Silence+Other Sounds『Stringache』シネマティックホラーミュージックとFXに最適な弦楽器音源(Kontakt&WAV)

Silence+Other Sounds社のシネマティックホラー系ストリングス音源『Stringache』が68%OFFの期間限定セールになっています。

通常価格:59ユーロ(約7,546円) → セール特価:19ユーロ(約2,430円)68%OFF

*セールは3月3日(水)朝9時まで。

「Stringach」は、ストリングス・ノイズの現代的なホラーサウンドのライブラリーです。(KontaktとWAVフォーマットで利用できます。)

Stringachには、ホラームービー音楽などで、緊張感を生み出すための微妙なバイオリン・エフェクトや、観客の注意を引くためのクラスター・エフェクトの上昇、耳に突き刺さるような絶叫系のストリングスノイズなどを収録しています。

注意:Kontaktで使用する場合は、Kontakt 5.8.1以降のフルリテール版が必要です(ただし、WAVフォーマットも用意されているので、サンプルとしてDAWで使用することも可能です。)

スポンサーリンク

『Stringache』シネマティックホラーミュージックとFXに最適な弦楽器(Kontakt&WAV)

Stringache は、弦楽器の音で構成されたモダンなホラー系Kontaktライブラリです。ホラー・エフェクトを生み出すために特別にデザインされています。

古典的なものから現代的なホラー・サウンドまでカバーするライブラリです。

例えば以下のような用途に使用できます。

  • サウンドデザイン
  • ホラーのスコアリング
  • 映画、ドラマ音楽などのサスペンスシーン
  • 映画、ドラマ音楽などのアクションシーケンス
  • 実録犯罪ドラマ
互換性:(KontaktとWAVで使用できます)

こん製品のサウンドを使うのにKontaktが必ず必要なわけではありません。

お使いのDAW、お気に入りのオーディオサンプラー、ビデオ編集ソフト、または.wavファイルを扱えるソフトであれば、すべてのサウンドをインポートすることができます。

ライセンス:シングルユーザーライセンス&ロイヤリティフリーです。(詳細はこちらのEULAをお読みください)

デモ動画

ざっと見紹介動画(1分・日本語字幕可能):

紹介動画(3分・日本語字幕なし):

Stringacheについて

シネマティックホラーミュージックとFX(KontaktとWAV)に最適な弦楽器『Stringache』

Stringacheは、現代的なホラー・ライブラリです。

私たちSilence+Other Soundsは、近接したマイク技術を使って、膨大な量のバイオリンのスタブや悲鳴、ピチカート、チェロのスタッカート、コントラバスのジェスチャー、クレッシェンド、緊張感のある弦楽器のジェスチャー、ボーイングのサウンドなどを録音しました。

緊張感を生み出すための繊細なバイオリンエフェクト、観客の注意を引くためのクラスターエフェクト、耳に突き刺さるような絶叫系のストリングスエフェクトが必要なときはいつでも、Stringacheはあなたの武器となるでしょう。

このライブラリには、コントラバス、チェロ、ヴィオラ、バイオリンのオリジナル録音の大規模なセットも付属しています(270+ 96kHz、24ビット、.wav)。

これらのサウンドは、非常に透明度の高いEQとディノイズ処理が施されており、独自のサウンドエフェクトを作成するための構成要素として使用することができます。

サウンドライブラリには、14種類のKontakt InstrumentsとカスタムUIが含まれています。詳細はKontakt Instrumentsのセクションをスクロールダウンしてください。

STRINGACHEの内容

  • 高解像度でロイヤリティフリーのサウンドを6つのフォルダに分けて収録

  • 合計570+のサウンド (96 kHz, 24 bit .wav)

  • クレッシェンドとマチマチのライジング・クラスター(チェロ、ヴィオラ、ヴァイオリン

  • 突き刺すようなハイノートのスクリームとジャンプの怖さ

  • ダークなチェロとコントラバスのジェテ

  • ねじれたストリングスのジェスチャー

  • DAWに同期したリズムとクロック

  • 個々のサンプルごとに調整可能なサンプルオフセット

  • 270以上のソースのレコーディング(コントラバス、チェロ、ヴィオラ、ヴァイオリン)のコンストラクション・キット

  • 14 Kontakt Instruments(フルバージョン5.8.1以降が必要)とカスタムUIでサウンドをさらに操作可能

互換性:

  • 必ずしもKontaktが必要なわけではありません。お使いのDAW、お気に入りのオーディオサンプラー、ビデオ編集ソフト、または.wavファイルを扱えるソフトであれば、すべてのサウンドをインポートできます。

  • ただし、Kontakt Instrumentsを使用するには、少なくともKontakt 5.8.1のフルバージョンが必要です。

  • 無料版のKontakt Playerはサポートされていません。

詳細解説動画(21分・日本語字幕可能可能):

長編ウォークスルー動画(28分・日本語字幕なし):

サウンドを形にする完全なコントロールする多くの仕掛け

Stringacheのライブラリは、色分けされた3つの独立したコントロール可能なレイヤーをコンセプトに構築されています(グレー、ブルー、バイオレット)。

レイヤコントロール

GUI の中央部を見てみると、レイヤードコンセプトの最も分かりやすい例として、レイヤ 1、レイヤ 2、レイヤ 3 とラベルの付いた 3 つの長方形のボタンがあります。これらのボタンをクリックすると、そのレイヤーのコントロールが切り替わり、そのレイヤーのパラメータを個別に調整することができます。

ピッチコントロール

インターフェイスの左上には、3 つのダイヤルがあります。これらは各グループのピッチをコントロールし、同じグレー、ブルー、バイオレットの順番で色分けされています。

波形表示

中央の画面には各サウンドの波形が表示され、色分けされています。

波形表示の右側には、各レイヤーのボリュームコントロールが表示されます。

EQ、エンベロープ、フィルター

GUI の中央には、以下のように生のサウンドをシェイプしたり、操作したりするのに役立つ豊富なコントロールが用意されています。

  • パラメトリックEQ – 低周波(LF)、低中周波(LMF)、高中周波(HMF)、高周波(HF)のDBとHZコントロールを搭載

  • ボリュームエンベロープ:アタック、ホールド、ディケイ、サステイン、リリースのコントロールが含まれています。

  • ローパスフィルタ(LPF)

  • ハイパスフィルタ(HPF)

  • 共鳴(LPFとHPFの両方に影響を与える)

  • フィルターコントロールの下にはDrive、Damp、Saturationのノブがあります。
リバーブ&ディレイ

ReverbとDelayはマスターエフェクトで、どのグループやレイヤーを選択しても、そのサウンドを変更することができます。

上記のGUIコントロールはすべてKontakt METHODを使ってMIDI CCにアサインすることができます。

Kontaktキーボード表示

ここでは、上記の色分けされたコンセプトで描かれた3つのプレイ可能なレイヤーを見ることができます。

  • グレー(モニターの設定によっては黒)がグループ1です。

  • 青はグループ2

  • バイオレット(ピンク)はグループ3

このライブラリの可能性を最大限に引き出すためには、冒険心を持つ必要があります。付属のエフェクトコントロールを使って実験することで、このライブラリから最大限の効果を引き出すことができます。

https://silenceandothersounds.com/products/stringache/

セール情報

通常価格:59ユーロ(約7,546円)

セール特価:19ユーロ(約2,430円)68%OFF