DDMF:ブラックフライデーセール全製品40%OFF(MetapluginやMagicDeathEyeも対象)

DDMFブラックフライデーセールは、全製品が40%オフです。ここではコンプのMagicDeathEyeとプラグインチェイナーのMetapluginを紹介します。

MagicDeathEye :Fairchild 660ベースのチューブコンプ

MagicDeathEye Compressor from DDMF | Overview and Sounds
DDMF Magic Death Eye Stereo – Tube Compressor Plugin Review

MagicDeathEye コンプレッサーを聴いたことがある人なら誰もがそのサウンドに圧倒されたことでしょう。

Ian Sefchick氏(Capitol Recordsのマスタリングエンジニア)によって慎重に設計されたこのチューブコンプレッサーの回路は、Fairchild 660をベースにしています。

可変ゲインのコンプレッサーで、マスタリングバスでも個々のトラックでも同じように素晴らしいサウンドが得られます。MagicDeathEyeは、高価な真空管コンプレッサーにしかできない温かみのあるエレガントな方法で、オーディオ信号をスムーズにつなぎ合わせます。

すでに伝説的なハードウェアとなっているMagicDeathEyeコンプレッサーは、世界でも有数のスタジオだけが入手できるようになっています。

約1年に渡る慎重な回路と信号分析の後、DDMFとIan Sefchick氏は、この美しい獣の公式プラグインバージョンを発表できることを非常に誇りに思っています。

CPUの負荷を非常に合理的なレベルに抑えながら、ハードウェアの役割モデルに非常に近い状態を維持しているため、”他のコンプレッサープラグインが本当に必要なのか?”という古くからの疑問に対する答えは、このプラグインがイエスであると確信しています

重要: このプラグインはモノラルハードウェアコンプレッサーをモデルにしていますが、ソフトウェアはモノラルとステレオの両方の動作を提供します(両方のチャンネルで同一のゲインリダクションを提供します)!

他のMagicDeathEyeエミュレーションは “MagicDeathEyeStereo “と呼ばれていますが、それは単にオリジナルのハードウェアのことを指しています。

ここでは、使用されている8本(!)の真空管や手巻きトランスなど、非常に興味深い技術的な詳細をお伝えすることができますが、そろそろこの素晴らしいツールを試してみて、ご自身の目で確かめてみてください。楽しんでいただけることを願っています。

MagicDeathEye -
What is it? Everybody who has ever had a chance to listen to a MagicDeathEye compressor has been blown away by its sound. Carefully designed by Mr. Ian Sefchick...

Metaplugin:プラグインチェイナー

DDMF Metaplugin Review
WILL THIS MAKE EVERY PLUGIN SOUND BETTER?!

Metapluginは他のプラグインをロードするプラグインです。

簡単です。

このプラグインのラッパーを使って、ハードディスクに入っているVST/VST3(Macの場合はAU)エフェクトを使って、独自のエフェクトネットワークを構築しましょう。

Mid-Sideマトリックス、4バンドクロスオーバーフィルター、ルーティングプラグインがパッケージに含まれています。

これは、即席のクロストラックルーティング、ミッドサイド、マルチバンドコンプレッション/ディストーション/リバーブ…など、あらゆるものを意味します。

もちろん、これはほんの始まりに過ぎません…あなたの想像力を自由に働かせてください。独自のレイヤリングされたシンセサウンドを作成することから、シンプルなモジュールを使ってスクラッチからサウンドジェネレーター全体を構築することまで、不可能なことは何もありません。

Metapluginのもう一つのお気に入りの使い方は、Pro ToolsでVSTプラグインをロードすることです(Macの場合はPro ToolsでAudioUnitsをロードすることもできます)。

VSTからAAXへのラッパーとして、またはAUからAAXへのラッパーとして使うことができます。

また、Metapluginを使ってLogic/LogicXでVSTプラグインをロードしたり(VSTからAUへのラッパー)、CubaseでAUプラグインをロードしたり(AUからVSTへのラッパー)することもできます。

  • エフェクト・バージョンは、サラウンドなどのマルチチャンネル用に最大8つのチャンネルをサポートします。
  • インストゥルメント・バージョンは、16本のステレオ出力バスを搭載し、マルチチャンネル・インストゥルメントを使用したあらゆるルーティングを可能にします。
  • DAWやプラグイン形式に対応している場合は倍精度のオーディオ処理が可能(オーディオユニットは対象外
  • ステレオサイドチェイン入力を追加
  • 便利なプラグインオーガナイザー: プラグインを一度スキャンしてから、グラフエリアにドラッグ&ドロップするだけです。
  • 32ビットから64ビットへの内部ブリッジ、シームレスなプラグイン・ウィンドウ統合:サードパーティのブリッジング・ソリューションを必要とせずにProToolsまたはLogicPro Xで32ビット・プラグインをロード
  • v3.4からのNEW: 64ビットから32ビットへのブリッジも内蔵!
  • ネイティブのApple Audio Unitプラグインをサポート
  • プラグインごとにドライ/ウェット比の調整が可能です。
  • プラグインごとに個別にバイパス
  • プラグインの完全なディレイ補正が含まれています。
  • ロードされたプラグインの任意のパラメータにマッピングすることで、最大100個のパラメータを自動化
  • CPUの追加オーバーヘッドはほとんどありません。
  • シンセは任意のMIDIコントロールでロードして演奏することも可能なので、既存のビルディングブロックでカスタムシンセサイザーを作成することができます。
  • シグナルチェーン全体の最大8倍のオーバーサンプリングオプションが利用可能。
  • ミッドサイド・マトリックス、マルチバンド・スプリッター、クロストラック・センド/レシーブ・ヘルパー・プラグインを搭載。
  • プラグインのカラーパレットを自由に設定できます。
  • プラグイン・ウィンドウのサイズを自由に変更可能。
  • VST (2 または 3) から AU へのラッパー、VST (2 または 3) から AAX へのラッパー、または AU から AAX へのラッパーとして使用することができます。
  • 正直言って、このラッパーを所有しない理由は考えられません。Windows (32/64 bit VST/VST3 と AAX) と Mac OSX (32/64 bit VST/VST3/AU/AAX, 10.7 以上が必要) に対応しています。いつものように、私たちは、あなたのニーズに合うかどうかを確認するために、デモ版(設定は保存されていませんが、さらに完全に機能しています)をチェックすることを強くお勧めします
Metaplugin by DDMF: plugin wrapper, chainer, VST to AAX, AU to AAX
The swiss army knife when it comes to VST/AU/RTAS/AAX plugins. Plugin wrapper,plugin chainer, life saver. Click here to learn more!

セール情報