MeldaProduction『MGranularMB』新しいサウンドを作り出す多機能グラニュラーFX

MeldaProductionの『MGranularMB』は、非常に汎用性の高いグラニュラー・リシンセサイザー(エフェクター)です。

リードをパッドのようなサウンドにしたり、ドラムをよりパワフルなサウンドに変化させたりと、様々な用途に使用できます。

2022年8月16日:イレギュラーな70%OFFになっています(恐らく最安)。

通常価格:50ユーロ セール特価:15ユーロ(15.2ドル/70%OFF)

スポンサーリンク

MGranularMB

MGranularMBは非常に多機能なグラニュラーFXプラグインです。

リードをパッドのようにしたり、ドラムをよりパワフルにしたり、その他いろいろなことができる強力な多機能ツール。

オーディオ素材を細かくカットし、そこから全く新しいサウンドを作り出します(もちろんマルチバンドで機能します)。

デモ動画

サウンドデモ(34秒):

新着紹介動画(・自動翻訳の日本語字幕可能):

簡単な製品説明の後0:44からデモが始まります。

紹介動画(10:36・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(12:47・自動翻訳の日本語字幕可能):MGranularMBのフリーズ機能の紹介。

上記のビデオでは、MGranularMBのフリーズ機能について説明しています。

フリーズを使うと、グリッチのようなエフェクトを作ったり、ピアノのようなものをパッドに変えたりすることができます(ビデオでの中で紹介しています)。また、音色をレイヤーして、シマー効果を作り出す方法も解説します。

デモ動画(10分・自動翻訳の日本語字幕可能):

上記のビデオでは、MGranularMBを使用してアンビエント・グレインクラウドを作成する方法を紹介しています。

デモ動画(12:43・自動翻訳の日本語字幕可能):

上記のビデオでは、グラニュラーシンセシスのMGranularMBを使ってライザーを作成する方法を解説しています。

MGranularMBの概要

簡単モード画面
エキスパートモード(EDITモード)画面

MGranularMBは非常に汎用性の高いグラニュラー・リシンセサイザーです。

リードの音をパッドのようにしたり、ドラムをよりパワフルにしたり、多くの用途で使用できます。

このプラグインは、あなたのオーディオ素材を細かく分割し、そこから全く新しい素材を作成することができます。

標準的なパノラマとピッチシフトの他に、このプラグインは真のグラフベースの変換を実行したり、各グレインのピッチをハーモニーに合わせて調整したり、最大20個までのグレインクラウドを一度に重ねることができます。

これはほんの始まりに過ぎません…。

機能

デュアルユーザーインターフェース

このMGranularMBは汎用性が高いだけでなく、2つのグラフィカルユーザーインターフェースのおかげで素早く簡単に使用することできます。

イージーモード:いくつかの定義済みモードがあるシンプルなイージーモード(簡易モード)が備わっています。

このモードを使えば、少数のコントロールがあるだけなので、知識がなくてもすぐに簡単に始めることができます。

必要なのはあなたが望むものを選択し、いくつかのノブを使用するだけです。

また、このプラグインが提供するすべての極端な機能を提供する高度なモード(エキスパートモード)も搭載されています。

3つの完全に透明なクロスオーバー・アルゴリズム

(12dB/octから120dB/octまでのスロープを持つアナログ、リニアフェーズとハイブリッド)に基づいて構築された1-6の完全に設定可能な独立したバンドで、リミットと入力ゲインは完全に調整可能。全てのバンドとマスターのピークメーターを搭載。

継続的に調整可能なオシレーター・シェイプ

プラグインのすべてのオシレーターは、定義済みのオシレーター・シェイプ、MeldaProduction Envelope System (MES)を使用して編集されたカスタム波形、ステップ・シーケンサー、アルゴリズムによる後処理のためのいくつかの方法をミックスして定義されます。

これは、オシレーター・シェイプを定義するための最も先進的なアプローチです。

4つのグローバル・モジュレーター

各インスタンスには、他のモジュレーターを含むあらゆるパラメーターのセットをモジュレーションすることができる、最大4つのフル機能を備えたモジュレーターを使用することができます。

このようにして、サウンドを時間に合わせて移動させたり、静的ではなく、より面白くすることができます。

各モジュレーターはLFO、フォロワー、ADSRエンベロープ、ピッチディテクター、またはその組み合わせとして機能します。

M/S、シングルチャンネル、最大8チャンネルのサラウンド処理

私たちのMelda Productionのプラグインは、モノラルとステレオ信号だけでなく、モノラル/ステレオエンコーディング、セパレートチャンネルとエンコーディング、最大8チャンネルのサラウンドオーディオを扱うことができるので、映画やゲームなどのオーディオ制作に最適です。

スマートなランダマイズ機能

ボタン一つで全く新しい設定を生成することができます。

ボタンをクリックすることで、何十億もの可能な設定の中から自分に最適なものを見つけることができます。

スマートランダム化アルゴリズムは、どのパラメータをどのようにランダム化するかを賢く選択します。

モジュレーターをランダム化することもできます。それが面倒な場合は、ctrlを押したままにするだけで、MGranularMBは既存の設定をわずかに変更します。

自動ゲイン補正 (AGC)機能付き

ほとんどのプラグインは出力オーディオのラウドネスを変更することができます。

Melda Productionのプラグインには自動ゲイン補正機能が搭載されています。現在の設定に素早く適応し、出力音が入力音と同じ大きさになるようにしてくれる機能です。

これにより、音量が大きいだけで何かが良い音に聞こえてしまうということを防ぐことができます。

調整可能なアップサンプリング

調整可能なアップサンプリング 1x-16xにより、エイリアシングを最小限に抑え、よりクリアなサウンドを得ることができます。最小位相と高品質のリニア位相アルゴリズムを搭載。

高度で使いやすいユーザー・インターフェース

Melda Productionの製品は常にワークフローを強化するように設計されています。

すべての値を簡単に変更でき、各コントロールを複数の方法で微調整することができます。

標準化されたGUIでの簡単なオリエンテーション、テキスト編集、ほぼ無制限のズームによるスムーズな視覚化は、当社のプラグインのすべてに標準装備されています。

さらに、私たちのプラグインは世界初(そして今でも唯一)で、リサイズ可能でスタイリング可能なGUIをサポートしています。

MIDI学習機能付きのMIDIコントローラ

任意のパラメータを任意のMIDIコントローラやMIDIキーボードにマッピングして、リアルタイムでコントロールしたり、録音して自動化したりすることができます。

非常に高速で、SSEとSSE2プロセッサに最適化されています。
グローバルプリセット管理とオンラインプリセット交換

タイトルボタンを使って設定を保存することができます(コンピュータ上で共有されています)。

さらに、すべてのプラグインは自動的にあなたのプリセットを共有し、他のユーザーのプリセットをダウンロードすることができます(この機能が有効な場合)。

私たちはコミュニティを構築しています(あなたも参加できます)。

完全に自動化されています。

システム要件

Windows

  • Windows Vista / 7 / 8 / 10(32ビットまたは64ビット)
  • VST/VST3/AAX互換ホスト
  • SSE2をサポートしたIntel/AMDプロセッサ
  • 32ビットホストでは常に32ビットプラグインを、64ビットホストでは64ビットプラグインを使用してください

64 ビットのプラグインは、オペレーティングシステムが 64 ビットであっても 32 ビットホストでは動作しません。64 ビットホストでは 32 ビットプラグインを使用しないでください。ブリッジ処理が必要になり、遅くなったり不安定になったりする可能性があります。

Mac OS X

  • Mac OS X 10.9以降(64ビットのみ)
  • VST/VST3/AU/AAX互換ホスト
  • SSE2をサポートしたIntel/AMDプロセッサ

メーカーページリンク

セール情報

*恐らく過去最安値を更新しています。

通常価格:50ユーロ(約50.65ドル/7008円)

セール特価:15ユーロ(70%OFF)(約15.2ドル/2012円)

*主なセール価格の推移:

通常のセール時は大体50%OFFです(ブラックフライデー時も含む)

  • 2021年11月:54ドル→27ドル(50%OFF)
  • 2021年6月:54ドル→16ドル(レアな70%OFF)