Leapwing Audio『CenterOne』オーディオのパノラマをそのままにステレオトラックの中央を操作できるマジカルプラグイン

Leapwing Audioの人気のステレオイメージプラグイン『CenterOne』が20%OFFセールになっています。

Leapwing Audioは、流行のアナログモデリング系の製品とは一線を画す、マジカルで革新的な面白い製品を作っているメーカーです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

CenterOne(パノラマやスペクトル特性を変更せずに、中央の音だけを調整できる最新プラグイン)

CenterOneは、センターとサイドの音量を個別に調整できるステレオイメージ・プラグインです。

以下の短い紹介ビデオがわかりやすいと思います。

CenterOne v2 Promo

例えば、ボーカルがほんの少し大きすぎるように感じても、ステレオの広がりを変えたくない場合。。

この『CenterOne』を使用すると、パンされた信号の位置を変更せずに、ステレオ信号のファントムの中心を前後に移動できます。(パンニングとファントム

ボーカルだけではなく、混雑したモノシンセパッドをワイドにするのにも最適です。

CenterOneの特徴

  • ファントムセンターの操作: ステレオストリームのファントムセンター信号を前に出したり、最大9dB押し戻したりすることができます。
  • Left-Center-Rightの抽出:ステレオ信号を独自のビット識別方法でLCRステムに変換します。
  • シンプルで美しいデザイン:最適なワークフローに焦点を当てたユニークなデザインの美しいRetinaインターフェース。
  • 非常に優れたフィルター:最高品質のオーディオ処理アルゴリズム。

CenterOne:概要

Leapwing Audio CenterOne Update V2

CenterOneを使うと的確にセンターを強調できます

ボーカルの音が少し大きすぎるように感じるが、ステレオの広がりは変えたくない場合に効果的です。

CenterOne は、パンされた信号を変更することなく、ステレオ信号のファントムセンターを前方または後方に持ってくることができます。

Aステレオソースからセンターチャネルを抽出

CenterOne には LCR プラグイン出力もありますので、センターで抽出したチャンネルだけにエフェクトをかけることも可能です。LCRをミックスすることで、元の信号と同じビットのコピーを得ることができます。

CenterOneは、従来型の『MSテクニック』を使用していません

CenterOneの 「Center Prominence」アルゴリズムは、ステレオ信号の中の音源の正確な位置を分析し、音源の元の位置を尊重しながら、オーディオの各ビットを慎重に処理します。

信号のM部分のレベルを変更しようとする代替的なMS-技術では、信号分割のM部分に横方向のソースが漏れるという固有の欠点があるため、良いパフォーマンスを達成することができません。

レビュー動画

Leapwing Audio – CenterOne Review

ステレオ信号のファントムセンターを扱う際に、CenterOneが通常のMSテクニックとどのように違うのかを解説:

5-Min Leapwing Tips: MS vs CenterOne

システム要件

Mac

  • Mac OSX(10.9 +)

Windows

  • Windows 8、10(64ビットのみ)

フォーマット

  • ネイティブAAX
  • VST
  • VST3
  • AU

CenterOneのセール情報

通常価格:199ドル

セール特価:159ドル(20%OFF)

関連記事: