2〜3分のサウンドデモです。

Audiority Echoes T7E: Levee Drums
Fast start with Audiority ECHOES T7E
Audiority Echoes T7E: Italian Magnetic Echo Plugin – Quick Demo

解説動画(6分):

Audiority Echoes T7E | Analog Modelled Vintage Tube Echo Plugin

スピーチに適用(5分):

Audiority Echoes T7E: Italian Magnetic Echo Plugin – Parameters Walkthrough
イタリアのマグネティック(磁気)エコーアナログモデリングしたプラグイン

Echoes T7Eは、60年代前半にイタリアで行われたビンテージチューブ磁気エコーを忠実に再現したものです。

このエコー効果ユニットは、ドラムの周囲に巻かれた記録ワイヤの周りに記録ヘッドと再生ヘッドの両方が配置された磁気スピニングドラムに基づいています。

このソリューションは、通常のテープ搬送よりも優れた安定性を提供し、ワウとフラッターを減らします。

この効果の主な「コア」は上記のメカニズムに基づいているため、メカニクスとエレクトロニクスの両方をモデル化しました。

Echoes T7Eには3種類の再生モードがあり、異なる回転速度を設定したり、ホストテンポに同期したりして、元の遅延の長さを〜310msから〜1100msまで延長できます。

特徴

  • アナログモデル化されたビンテージチューブエコー
  • 3つの再生モード:クラシック、Varispeed、Sync
  • 4つの再生ヘッド(等間隔)
  • EM81「マジックアイ」チューブレベルインジケーター
  • 3つのエコーモード:エコー、リピート、スウェル
  • 12ヘッドの組み合わせ
  • 各ヘッドのトーン、エラー、音量コントロール
  • 各ヘッドの独立したパン
  • ステレオスプレッド
  • ヘッズパン法
  • 磁気ドラムの年齢と速度の設定
  • 内部ハムノイズ(リアリズムと自励振動を高めるため)
  • 入力管ローカット
  • PE 603スタイルのヘッドスイッチングマトリックス(NEW v2.0)
  • ディレイの延長(最低速度で最大11秒)(NEW v2.0)
  • プリアンプモード(ディレイ拡張を0に設定)(NEW v2.0)
  • 出力ブースター(NEW v2.0)
  • 速度フィルター(NEW v2.0)
  • ライトモード(NEW v2.0)

Echoes T7Eのセール情報

通常価格:65ドル

セール特価:32.5ドル(50%OFF)

*主なセール価格の推移:

  • 2020年11月:65ドル→35ドル(ブラックフライデーセール)
  • 2020年11月:65ドル→19ドル(ブラックフライデーで一瞬)
  • 2020年12月:65ドル→39ドル(年末セール)

Audiorityサマーセール

他にも多数のAudiority製品が半額になっています。