Black Friday 終了間近のセール一覧

Sound Particles『Brightness Panner』特異なパン機能でミックスを豊かにするエフェクター

Sound Particlesの新しいエフェクトプラグイン『Brightness Panner』がリリースされました。

2021年5月4日(火):春のセールで安くなっています。

Brightness Pannerは、MIDIノート、ピッチ、サウンドの明るさの3つのセクションを介してパンニングをコントロールすることでミックスを豊かにするオーディオエフェクトです。

Sound Particlesは、バーチャルな没入型3Dサウンド制作ソフトウェアの分野で高い技術を持っているポルトガルの企業です。

スポンサーリンク

Brightness Panner:周波数でパンニングをコントロールできるツール

Brightness Pannerは、空間での音の使い方を変え、音を周囲に広げることでミックスを豊かにすることを目的としたオーディオ・エフェクト(プラグイン)です。

ざっと見紹介動画(40秒):

解説動画(7分・日本語字幕可能):

Brightness Pannerについて

周波数でパンニングをコントロールできるツール

Brightness Pannerは、音楽ノートのピッチ、サウンドの明るさによってパンニングをコントロールすることができるオーディオエフェクトです。

または、あなたが演奏するMIDIノートを使ってパンニングを操作することもできます。

音楽からオーディオポストまで、ブライトネスパンナーは、ステレオからサラウンド5.1および7.1、Dolby Atmos 7.1.2、3次までのAmbisonics、バイノーラルまで、さまざまな再生フォーマットでサウンドをダイナミックに動かすことができます。

2つのモード

パンモード

パンモードは、基本的には通常のエンドツーエンドの「パーティクル・ベース」のパンニングです。

このタイプのパンニング・エフェクトは、あらかじめ定義された2つのポイント(開始点->終了点)の間で音源の位置を変化させます。したがって、入力信号の明るさやピッチの変化が大きいほど、始点から終点への移動も大きくなります。

スライディングモード

スライディングモードは、音声信号が周波数やピッチの範囲内にあるとき、音源はあらかじめ定義した軌跡を描いて移動します。

パンモードとは逆に、信号が範囲外になっても音源が始点に戻ることはありません。音声信号が再び範囲内に戻ってくるまで音源はその位置で固定され、ドーム空間内での音源の移動が新たに発生します。

Brightness Pannerの6つの主要な機能

輝度分析機能

Brightness Pannerは、サウンドのスペクトルを分析し、ユーザーが設定した周波数の範囲でサウンドを3Dにパンニングさせることができます。

ピッチ解析機能

Brightness Pannerは、個々の音のピッチを識別し、ユーザーが設定したピッチ値の範囲に応じて3Dでパンニングさせることができます。

MIDI解析機能

Brightness Pannerは、MIDIノートを受信し、ユーザーが設定したMIDIノートの範囲に応じてサウンドを3Dでパンニングします。

ビジュアライズドーム機能

プラグインのUIのメインコンポーネントであるドームを通して、サウンドのすべての動きを追跡します。

ランダムマイズ機能

音作りのアイデアが尽きてしまいそうですか? 心配ありません。

Brightnesss Pannerには、ランダム化オプションがあり、クリックするたびに新しい結果を提案してくれます。

ダイナミック・ムーブメント

このダイナミック・ムーブメント機能では、サウンドの動きを簡単に設定できます。

例えば、スピーカーの位置から中央に向かって移動するのか、それとも任意の位置から時計回りに移動するのかなど。

システム要件

動作環境

  • Mac OSX 10.11以上
  • Windows 10またはそれ以降

最小要件

  • CPU – 2コアまたはそれ以上
  • RAM – 4 GB以上
  • ディスクの空き容量 – 600 MB

推奨環境

  • CPU – 4コアまたはそれ以上
  • RAM – 8 GB以上
  • ディスク容量 – 600 MB

フォーマット

  • AAXネイティブ
  • AU
  • AUv3
  • VST
  • VST3
  • AAXはPro Tools 64bit対応(PT11以上)が必要です。

セール情報

通常価格:49ドル → セール特価:39ドル

*リリースセール(2021年4月)と同額

バンドルもセールになっています

今回リリースされたBrightness Pannerを含む2つのバンドル製品がセール対象になっています。

Sound Particles Panner Collection

上記の『Brightness Panner』と、それより少し前に先行してリリースされたパンニングFX『Energy Panner』とのバンドル『Sound Particles Panner Collection』もセールになっています。

Energy Pannerはサウンドの強度を利用してその動きをコントロールするプラグインです。

記事:

通常価格:69ドル → セール特価:55ドル(最安)

*2021年4月:69ドル→59ドル(リリースセール)

Sound Particles 4 FX Bundle

Sound Particles 4 FX Bundleは、上記の『Brightness Panner』と『Energy Panner』のバンドルに、プロフェッショナルユースの2つのFXプラグイン(Doppler と Air)がセットになった製品です。

セール情報:199ドル

 セール特価:139ドル(最安)

*2020年4月:199ドル → セール特価:179ドル

Sound Particlesの「Doppler」と「Air」について

『Doppler + Air』プロフェッショナルオーディオポストプロダクションプラグイン

Doppler + Airは、サウンドデザインやオーディオポストプロダクションに使用できるプロ仕様のオーディオプラグイン(AAX Native、AU、VST、VST3)のバンドルです。

この二つのプラグインは、空気中を移動する音の物理的な挙動をシミュレートし、ミックスを想像以上の没入感のあるサウンド体験を作り出します。

Doppler

Dopplerは、空気中を移動するオブジェクトの挙動をシミュレートし、通り過ぎる音の特性を非常に正確に再現したオーディオを作り出すエフェクターです。

実際の状況でピッチ、レベル、EQに物理的に影響を与えるすべてのパラメーターをコントロールすることで、ドップラーはあなたの作品に最も自然なサウンドのエミュレーションを提供します。

特徴

高精度ドップラー

正確さとは自然を意味します。脳は何が自然で何が偽物かを知っているので、最も正確なツールが必要です。

Dopplerプラグインは、ハリウッドの多くのスタジオで使用されているSound Particlesと同じエンジンを使用しており、最も自然なサウンドのドップラーエフェクトを作成することができます。

没入感のあるオーディオをサポート

モノラル(オムニ、カルドイド、8の字型)、ステレオ(MS、XY、ORTF、ブルムライン、AB)、5.1、7.1、9.1ドルビーアトモスベッド、またはアンビソニックス(3次まで)の中から、異なるマイクを選択するだけです。

最高のオーディオフォーマットのための最高のドップラーです。

完璧なイメージシンク

ドップラーのピークが欲しい時間を指定すると、他のすべてのパラメータが画像との完璧な同期を得るために調整されます。

Distance EQも搭載

ボリュームとピッチの他に、Dopplerプラグインは、距離を介して空気を減衰させることで得られる完璧な周波数特性を適用します。

世界の単位

メートル “と “フィート “のどちらがいいですか?

“Mph “と “km/h “どっちがいいですか?

帝国単位とメートル単位を完全に統合し、誰でも簡単に、より歓迎されるワークフローを実現します。

コントロールサーフェス

コントロールサーフェス(AVID S6など)を使用して、プラグインのパラメータを編集できます。

Air

Airは、音が空気中を移動するときに、音の高い周波数に起こる自然な減衰をシミュレートします。

自然に遠くに聞こえるようにしたいダイアログやエフェクトに対して、完全にシミュレートされた周波数応答を提供します。

特徴

複数のロケーション

Airはすでに南極からデスバレーまで、世界中のさまざまな場所の設定が含まれていますが、あなたは常にあなたの1つのカスタム値を入力することができます。

完璧な結果

Airは、空気減衰の正確な周波数応答値を使用しているので、単純なローパスフィルターよりもはるかに正確です。

距離減衰

距離減衰パラメータを使用して、距離に応じた音量をコントロールします。

世界の単位

「メートル」と「フィート」のどちらがいいですか?

「Mph」か「km/h」か?

インペリアル単位とメートル単位を完全に統合し、誰でも簡単に快適なワークフローを実現します。

コントロールサーフェス

コントロールサーフェス(AVID S6など)を使用してプラグインのパラメータを編集できます。

「Doppler + Air」のシステム要件

オペレーティングシステム

  • Mac OSX 10.9以上
  • Windows 7/8/10

最低限の要件

  • CPU – 2コア以上
  • RAM – 4GB以上
  • ディスク容量 600 MB

推奨条件

  • CPU – 4コア以上
  • RAM – 8GB以上
  • ディスク容量 – 600 MB