【5/20まで無料配布】『O-BLEK』シーケンサー(€21,99→€0)*要MaxforLive

Isotonik StudiosでAbleton Live MaxforLive専用のシーケンサ『O-BLEK』が短期間のみ無料配布されています(€21,99→€0)。

5/20まで。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

O-BLEK For MaxforLive

O-blekは、個々の長さのオプションを持つストキャスティック・シーケンサーです。常に変化するダイナミックなパターンを簡単にオフセットして生成することができます。

ベロシティ、オクターブシフト、音長、ゲート、和声、2つのパラメータを個別に設定し、3つのシーケンスのうちどれを演奏するかをステップごとに確率で設定することで、制御されたカオスのような結果を得ることができます。

シーケンスの一部を固定し、他の部分を確率で指示するように簡単に設定できます。

  • 開発者 LDM Design

  • 互換性 Ableton Live 9.7.5+ | Ableton Live 10

  • OS: Mac & WIndows

  • 最小値 必要条件:MaxforLiveが必須です
Tutorial Part TWO – Oblek by LDM Design

O-blekは、個々の長さのオプションを持つストキャスティック・シーケンサーで、常に変化するダイナミックなパターンを簡単にオフセットして生成することができます。

ベロシティ、オクターブシフト、音長、ゲート、和声、2つのパラメータを個別に設定し、3つのシーケンスのうちどれを演奏するかをステップごとに確率で設定することで、制御されたカオスのような結果を得ることができます。シーケンスの一部を固定し、他の部分を確率で指示することが簡単にできま

ピアノロール

ピアノロールはAbletonのものと同じように、マウスをクリックするだけで音を追加したり削除したりできます。

これは基本的にはモノラルシーケンサーなので、各ステップには1つのノートしか配置できませんが、後述するハーモニーを作る方法もあります。

上記のようにスケールが設定されている場合、ピアノロールにはオクターブが濃いグレーで表示されます。

シフトを押したまま任意のステップをクリックしても、音符は変わりませんが、左の確率セクションのステップが選択されます。

また、マウスを置いた位置では、ピアノロールの右下に音符の値が表示されます。

PROBABILITY(確率)

このセクションは、基本的には、各ステップでどのシーケンスが演奏されるかの確率を設定するためのマルコフノードです。

ステップは上部で選択するか、シフトキーを押しながらピアノロールのステップをクリックすることで選択することができます。

スライダは、各シーケンサーが演奏される確率をパーセントで表しているので、1 つを変更すると、他のスライダに比例して真の確率を反映するように他のスライダも変更されます。

これにより、実際の確率値を明確に視覚的に表示することができます。

Element(要素)シーケンサー

ここには、ピアノロールに設定されている音価以外の6つの要素のシーケンサーがあります。左側のタブをクリックして編集したい要素を選択します。任意の要素の値がシーケンサの右下に表示されます。

各シーケンサーはデフォルトでピアノロールにロックされています。これは、同じステップ数を持ち、ピアノロールに設定された方向に演奏されることを意味します。これがロックされていない場合、シーケンスは異なるステップ数と独自の演奏方向を持つことができます。

VELOCITY – 薄いグレーのバーは、各ステップのベロシティレベルを示しています。Humanize ボタンをクリックすると、設定されたベロシティレベルに対するランダム化の量を変更することができます。シフトキーを押しながらマウスを使っても変更できます。このようにして、毎回微妙なバリエーションや全く異なるベロシティレベルを設定することができます。

OCTAVE – オクターブシフトは、ピアノロールで設定されたノートから±3オクターブの範囲で設定できます。

DURATION – 各ステップのノートの長さをピアノロールとは別にここで設定できます。値は1ステップの1/8から4ステップまでです。これにより、シーケンスのバリエーションを増やすことができます。

GATE – ゲートは、シーケンスのステップを演奏するかどうかを設定します。他のすべての要素と同様に、シーケンスの長さと再生方向を個別に設定して、バリエーションを増やすことができます。

HARMONY – 2つの音を追加してコードを作成することができます。値は、そのステップの元のノートとの相対的な半音単位で設定され、最大+12までの値が設定されます。このようにポリフォニーを扱うことで、余分なノートを元のピアノロールからシーケンスの長さだけオフセットさせることができます。

PARAMETER – このセクションでは、Live でマッピング可能なものに割り当てることができる 2 つのパラメータをシーケンスすることができます。

One または Two のいずれかをクリックし、左側に表示される Map ボタンをクリックしてから、Live 上の任意のパラメータをクリックします。

パラメータの値の変化は、ステップサイズに対してスムージングされて設定されているため、値の変化は常に次のステップから次のステップへとスムージングされます。左側ではパラメータのオンオフも可能です。

SWING – シーケンス全体にグルーヴ量を設定し、タイミングを8分音符か16分音符のどちらかに設定することができます。

セール(無料配布)情報

通常価格:21,99ユーロ

セール特価:0ユーロ