タイランド サムイ島・パンガン島のパーティーについて 〔Digtal DJ Tips:Phil先生のお話〕

よろしければシェアお願いします

 

今回は、タイ南部のリゾートアイランド「サムイ島(コサムイ)とパンガン島(コパンガン)」についてのお話です。

この二つの島は、東南アジア随一のパーティースポットです。

   

こんなところです。

Koh Phangan 2018

   

以前私は、この動画の0:37頃に映った大きな木の近くに一軒家を借り長逗留していました。 まだ手付かずの自然が残る美しい場所です。

 

しかし今回の本題は、タイの美しい自然やビーチのお話ではなく、DJTechToolsと並ぶ英語圏では著名なDJ関連情報サイト「Digital DJ Tips」の創設者:Phil Morse氏のビデオブログ。

Philさんは、現在タイ南部を旅していらっしゃるようです。

 

そして先日、コサムイで一番大きなビーチ(恐らくチャウウェンビーチ)の大晦日のパーティーを見てきたそうです。

今回はその「パーティー事情」に関するレポート動画を紹介します。(3分間の短いお話のみ。)

 

“Why Terrible DJs Are Good News For Beginners” – Phil Morse DJ Vlog #11 – DJ Tips

 

 

彼の話の内容をまとめると、、以下のような感じでした。(括弧内はわたしの注釈です。)

サムイ島の宿泊施設は、今にも壊れそうなボロいバーに併設されたバックパッカーが泊まる安宿から5つ星の高級ホテルまで、この時期は何倍も価格が上昇している。

(年末年始は、タイ南部のビーチリゾートは年一番のハイシーズンにあたります。)

あちこちで異なる大晦日のイベントが開催されている。

(ビーチに面した数多くのバーでは、違う音楽がかかっています。全く統一感はない。)

 

DJインストラクターとしての視点からこれらの状況を観察してみた。(Phil氏はDJ教育を20年やっている。)

 

一言で言うと、ショックを受けるほど酷い有り様だった。

 

プレイは、ゴミのようなループとディストーデッド。

“DJ”と呼ばれるやつらは、ステージ上のマイクを持った男のカウントダウンの叫びと音楽を交互にミックス(笑)。。

ホントに酷いミキシング。ただデカイ音量が鳴り響く。。

 

しかし、ここで思った。これは興味深いことだと。

 

お客たちは、このイベントのチケットに大金を(一人170ドルくらい)払っている。それにも関わらず、音楽は本当に酷かった。

ここのDJたちのスキルは本当に低いので、ある意味参入のチャンスといえるだろう。

  

(この辺からPhil氏興奮気味。)

マジで糞な音楽。極悪ともいえるミックス。

さらに酷いことにDJはクラウドの方に注意を全く向けていない。

全くその場にふさわしくないミックス。

ホントに酷い!

なので、ここでDJとして成功することはそんなに難しいことじゃないはずだよ! 

(超適当な意訳ですが、それほど外れてはいないと思います。。)

    

  

下の動画は、パンガン島の月に一度のフルムーンパーティーの様子(お隣のサムイ島からもシャトルボートで夜中ひっきりなしにお客さんがやってきます。)

かなり酷い有り様です。。(全部見る必要はありません。。)

THE FULL MOON PARTY – KOH PHANGAN THAILAND – A GLIDECAM WALK AROUND

 

 

わたしも、青春時代 (笑) をこのあたりで過ごしてきたので、色々思うところはあります。。

  

これでも音響設備などのハードのレベルは上がってきたと思うのですが、音楽やお客さんのレベルなどの「ソフト面」は逆に悪くなっているように感じています。

(まあ、一部のアンダーグラウンドなパーティーを除けば、音楽、DJのレベルなどは、昔から酷いものでしたが。。)

  

すでにサムイ島やパンガン島は、タイランドのメジャーな観光地になっているので拝金主義が非常に強いですし、 経営者は酒が売れれば良いわけで。。

ハイシーズン以外(冬の時期と夏休みの時期以外)は、結構閑散としているので、そのハイシーズンに一気に資金回収しようとします。まるでハイエナのようです。そこには、「文化」もへったくりもありません。

 

インドのゴアやスペインのイビザ島と並ぶヒッピー・パラダイス(ピッピーカルチャーの揺りかご)と言われたのはもう遥か昔のこと。そのゴアもイビザも今じゃ立派な「観光地」ですが。。

  

「ヒッピー的な時代」だった頃の客層が良かったとは言いませんが、今ほど画一的ではなかったかなぁと思います。

いや、わたしもこの辺に通うようになった頃はすでに「本当のヒッピー時代」は終わったあとでした。(歳がバレるのでいつ頃かは触れませんが、結構前です。。)その頃も「昔はもっと面白かったんだ」と本物のヒッピー世代の方々がおっしゃっていたのを聞いた記憶があります。

  

とはいえ、まだその頃は、様々な音楽と、多種多様な変人たちの巣窟でした。いまは超絶コマーシャルなEDMとヒップホップが絶頂を極めています。

   

いったいあの変人たちはどこへ行ってしまったんだろう? そう考えると自分も歳を取ったんだなぁと。。

 


     

ちょいとネガティブな話になってしまいましたが、遊ぶにはいまでも素晴らしく楽しい場所であることに変わりはありません。

  

Phil先生の言うように、志の高いDJたちがこの地にぞくぞくとやって来て、島の音楽のレベルを底上げして行く未来があれば、多様性が生まれて、より楽しくなっていくことでしょう。

なのですが、南国に来るとみんな日々を楽しく過ごせればいいやって感じで、何かをなそうと努力する人は少数派。

そういう意味でも、意外とチャンスはあちこちに転がっています。

 

そして、サムイ、パンガンは、パーティーや音楽制作のロケーションとしては最高です。

人里離れたジャングルの中の一軒家を借りれば、そこそこの大きな音量で音楽制作が出来ます。小鳥のさえずりで、朝、目を覚ます生活です。

 

一軒家でも、一ヶ月 4、5万円台くらいからレンタル可能です。

(もっと安い家賃のところもありますが、4、5万円くらいが普通の日本の方が許容できる最低ラインかと思います。10万円以上出すとまあまあラグジュアリーな家を借りられるでしょう。)

もちろん敷金礼金はかかりません。ただし、保証金(問題無ければ後から返ってくる)を取るところは結構多いです。

通常は、冷蔵庫やガスコンロ、ベッド、エアコン、TV、WIFI、ホットシャワーなどの生活必需品は完備されています。

結構広いし大体キッチン付き。庭付きの家もアリ。ビーチフロントやシービューだと高くなる傾向。大型スーパーもあるので、自炊も可能。(ちょっと高いけど日本食材も揃っていますよ。)すでにネット環境も整ってきています。

  

レンタルハウスの一例
Dream "Bird's Nest" House For Rent In Koh Phangan

 

Thai House Monthly Rental Rate on Koh Phangan, Thailand

 

House for rent koh phangan : Tamarind Villas

  

House Tour On Koh Phangan Island

   


   

  

(技術とセンスを持て余している)日本のDJや音楽家の皆さんがもっと大勢、機材片手にタイのビーチを訪れてみて欲しいと思います。DJのイベントだけでなく、ライブセッションなども盛んです。

飛び込みでもなんとかなるかもしれません・・。というか殆どのDJやミュージシャンも、最初は飛び込みです。

  

そして、ハッと息を飲むような美しい瞬間をそこかしこで体験することが出来るはずです。

   

 

 

オススメの場所

 このエリアでは案外マトモなパーティーをやっている「Guy’s Bar」。

こちらが、このリゾートの裏の側面でしょう。上記に紹介したフルムーンパーティーの猥雑さとは全く異なる世界があります。

 

"Guys bar" @ Haad Tien, Koh Phangan, Thailand

 

Guy’s Barは、ハードティエン(ティエン・ビーチ/ Koh Pangan)にあるのですが、行くのがちょっと大変。

通常はロングテイルボートで向かうことになります。わたしはこれが大嫌いでして。。特に夜の利用と波が強い日の利用は危ないのでおすすめしません。

  

その他注意事項:

交通事故、海水浴中の水難、性感染症や狂犬病、破傷風などの伝染病・感染症、ドラッグのオーバードーズ、強盗、詐欺、殺人、婦女暴行など、わりと危険は多いです。拳銃・違法薬物が蔓延していることにも、一応注意してください。。

(特にバイクの運転による致命的な交通事故が多発しています。くれぐれも気をつけてください!)

睡眠薬強盗なんてのもあります。

 

しかし、(その分?)「生きている実感」を強く感じさせてくれる場所の一つです。(このあたり、タイでは有名なパワースポットだそうです。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ななしさん@昼ご飯終了 より:

    > なので、ここでDJとして成功することはそんなに難しいことじゃないはずだよ!

    こりゃ行くしかないですかね。(笑
    着物着て、刀を挿して。

    冗談抜きで受けたりして、ピコ太郎よりメジャーに…w

    • sawayaka trip より:

      ななしさまコメントありがとうございます。
      (実力あるんだから)そんな小手先は止めて音楽で勝負してください! と言いたいところですが、意外とそう言うのが受けるんですよね。。
      でもピコ太郎様も一発でしたよね。。恐らくあの方も音楽的な才能がかなりある方のようなので、次は音楽のみで勝負されるのかな?

  2. late night tuff boy's より:

    初めまして。
    二年前、二ヶ月ぐらいタイで放浪していた時、フルムーンパーティに参加しました。フルムーンパーティは、ほんとガッカリしましたね。お店の八割ほどは、残念な曲、またdjも残念なミックスでした。

    当方も、一応ローカルdjとして活動していた身で、好きなジャンルは、ハウス、テクノ、ディスコなんですが、フルムーンパーティ時は、二箇所からハウスが流れていました。

    テックハウスが流れていたお店は、タイ人の方がdjをしていて、その方が滑らかにミックスをし、なかなか驚きました。
    クールな選曲が良いねと声をかけたら、すごく照れていたのが印象に残ってます。
    ただお客さんが全くいなく、良い腕してるのにもったいないなーと。

    もう一つの場所は、ビーチの一番端の階段を上がったお店、こちらはディープハウスが流れていて、djは欧米の方かな??が回していて、こちらのdjは上手かったですね。そして、選曲も素晴らしかったです。
    お店も人で溢れていました。

    いわゆる音好きが訪れたほうがいいパーティは、フルムーンよりジャングルエクスペリエンス。
    音はテクノです。
    日本ではあまり体験できないレイブパーティだと思います。

    後、案外、バンガローの食堂などで良い曲がながれています。
    私が泊まったところのバンガローの選曲は、ディスコ、ニューディスコ、ニューウェーブ、ハウスなどでした。

    • sawayaka trip より:

      late night tuff boy’sさま、コメントありがとうございます。
      良い旅されていますね。次はDJもやってみては?

      >いわゆる音好きが訪れたほうがいいパーティは、フルムーンよりジャングルエクスペリエンス。音はテクノです。

      ジャングルエクスペリエンスはサイトランス一本槍かと思っていましたがテクノもやってるんですね。(ジャングルに最後に行ったのは5年くらい前です。)

      >後、案外、バンガローの食堂などで良い曲がながれています。私が泊まったところのバンガローの選曲は、ディスコ、ニューディスコ、ニューウェーブ、ハウスなどでした。

      当たりのバンガローの食堂を見つけられると、旅がぐっと楽しいものになるんですよね。
      ああ、島に行きたきくなってきました。そろそろ禁断症状が。。

      • late night tuff boy's より:

        飛び込みでdjをする目的で行ったんですが、旅三日目でパソコンが壊れるという…(笑)
        なので、パンガン島に長期滞在する予定を放浪に切り替えました(笑)
        それこそ管理人さんが書かれているguy’s barでやってみたかったですね。

        ジャングルエクスペリエンス、最近、テクノが主流だと。
        私が行った時、たまたまだったかもしれませんが。

        私も島に行きたくなる病、たまに掛かります(笑)
        私、次に狙ってるのが、ベトナムのフーコック島。
        こちらで開催されていたepizode festivalに行ってみたいですね。
        ラインナップが豪華!!
        開催されるのかはわかりませんが…