10/1夕方まで【最安タイ】Inphonik『RYM2612』54ドル→15ドル(SEGAメガドライブのチップをエミュレートしたFMシンセ・90年代ビデオゲームの鮮やかなサウンドを再現)

2021年9月1日:InphonikのFMシンセサイザー・プラグイン『RYM2612』のセールが復活しています。

通常価格:54ドル → セール特価:15ドル(72%OFF)

*セールは10月1日(金曜日)夕方までの予定です。

RYM2612は、90年代初頭に一世を風靡した日本製の伝説的ゲームマシン「SEGA メガドライブ」に搭載されていたサウンドチップ「ヤマハ YM2612」をエミュレートしたFMシンセです。

往年のビデオゲームサウンドが欲しい音楽プロデューサーにぴったりのシンセ。

サウンドデモ(2分44秒):

RYM2612には、プラグイン版とPropellerhead Reason用のラックエクステンション版の2バージョンがありますが、プラグイン版のみ安くなっています。

スポンサーリンク

RYM2612

『RYM2612』は、ゲーム機のセガジェネシス(日本名:メガドライブ)に搭載されていたサウンドチップとして知られている「ヤマハ YM2612」をエミュレートしたソフトウェアFMシンセサイザーです。

VST、Audio Unit、AAXの各フォーマットに対応しています。

往年のビデオゲームマシンの鮮やかなサウンドを蘇らせてくれるユニークなシンセ・プラグインです。

そしてこのプラグインは、単なるサウンドの模倣ではなく、オリジナルのチップを高い精度でエミュレートしています。これによシンセサイザーの独自性を再現することができます。

さらに、ゲーム機のアンプ回路も再現したことで、本物のハードウェアをDAWに接続したときのような粒立ったサウンドを得ることができます。

紹介動画(1分30秒・日本語字幕可能):

サウンドデモ(1分):

サウンドデモ(4分):

レビュー動画:RYM2612を使ってシンプルなTrapGenesisタイプのビートを作ろう (11分・日本語字幕可能):

レビュー&解説動画(13分・日本語字幕可能):

最高のSega Genesis VSTプラグイン「RYM2612」は、WindowsとMacOSXの両方のDAWで使える初の本物のVSTプラグインです。

Propellerhead Reasonファンのためのラックバージョンもあります。

多くの企業が適切なYM2612エミュレーション・プラグインを作ろうとしましたが、失敗しました。

実際のところ、多くのビデオゲームのエミュレータは、このサウンドを再現するのに苦労しています。

セガ・ジェネシスが愛される最大の理由の一つは、FMシンセシスの質感にあります。

RYM2612は、4オペレーターシンセと8つのユニークなアルゴリズムを忠実に再現しています。私はこれを使って2つのビートを作りましたが、非常に感銘を受けました。

さらに、RYMcastプレイヤーでは、VGMフォーマットのGenesis OSTの再生、wavファイルのリッピング、個別のwavファイルのリッピングが可能です!これは素晴らしいです。

このプラグインの唯一の短所は、マイナーなCPUスパイク(バージョン1.0ではクラッシュにつながりましたが、対処されました)と、エフェクト(リバーブ、ディレイ、アルペジオなど)がないことです。

RYM2612の主な機能

  • FM音源チップ「YM2612」をサイクルアキュレート(高い精度)でエミュレート。


  • デジタルサチュレーション、膨大なフィードバック量、自然なディストーションなど、ハードウェアならではの特徴的なサウンドを忠実に再現。


  • 任意の信号に8ビットPCMの甘さを加えるオーディオ入力を装備。


  • 低いCPU使用率


  • 切り替え可能な出力フィルタリングとラダー・エフェクト


  • サウンドチップからいくつかの制限が取り除かれています:

    最大16ボイスのポリフォニー、専用のPCMチャンネル(本物を体験したい場合は、もちろん6ボイスの同時発音にこだわることができます)。


  • 100種類以上の様々なパッチを用意しています。

伝説の16Bit

多くの人はこれに気づいていませんでしたが、他のビデオゲーム機とは異なり、Sega Genesis / Megadriveには完全なFMシンセが搭載されていました。

ヤマハ* YM2612は、複雑で進化するトーン、クレイジーなサウンドエフェクト、PCMサンプルの再生を生成するのに十分な機能を提供しました。

これは、最新のDAWが提供する豊かなコントロールとモジュレーションの可能性と組み合わせて、この改造された獣を手に入れるチャンスです。

*セガおよびヤマハのブランド名は、それぞれの所有者の商標です。 この製品はこれらの企業とは一切関係ありません。

追加のパッチもあり

RYM2612に最適なコンパニオンアプリRYMCastもあります。

これは、ジェネシス(メガドライブ)の音楽ファイルプレーヤーで、お気に入りのサウンドトラックの各チャンネルをミュート/ソロにしたり、サウンドをRYM2612インスタンスに直接ドラッグアンドドロップしたりできる特別な機能を備えています。

RYMCastは無料で、Windows、macOS、およびGNU Linuxで使用できます。

RYM2612 Iconic FM Synthesizerをシンセのボーナスな武器として、レトロでモダンなニーズに合わせたFMバイブを感じてください。

手軽に8ビット化

RYM2612にはオーディオ入力機能があるので、どんな信号でも8ビットの甘いPCMサウンドに変えることができます。

そして、このRYM2612の技術をベースにしたビットクラッシャー・エフェクト・プラグイン『PCM2612 Retro Decimator Unit』も開発されています(VST、AU、AAX、Rack Extension、iOS)。

【無料】RYM2612用拡張サウンドバンク『God Of Rainbows』

God Of Rainbowsは、ゲーム音楽の名曲を生み出したオリジナルハードウェアのFMエンジンの大きな可能性と、それを再現するRYM2612の能力を示してくれる拡張サウンドバンクです。

無料でダウンロードできます。

システム要件

Mac

  • macOS (10.7 and higher)
  • 64-bit only
  • VST 2 / VST 3 / AU / AAX

Windows

  • Vista and higher
  • 32-bit & 64-bit
  • VST 2 / VST 3 / 64-bit AAX

セール情報

プラグイン版(VST 2 / VST 3 / AU / AAXに対応)

通常価格:54ドルセール特価:15ドル(78%OFF)最安タイ

主なセール価格の推移:

  • 2020年9月:54ドル→27ドル
  • 2020年11月:54ドル→15ドル(ブラックフライデーセール)
  • 2021年5月:54ドル→17ドル

*Propellerhead Reason用のラックエクステンション版は今回はセールになっていません。

通常価格:49ドル