5/11まで【27ドル】RYM2612 Iconic FM Synthesizer:往年のビデオゲーム系シンセ(セガジェネシス&メガドライブ)

『RYM2612 Iconic FM Synthesizer』。

往年のビデオゲームサウンドが欲しい音楽プロデューサーにぴったりのシンセプラグイン。

『RYM2612 Iconic FM Synthesizer』には、プラグイン版とPropellerhead Reason用のラックエクステンション版の2バージョンがありますが、プラグイン版のみ安くなっています

2020年5月8日 追記:短期セールで復活中です(5月11日夕方まで)。

2020年5月12日 2:48 AM :まだやっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

RYM2612 Iconic FM Synthesizerの概要

RYM2612 Iconic FM Synthesizer

RYM2612 Iconic FM Synthesizerは、「ヤマハYM2612 サウンドチップ」のエミュレーション。(セガジェネシス/メガドライブビデオゲームコンソールの鮮やかなサウンドを蘇らせます。)

YM3438 MegaBlaster Mod Comparison Video

単純な音だけでなく、エミュレーションは元のチップに対してサイクル精度が高いため、シンセのあらゆる可能性を再現できます。

  
これに加えて、コンソールのアンプ回路も再現されており、実際のハードウェアをDAWに接続した場合に得られるのと同じグレイン(粒子)を得ることができます。

複雑で進化するトーン、クレイジーなサウンドエフェクト、PCMサンプルの再生を行うのに十分な機能を備えたシンセです。

主な機能

  • YM2612 FMサウンドチップのサイクル精度のエミュレーション

  • 対応するハードウェアのユニークで特徴的なサウンド(デジタルサチュレーション、大きなフィードバック量、自然なディストーションなど)を完全に再現しています

  • 任意の信号に8ビットPCMの「美しさ」を追加するためのオーディオ入力

  • 低CPU使用率

  • 切り替え可能な出力フィルタリングとラダーエフェクト

  • サウンドチップの制限が取り除かれました:最大16ボイスのポリフォニー、専用PCMチャンネル(本物を体験したい場合はもちろん6ボイスを同時に使用できます)

  • 100種類以上の様々なテイストの刺激的なパッチ

伝説の16Bit

多くの人はこれに気づいていませんでしたが、他のビデオゲーム機とは異なり、Sega Genesis / Megadriveには完全なFMシンセが搭載されていました。

ヤマハ* YM2612は、複雑で進化するトーン、クレイジーなサウンドエフェクト、PCMサンプルの再生を生成するのに十分な機能を提供しました。

これは、変更された獣を手に入れるチャンスであり、最新のDAWが提供する豊富なコントロールとモジュレーションの可能性と組み合わされています。

*セガおよびヤマハのブランド名は、それぞれの所有者の商標です。 この製品はこれらの企業とは一切関係ありません。

追加のパッチもあり

RYM2612に最適なコンパニオンアプリRYMCastもあります。

これは、ジェネシスの音楽ファイルプレーヤーで、お気に入りのサウンドトラックの各チャンネルをミュート/ソロにしたり、サウンドをRYM2612インスタンスに直接ドラッグアンドドロップしたりできる特別な機能を備えています。

RYMCastは無料で、Windows、macOS、およびGNU Linuxで使用できます。

RYM2612 Iconic FM Synthesizerをシンセのボーナスな武器として、レトロでモダンなニーズに合わせたFMバイブを感じてください。

システム要求

Mac

  • macOS (10.7 and higher)
  • 64-bit only
  • VST 2 / VST 3 / AU / AAX

Windows

  • Vista and higher
  • 32-bit & 64-bit
  • VST 2 / VST 3 / 64-bit AAX

セール情報

プラグイン版

通常価格:54ドル

セール特価:27ドル(50%OFF)

Propellerhead Reason用のラックエクステンション版は今回はセールになっていません。

通常価格:49ドル