sonible:ハロウィーン短期セール(アシスト系EQ)

sonibleのハロウィーンセールは11月4日までです。2つのEQとバンドルがセール対象になっています。

スポンサーリンク

【99ドル→29ドル】proximity:EQ(部屋鳴りなどの余計な残響音を調整してくれるEQ)

『proximity:EQ+』は、部屋鳴りなどの余計な残響音を調整してくれるEQ。

proximity:EQ+を使用すると、すばやく直感的な方法でレコーディングの広がりを調整できます。

(1つのスライダーの操作だけで、楽器をマイクに近づけるか遠くに移動させるかを調整できます。)

Introducing proximity:EQ⁺ – Plugin for ideal room acoustic by sonible

『proximity:EQ+』の概要

平均的なアコースティックミックスと素晴らしいアコースティックミックスを区別する1つの事柄があります。

それは、「深さ」です。

proximity:EQ+を使うと、特定のトラックに簡単に奥行きを加えることができます。

元のシグナルを妨げることなく、音源を近づけたり遠ざけたりすることができます。

ミックスはより詳細で明快になります。

その伝統的なリニアフェーズEQ機能との組み合わせにより、「proximity:EQ+」プラグインは非常に多用途で正確なサウンド編集ツールになりえます。

機能詳細:

proximity:EQ+ | The Acoustic Zoom Plug-in by sonible
The eq plug-in that repositions audio sources in post-production. Whether music or speech – proximity:EQ+ lets you edit sound spaces as never before.
PROXIMITY:EQ+の詳細情報ページ
SONIBLE社製 プラグイン・エフェクト 「PROXIMITY:EQ+」の製品詳細情報ページです。

デモ動画:

How to add depth to your mix with proximity:EQ+
frei:raum – proximity EQ

Sonible社の各smart:EQ 2シリーズの比較図:


proximity:EQのセール情報

通常価格:99ドルセール特価:29ドル

【99ドル→29ドル】Sonibleentropy:EQ+(オーディオの特定の問題に特化したEQ)

『Sonibleentropy:EQ+』は、オーディオの特定の問題に特化した解決ツールです。(オーディオソースの広さを簡単に編集するEQプラグインです。)

高調波成分(ハーモニック成分)と非高調波成分(非ハーモニック成分)を個別に調整できます。

entropy:EQ+とは

「entropy:EQ+」は、オーディオソースの広さを簡単に編集するEQプラグインです。

音楽であれスピーチであれ、entropy:EQ+はプレミアムなサウンドに近づけます。

頭の中で回転していた完璧なミックスを実際にテープに貼り付けられることはまれです。

このプラグインは、直接的なサウンドとリバーブの調整可能な設定のおかげで、思い通りに部屋の音響をレトロスペクティブに形作ることができます。

この直感的なツールを使用すると、あいまいな録音を鮮明な声明に変えたり、野心的な歌手を後ろに置いたり、くぐもったベースに必要なキックを与えたりできます。

残響と直接的な音の粒子を分離する機能により、proximity:EQ +プラグインは、ポストプロダクションの完璧な音のビジョンに応じて、部屋の音響の特定の部分を増幅または消音します。

デモ動画:

Introducing entropy:EQ⁺ – Creative postproduction plug in by sonible
frei:raum – entropy EQ
How to add more depth to your guitar sounds with entropy:EQ+ by sonible
How to add more character to drums with entropy:EQ+ by sonible

Sonible entropy:EQ+の概要

EQの新しい次元『Sonible entropy:EQ+』

この新次元のEQ機能は、オーディオ録音の高調波と非高調波のサウンド・コンポーネントのポストプロダクションを、シームレスかつ極めて迅速に簡素化します。

entropy:EQ+は、高調波と非高調波の両方のサウンド部分を周波数範囲全体で調整できるプラグインです。

例えば、がまんの限界に達しているのに、スネアのトリガーが消音しすぎていて、ギターのプラッキングの音が支配的になっている。

このような状況から、私たちは新しいEQの方法を模索するようになり、ポストプロダクションに数え切れないほどの時間を費やすことに終止符を打つことができました。

entropy:EQ+は、ドラムやギター、その他のプラッキング楽器のインパクトノイズの編集プロセスを簡素化し、ポストプロダクションの創造性の全く新しい世界を紹介します。

指一本で強化されたドラムビート

entropy:EQ+はオーディオトラックの異なる周波数を識別し、ドラムセットやパーカッションアンサンブルの個々のドラムをフィルタリングすることができます。

つまり、タムやリム・クリックのソロをより洗練させることができます。弱くても激しくても、インパクトのあるノイズをすべてキャッチします。最終的には、各周波数を個別に編集できるので、イライラすることなく夢のトラックを完成させることができます。

すべての言語で明瞭

テレビのレポートの引用から新曲の最後の息のあった言葉まで、entropy:EQ+は、ミックスに含まれる全ての単語をクリアで透明感のあるサウンドで表現します。

そのためには、理解度を最適化するために非常に重要な不調和な子音を上げる必要があります。

このプラグインは、簡単で分かりやすい方法であなたを支援し、スピーチのノイズ部分をあなたのコマンドで増幅します。

リズミック?

レコードに命を吹き込むのは弦楽器のグルーヴであることもあります。

エレキギターのプ レクトラムの音であれ、バイオリンの弦のリズミカルなプラックの音であれ。

他にも、このようなインパクトノイズがレコードのハーモニックなサウンドを台無しにしてしまうこともあります。entropy:EQ+は、このような場合に便利なソリューションを提供します。

これらのサウンド部分を正確に増幅または消音することで、あなたが望む結果を得ることができます。

メーカーページリンク:

entropy:EQ+ | The Surgical Sound Design Tool by sonible
The new dimension of EQing simplifies the post-production of harmonic and noise components of audio recordings – freely adjustable and within seconds.

entropy:EQ+のセール情報

通常価格:99ドル → セール特価:29ドル(70%OFF)

【40%OFF】Special EQ Bundle(3つのEQのバンドル)

上記の2つのEQとSonibleの定番おまかせ系EQ「smart:EQ 2」がセットになったバンドル『Special EQ Bundle』もハロウィーンセールの対象になっています。

こちらは40%OFF。

『Smart:EQ 2』(インテリジェント・EQ)について

「smart:EQ 2」は、AIによる自動イコライジング機能を持つ最先端のEQプラグイン。

ミキシングを素早く完成させたいミュージシャン達に人気の定番EQです。非常に優秀な自動イコライザー、いわゆるチート系ツールとして高い評価を得ています。

SonibleのSmart:EQ 2は、オーディオを分析することにより、高解像度のEQカーブを自動的に作成してくれます。

(Smart:EQ 2の組み込みのプロファイルを使用するか、ユーザー独自のプロファイルを作成することで、Smart:EQ 2の自動作成結果を手助けすることもできます。)

そして、もちろん通常のイコライザーとしても使用できます。

また、Spectrum Analyzer、フィルターノードごとのMid / Side処理機能など、多くの優れた機能も搭載されています。

以下の動画でSmart EQの基本動作が理解出来ます。(簡単操作です。)

Smart EQの「AI スマートフィルタ」の概要:

smart:EQ 2 – How to use the A.I. smart:filter | sonible

Smart:EQ 2を使って、入力したオーディオを分析することで、音楽的で自然な(トーナルバランスが整った)高解像度のEQカーブを自動で作成してくれます。(自動イコライジング機能)

Smart EQの「State」の使用方法:

How to use smart:EQ 2's states for mixing dialog | sonible

会話内のさまざまな「声」のように、1つのトラックに異なるキャラクターのオーディオ素材がある場合、smart:EQ 2の『States』機能を使用して(最大18まで使用可能)、各ボイスの特定のスマートレスポンスを保存することができます。 上記のビデオでは、その『States」の使用方法を示します。

Smart:EQ 2の基本的な使い方:

Smart:EQ 2画面の右上のある「プロファイル」で自分のターゲットしているアルゴリズム「ピアノ用やギター用など」を選択し、その隣の緑色のレコードボタンでトラックを解析。

あとはEQが自動でトラックを分析し、(自然で調和の取れた)美味しいEQフィルタリングを作成してくれます。

また、Smart EQは、通常のEQ機能もあるので、手動で自分好みに調整することも可能です。

Smart EQには、Spectrum Analyzer、フィルタノード単位のMS処理機能など、数多くの優れた機能が搭載されています。

Smart:EQ 2のより詳細な使い方は、以下のPlugin BoutiqueではおなじみJoshua Casper氏の解説動画を見ると理解しやすいと思います。

   ⬇️

smart:EQ2 by Sonible | Intelligent EQ Tutorial | Review of Main Features

Special EQ Bundleのセール情報

通常価格:249ドル → セール特価:149ドル