〔ダイナミックEQ〕McDSP AE600 Active EQ Native セール

よろしければシェアお願いします

McDSP AE600 Active EQ Tutorial

McDSP AE600 Active EQ

 

で、このAE600 Active EQですが、いわゆるダイナミックEQです。

各社、ダイナミックEQは出してきていますね。

例えば、FabfilterのPro-Q2が代表的。

それ以外だと、この間紹介したMeldaのMAutoDynamicEqとMDynamicEqWaves F6なんかがライバルになるのかな。

あとは、Neutron2 AdvancedのNeutron EQやToneBoosters EQ4などがあります。

 

個人的には、この間、MeldaのMAutoDynamicEqを買ったばかりで勉強中。なので、当分はダイナミックEQは買わないと思います。

いっぽう、まだダイナミックEQをまだもっていない方は、このAE600 Active EQも安くなっているので検討してみる価値はあるかもしれません。

ただし、今回セールになっている McDSP AE600 Active EQ Nativeは、AAXのProtoolのHDでは使えません。

HDで使いたい場合は、McDSP AE600 Active EQ HD版の購入が必要です。

加えて、McDSPはiLokドングルもしくはiLok Cloudの使用が必須です。最近、iLok Cloudの使用が可能になり大分使いやすくなったようですが、iLok Cloudは常時ネット接続が必須です。

正直この辺がMcDSPは面倒くさい。。

 

ダイナミックEQと言いますか、MAutoDynamicEq。凄く面白いです。私的にはMAutoDynamicEqイチ押しです。

ベースとキックのかぶりの解消がとても簡単に行えます。

Melda productionのMAutoDynamicEQを説明してみた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク