United Plugins『Orbitron』最新マルチ・モジュレーション・エフェクト・プラグイン

チェコのプラグイン開発メーカー:United PluginsからFXプラグイン『Orbitron』がリリースされました。

スポンサーリンク

Orbitron:4つのFXを自在にミックスしてサウンドデザイン

United PluginsとJMG Soundが開発してる『Orbitron』は、マルチ・モジュレーション・エフェクト・プラグインです。

簡単に説明すると、プラグインの4方向に搭載されている「4つのFX」と「中央のミックスモジュレーター」を使って、各エフェクターの間を様々な方法でブレンドしてユニークなサウンドを作り出すことができるツールです。

ざっと見紹介動画(1分30秒・日本語字幕可能):

Orbitron Introduction

サウンドのみのデモ動画(1分30秒):

United Plugins Orbitron Multi Modulation Effect Chorus Flanger Phaser Rotary (VST Provided) (2021)

製品紹介動画(5分46秒・日本語翻訳可能):

Best modulation VST of 2021? Orbitron by JMG Sound and United Plugins

解説動画(8分・日本語翻訳可能):

Insane Modulation Effects Plugin | United Plugins Orbitron

レビューとデモ動画(8分・日本語翻訳可能):

Orbitron Crazy Multi Modulation Effect Plugin by United Plugins – Review and Demo

Orbitronについて

モジュレーションの変革するプラグイン『Orbitron』

退屈になりがちなモジュレーションエフェクト。Orbitronは、そのモジュレーションをより面白いものにします。

例えば、4つの様々なモジュレーション・エフェクトの間を流れるようにクロスフェードして、各小節が異なるサウンドを作成することができます。

また、搭載されている4つのエフェクトをブレンドしてユニークなサウンドを作ることもできます。

Orbitronの特徴

Orbitronは、いわゆる「マルチFXモジュレーション」プラグインです。

微妙で有機的なバリエーションでインストゥルメントに生命を吹き込んだり、進化するユニゾンでシンセサウンドをファットにしたりすることができます。

また、飛び出してくるようなリズミカルな回転共鳴を作り出して創造的なカオスを作り出すこともできます。

退屈で生命力のないサウンドに別れを告げ、あなたの音楽に動きを注入しましょう。

高度なFXモーフィング

プラグインの中央にあるメインサークルは、4つのFXセクションの間でモーフィングします。

DAWと同期して音楽的なタイミングでモジュレーションしたり、ランダムに設定して微妙なバリエーションや有機的な動きを出したり、マニュアルモードで4つのセクションをブレンドして完璧なスイートスポットを見つけることができます。

サーキュラー・フィードバック

各FXセクションからの信号を次のセクションに送り、何度も何度も循環させる独自の循環型フィードバックネットワーク機能を搭載しています。

このクールなエフェクトは、非常に簡単に使えます(シンプルなノブ1つで使用することができます)。

また、フィードバック・ループのディレイを調整するためのサイズ・ノブも搭載されています。このエフェクトは、短いメタリックな響きから、豊かなリバーブまで、何でも追加することができます。

12種類のマルチモード

4つのFXセクションのそれぞれは、コーラス、フランジャー、フェイザー、スペシャルフィルターなど12種類のモードの中から1つを設定することができます。

全く異なる4つのモードを使用し、その間をブレンドしてハイブリッドを作ることもできます。また、同じものを4つ使用して各セクションに微妙な違いを作り、超リッチなモジュレーションを作ることもできます。

よりシンプルに

Orbitronは4つのFXを同時にブレンドしてモジュレーションしますが、いつでもシンプルなモジュレーションに戻すことができます。

各セクションはそれだけで完璧なサウンドを奏でますが、時にはそれがまさにあなたの必要とするものになることもあります。

そのために、各セクションにはソロスイッチがあり、他の3つのセクションを無効にすることができます。

この機能を使えば、一度に4つのプロセッサを使用するよりもCPU効率が良くなります。

大量のプリセットを収録

Orbitronには、トッププロデューサーやサウンドデザイナーによる膨大な数のプリセットが搭載されています。

1つのFXセクションのみを使用する「ソロ」、4種類のFXを使用する「マルチ」、全く異なるFXをクリエイティブに融合させた「ハイブリッド」など、便利なカテゴリに分類されています。

スマートなランダマイズ機能

単純なモジュレーションは退屈で退屈なものです。

しかし、4つの様々なモジュレーション・エフェクトの間で流暢にクロスフェードを行い、各小節のサウンドが異なるようにすることができると想像してみてください。

あるいは、4つのエフェクトをブレンドしてユニークなものを作ることもできます。

これはOrbitronならではのアプローチです。

スマートバイパス

このプラグインがバイパスを管理するインテリジェントな方法は、パラメータを自動化するときにクリックや有害なノイズを取得しないことを保証します。

また、バイパスの状態がお互いに完全に同期していることを確実にするために、レイテンシーを補正します。

インテリジェント・スリープ・オン・サイレンス(沈黙のインテリジェントスリープ機能)

このプラグインは、処理を実行することが理にかなっているかどうかをインテリジェント(自動的に)に判定します。

「処理する必要性がない」とプラグインが判定した場合は、一時的に「スリープモード」をオンにします。

スリープモードをオンになった状態では、CPUを実質的に必要とせず、他のプロセスのコンピューティングソースを保存します(マシンへの負荷の節約になる)。

システム要件

Mac

  • macOS 10.10以降(M1Mac、macOS 11 Big Surにも対応)
  • 64ビットのみ
  • SSE2をサポートしたIntel/AMDプロセッサ
  • VST2、VST3、AAXまたはAU互換ホスト

Windows

  • Windows 8 – 10
  • 32ビットまたは64ビット
  • SSE2をサポートしたIntel/AMDプロセッサ
  • VST2、VST3またはAAX互換ホスト

United Plugins『Orbitron』マニュアルの意訳

このプラグインはマルチモジュレーションエフェクトです。

それは4つの選択可能なFXと、それらの間で様々な方法でブレンドする中央のミックスモジュレーターを提供しています。

各エフェクター内部の説明

4つのFXモジュールは、12種類のモジュレーションFXからお好きなエフェクターを選択して使用することができます。

2つの水平スライダー(3 つのノブの下)は、現在選択されているモードの特性をコントロールします。 どのように動作するかは、選択されたモードによって異なります。

2つの水平スライダー

以下に、各モードとそれに関連したキャラクターコントロールについて説明します。

3つのキャラクターコントロール用ノブ
  • Depth

    エフェクトの量をコントロールします。0% の場合、FX エンジンは自動的にバイパスされ、CPU を節約します。これはFXの単純なドライ/ウェットではなく、FXの実際の強さをコントロールすることに注意してください。これは、回転する色付きのドットで視覚的に表現されます。


  • Rate

    モジュレーションのスピードをコントロールします。回転するカラードットで視覚的に表示されます。


  • Width(幅)

    左右のチャンネルに差をつけます。これはモードごとに異なりますが、主にモジュレーションの位相をオフセットすることで達成されますが、100%の場合は180度位相がずれます。


  • Solo

    他の3つの(ソロではない)FXを無効にします。

    これには主に2つの利点があります。

    1つ目は、他の 3 つの FX と混合した場合には困難な、その FX がどのようにサウンドを変化させているかをより簡単に聞くことができます。

    2つ目は、1 つの FX を作成するために恒久的に使用しておくことができます。これはCPUを大幅に節約し、例えばシンプルなコーラスが必要な場合などには、より速く設定することができます。
    このような理由から、”Solo “に分類されたプリセットがあります。

エフェクターのモード

エフェクターの切替セクション
Cosmic Chorus(コズミック・コーラス

各ボイスのディレイとフィードバックを備えたクリエイティブな4ボイスコーラスです。

  • Disperse – ディレイ時間をランダムにします。

  • Inject – フィードバックのレベルを上げ、より高い周波数に焦点を当てます。
Vintage Chorus(ヴィンテージコーラス)

クラシックな2ボイスコーラスで、リッチでファットなサウンドです。

  • Warm – 声にサチュレーションを加え、高音域を抑えます。

  • Analog – 各ボイスにランダムなバリエーションを作ります。
Super Chorus(スーパーコーラス)

モダンでクリーンでタイトなコーラスです。

  • Voices – アルゴリズムで使用する声の数を選択します。

  • Tone – ボイスを高音域または低音域にフォーカスします。
Tape Flanger(テープフランジャー)

クラシックなアナログ・テープ・フランジャーです。

  • Saturate – 低域を中心にテープの歪みを加えます。

  • Double – 50%高速化された第2のフランジャーをミックスし、ディレイタイムを増加させます。
Future Flanger(フューチャー・フランジャー)

ディレイとフィードバックを備えたクリエイティブなフランジャーです。

  • Scream – フランジャー・ヴォイスのフィードバック・レベルを上げます。

  • Stasis – ディレイタイムを増加させ、モジュレーションレンジを減少させ、レゾナンスを減少させます。
Phat Phaser(ファット・フェイザー)

200Hzと2kHzの間で発振する最新のフェイザーです。

  • Complexity – 使用するディレイラインの数を選択します。

  • Talk – フィードバックのレベルをコントロールします。負の値を設定すると、フィードバックの極性が反転します。
Infinite Combs(無限コーム)

シェパードの音色効果を生み出すモジュレーションされたコームフィルターのシリーズです。

  • Range – コムの最小周波数と最大周波数をコントロールします。

  • パターン – フィードバック反転コームのバリエーションで、動きの方向を選択します。
Liquid Filter(リキッドフィルター)

掃引カットオフを備えたモーフィング可能な HP/LP フィルタです。

  • レゾナンス – 周波数に対するレゾナンスの量をコントロールします。

  • Morph – HPとLPの間で変調範囲を分配します。
Kinetic Resonator(キネティック・レゾネーター)

フィードバックループ内の共振ピークと変調周波数を持つフィルタです。

  • Feedback – フィードバックレベルを制御します。

  • Type – フィルタのタイプを選択します。
Chaos Vortex(カオスな渦巻き)

ドップラー効果に基づいたマルチバンドのスピンエフェクトです。

  • スピン – バンドの速度をオフセットします。

  • 半径 – バンドの距離をオフセットします。
Rotary Speaker(ロータリースピーカー)

ヴィンテージロータリースピーカーキャビネットをシミュレートします。

  • Ratio – スピーカーの距離をオフセットします。

  • Fast – クラシックな高速ロータリーサウンドをエミュレートするためにスピードを倍加します。
Space Time(スペースタイム)

変調されたディレイ・ラインのマルチバンドおよびマルチタップ・アレイです。

  • Metalize – 複雑なフィードバックネットワークのレベルをコントロールします。

  • Diffract – ディレイの値を歪ませ、サウンドの特性を変化させます。

Mix Modulation(ミックスモジュレーション)

プラグインの中央セクションには、4つのFXをブレンドするためのコントロールが搭載されています。

メインの大きな円は、4つのFXのミックス位置を示すために回転するドットを表示します。

4つのモードのうち1つを設定することができます。

  • Sync – DAWに合わせて、設定された小節数で回転します。

  • Free – 一定のスピードでスピンします。

  • Random – スムーズなランダムな動きでミックスポジションをモジュレートします。

  • Manual – 4つのFXの静的なミックスになります。ここでは、完璧なスイートスポットまでドットをドラッグすることができます。

  • Range – ミックスモジュレーションの深さをコントロールします。値が高いほど、各象限を通過したときに聞こえる違いが大きくなります。

  • Bars(小節) – ミックスモジュレーションのシンクスピードを小節単位で選択します。値が4の場合、ドットが完全な円を描くのに4小節かかることを意味します。

  • Speed – ミックスモジュレーションの速度をコントロールします。値が高いほど、ドットの回転速度が速くなります。

  • Feed – サーキュラーフィードバックの量を制御します。当社独自のサーキュラーフィードバックシステムは、前のFXからのシグナルを次のFXのインプットにフィードし、何度も何度も繰り返します。

  • Size – フィードバックループのディレイサイズをコントロールします。

プリセット

便利なグループに分類されています。

  • Solo – 1つのFXセクションのみを使用するプリセットです。一度に4つのFXをすべて必要とするわけではありませんが、時にはシンプルなコーラスを使用したい場合もあるでしょう。これは、他の3つのFXとミックスモジュレーションシステムを完全に無効にするので、CPU効率が高くなります。


  • Multi – 似たようなタイプの4つのFXセクションをすべて使用するプリセットです。例えば、4 種類の異なるコーラスを組み合わせれば、リッチで変化に富んだコーラスになりますが、本質的にはコーラスであることに変わりはありません。そのため、これらのマルチプリセットは、ミックスモジュレーションシステムを利用しながら、エフェクトタイプごとにグループ化されています。


  • Hybrid – これらのプリセットは、基本的に4つの異なるFXタイプを融合させたマルチエフェクトです。

Randomizers(ランダマイザー)

3つのサイコロがスマートなランダム化を提供します。

  • Dice 1 – 現在選択されているモードを維持したまま、既存のセッティングに賢明な変更を加えます。

  • Dice 2 – 最初のサイコロと同じですが、ミックスモジュレーションとフィードバックのモードと設定を変更します。

  • Dice 3 – すべてのパラメータが完全にランダムなカオスになります。
Orbitron Manual
This plugin is a multi modulation effect. It offers 4 selectable FX and a central mix modulator that blends between them in various ways.

セール情報

通常価格:124ドル

セール特価:30ドル(75%OFF)