W.A Production『InstaSeries』音楽制作をサポートしてくれるMIDI生成&作曲支援ツール:三製品バンドル

W.A Productionの年末年始セールが開催されています。多くの製品がセール対象になっていますが、ここでは、作曲支援ツール3製品のバンドル『InstaSeries Bundle』を紹介します。80%OFFです。

2022年1月7日 追記:セール期間が延長されています(*1/13夕方まで)。

InstaSeries Bundleは(曲作りで壁にぶち当たっている時や、作曲のバラエティの幅を広げたいときなどに役立つ)3種類の作曲支援系プラグインがセットになったバンドルです。

  • InstaComposer:人工知能による音楽制作お助けツール(新製品)
  • InstaChord:コード進行(作曲支援)ツール
  • InstaScale:16個の鍵でさまざま演奏を実現するMIDIプロセッシング・ツール
スポンサーリンク

『InstaComposer』人工知能による音楽制作お助けツール

『InstaComposer』は、ボタンをクリックするだけで、人工知能が、コード、メロディー、ベースライン、シンセのパートなどを自動で生成してくれる新しい音楽制作ツールです。

また、AIアルゴリズムを微調整して、ユーザーが求める結果に近づけるための操作系統も豊富に用意されています。

  • ソフトウェアタイプ: MIDIプロセッサー
  • プラグインフォーマット: VST、AU、AAX

デモ動画

ざっと見紹介動画(1分38秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

解説動画(15分・自動翻訳の日本語字幕可能):『AIで曲全体のスターターを生成する』

紹介動画(11分・自動翻訳の日本語字幕可能):

『InstaComposer』の詳細

新世代の音楽制作ツール

音楽制作において、インスピレーションがなかなか湧いてこないときがありますよね。

Instacomposerは、そんなときに便利なお助け系MIDI生成プラグインです。

あなたはボタンをクリックするだけ。

ただそれだけで、メロディ、リズム、ベース、パッド、コードを呼び出すことができます。

Instacomposerが、人工知能を使って、本当に役に立つ音楽的なリフを作成してくれます。

そして、自動作曲の次のステップで、複雑なアルゴリズムを使って、あなたの好みに応じて音符、ハーモニー、コードを決定します。

Instacomposerの作曲能力の力を借りれば、音楽製作時のマンネリ化に悩まされることはありません。

人工知能

Instacomposerのバックボーンは、数学と音楽の知識の両方に基づいて音符を作成する意思決定マトリックスです。

さらに人工知能は、繰り返しの確率やコード形状の複雑さなど、ボトムパネルで設定できるさまざまなパラメータを考慮します。

ハーモニック・バリエーション、ストラミング・テクニック、音符の密度など、数え切れないほどのオプションを調整することができ、あなただけの好みをアルゴリズムに反映させることができます。

高い柔軟性

Instacomposerは、スケール、拍子、リフの長さなどを考慮して、あなたの個性を表現します。

メロディ、リズム、ベース、パッド、コードの組み合わせで、5つのトラックの1つ、一部、またはすべてに新しいシーケンスを作成することができます。

MIDIエディター

オンボードのMIDIエディターは、Instacomposerの出力をインターフェイス自体で調整するために使用できます。

つまり、プラグインから出力される前に音楽を操作することができ、プラグインが提供するものに加えて、独自の創造性や個人的なスタイルを加えることができます。

慣れ親しんだピアノロールのインターフェイスで音符を移動、コピー、削除したり、ベロシティを変更することもできます。

MIDIエクスポート

MIDIトラックをInstacomposerから直接DAWにドラッグして、究極の使いやすさを実現します。

また、マルチチャンネルのインストゥルメントをセットアップし、InstacomposerからのMIDIをお気に入りのVSTiにルーティングすることもできます。

この方法では、Instacomposerの環境を離れることなく、5つのトラックすべてを同時にプレビューすることができます。

プリセット

Instacomposerには、音楽制作に取り掛かる際の便利なきっかけとして使用できる膨大な数のファクトリー・プリセットが用意されています。

特徴

  • インテリジェントなMIDI生成プラグイン

  • メロディ、フレーズ、リフ、コードなどを作成可能

  • ボタンをクリックするだけで、無限のアイデアが生まれます

  • 5つのトラックを同時に生成

  • マルチトラック、マルチチャンネルルーティング

  • ハーモニーとコード進行の自動生成

  • 包括的なMIDI編集

  • MIDIドラッグ&ドロップ

  • 複数の拍子記号

  • 確率、複雑さ、変化のための多くのコントロール

  • ファクトリープリセット

  • 完全なPDFマニュアルとチュートリアルビデオ

セール情報

InstaComposerは単体でもセール対象になっています。

通常価格:99ドル → セール特価:29.7ドル

『InstaChord』コード進行支援ツール

InstaChordは、コード進行を自動生成してくれたり、作曲時のヒントを与えてくれるいわゆる「作曲支援系」ツールです。

作曲系のお助けツールやコート進行学習ツールを探している方に適した製品です。

  • タイプ:MIDIプロセッサ、プラグイン
  • フォーマット:VST、AU、AAX

デモ動画

メーカーによる紹介動画(4分):

使い方動画(6分34秒):

W.A. ProductionのInstachordは、便利なアーティキュレーションやプレイスタイルを備えたコード進行を作成できるユーティリティです。

基本的なコード理論と簡単なルーティングがあれば、構成されたビートを数分で完成させることができます。

コードとメロディーを簡単に作成する方法-InstaChordプラグインのレビュー(9分37秒):

(InstaChordでコード進行とメロディを簡単に作成する方法を紹介)

EzKeysとInstachordでスケーラーを使用する方法:ジャズのコード進行とブレイク(20分):

InstaChordの詳細

『InstaChord』とは、 コードの進行を素早く簡単に行えるMIDI処理プラグインです。  

例えば、偉大な曲の土台は、「コード進行」と呼ばれる和音の動きと和音の変化に基づいています。

コードの進行の変化は、曲の気分や方向に大きな影響を与える可能性があります。  

音楽理論を背景にしている人でも、作曲時、繰り返しや停滞を経験することがあります。

そして、そのようなプロフェッショナルな方でも、「より豊かなコードと新しいコード進行」を使用すると、製作中の曲を新しいレベルに押し上げ、また、よりユニークでプロフェッショナルなサウンドにすることができるでしょう。  

あなたが経験豊富なミュージシャンでも、または初心者でも、広大なコードバンク集と素晴らしいプレイアビリティを備えた「Instachord」は、特別なものを提供できるはずです。

*あなたがソングライターまたはプロデューサーの場合

ワークフローとソング作成プロセスのスピードアップに役立ちます。 「最高のコード進行」を見つけ、単一のMIDIパターンを使用してそれらのすべてを再生します。(要するに最高のコード進行を指一本で実現させる機能。)

*あなたがプレイヤーの場合

コントローラー上のいくつかの鍵だけを使用して、鍵盤やノート、ボイスの組み合わせなど、最も難しいコードを演奏することができます。 または、ジャムトラックを作成するのに多くの時間を費やすことなく、ジャムと練習行うことができます。

*あなたが音楽関連の学生や教師の場合

プラグインを使用して和音を習得し、勉強したり、リファレンスとして使用したり、それを参考にして実際に聞くことができます。

* InstaChordは、作曲における肝(キモ)であるコード進行のを制作する際の補助をしてくれるツールなので、ちまたでは最近流行のアシスタント系チートツールの一つと思われがちですが、コード進行を学ぶことにも役立つので、チートなだけじゃありません。

(もちろんチートツールとしても使えます。曲作りで、壁にぶち当たっている時や、作曲のバラエティの幅を広げたいときなどに。)

InstaChordの特徴

InstaChordを使えば、相性の良いコードを見つけて、数回クリックするだけで次の曲のための完璧なコード進行を作ることができます。

すべてのコードは、’transpose’ボタンを使って、他のキーに転置することができます。

コードにアクセスして進行を設定できることに加えて、InstaChordのもう一つの素晴らしい点は、その演奏性です。

ボイシングの異なるコード

ほぼ全ての一般的なコード(maj、min、sus2、6th、7thなど)を5種類のボイシング(ベーシック、1stと2ndの反転、ギター、ワイド)で収録しています。

それぞれのボイシングモードは音の並び方によって独特のサウンドを持っており、曲中の他のコードとの相性が良いかもしれません。

コードの演奏

和音を弾く方法はたくさんあります。

音符の組み合わせ、スピード、方向を変えて和音を叩いたり、叩いたりすることができます。

例えば、あるキーはコードのトップ3の音を叩き、別のキーはミドル2の音を叩くように割り当てることができます。

また、コードの個々の音を別々に弾くこともできます。そのため、コードをアルペジオしたり、手動で叩いたりすることも可能です。

ホールドモード

この機能は、フレッティングハンド(コードチェンジャーキー)を使ってサスティンをコントロールすることができます。コードキーを押さえている間は、ギターやサスティーンペダルを使っているように、どの音も鳴り出します。

コードキー

24種類のコードを設定し、コードキーを使って切り替えます。

アクションキー

付属の24のアクションキーに自分の機能を設定して、それらに何をさせたいかを指示します。フルストラムを弾く、最初の2音を叩く、トランスポーズする、など。

トランスポーズ(転置)

数回クリックするだけで、現在のコードを他のキーにトランスポーズすることができます。曲のキーが変わった時にライブで演奏する時にも便利です。

柔軟性

どんな用途にも対応できるカスタマイズの可能性は無限大 InstaChordは高度なカスタマイズが可能で、ユーザーは自分のニーズに合わせて変更することができます。

膨大な数のアクション・オプションの中から自分好みのアクション・キーを設定し、新しいプリセットをロードしても変更されないようにロックすることができます。

コントローラー上のコードとアクション・キーの位置は、2つのオクターブに分かれており、それぞれがより快適な位置に配置された上または下に移動することができます。

ファクトリープリセット

丁寧にデザインされた40種類のプリセットが付属しています。これらのプリセットには、プロのコード進行が含まれており、新しい曲を始めるのに便利かもしれません。

InstaChord はインストールも使用も簡単で、ユーザーフレンドリーなインターフェイスを持っています。しかし、あなたがプラグインを最大限に活用できるようにしたいので、プラグインのインストールと異なるオペレーションシステムやDAWでの設定をカバーするチュートリアルをいくつか作成しました。

バージョンごとに追加された新機能メモ

バージョン1.0.1の新機能 – 3/25/2018

  • 新機能を追加しました。新しいプリセットマネージャーを追加しました。
  • 修正済み:オートメーションの問題。
  • 修正済み:いくつかのUIバグ。
  • 修正済み:マイナーな7thフラット5thコード。
  • OSXの最小要件が10.7に移行しました。

バージョン1.0.2の新機能 – 4/25/2018

  • 新しいボイスモード「ワイド」を追加。
  • ほとんどのコードのギターボイシングモードを更新し、より良いサウンドのものやより現実的なものに置き換えました。
  • いくつかの基本コードと反転コードをより良いアレンジのものに更新。
  • 11b5の名前を11b9に変更。
  • プリセットマネージャーがサブフォルダをスキャンしてメニューにリストアップし、プリセットを整理するのに役立つようになりました。
  • 各パートのロックボタンを追加し、プリセットをロードする際に影響を受けないようにしました。
  • プリセットをロードする際にオクターブ、ホールドモード、C1値は変更されません。
  • 一部のマシンでLogic Proでノートがスタックする問題を修正
  • メニューにプリセットファイルをInstaChordのプリセットフォルダにコピーするための新しいオプションを追加

今回のアップデートでギターのボイシングモードが変更されたコードの全リスト:

6、Min6、7、7、7Sus4、7#9(すべて更新)、7b9(+2nd inv fix)、7#5#9、7#5b9、7b5b、7add11(+inv fix)、7add11、7add13(すべて更新)、7#11、Maj7(+2nd inv fix)、Maj7b5、Maj7#11(+inv fix)、Maj7#11(すべて更新)、Majadd13(+inv fix)。Min7add11、minMaj7add11、9(+Inv修正)、9sus4(+inv修正)、add9(+inv修正)、9#5、9#11、9b5、Maj9#5、Maj9#11、Min9、Min9b5,Min9Maj7,11、11b9(名前修正)、Maj11、Min11、Min11、MinMaj11、13、13#9、13b9、13b5b9、Maj13、Min13、Min13、MinMaj13。

バージョン1.1.0の新機能-2018/09/26

  • ユーザーが自分のコードを追加、保存、使用できるようになりました。
  • 任意のノートがスタックした場合に備えて、キルスイッチを追加しました。
  • 変更点をカバーし、ユーザーコードがどのように動作するかを説明するためにマニュアルを更新しました。

バージョン1.2.0の新機能 – 10/10/2018

  • コード学習オプション(より簡単にカスタムコードを追加できるようになりました。)
  • 新しいストラムモード ベロシティはストラムの速度をコントロールします。

バージョン1.2.1の新機能 – 13/3/2019

  • 修正しました。macOSの新しいバージョンではプリセットがアルファベット順にソートされるようになりました。
  • マイナーなバグ修正

バージョン1.3.0の新機能 – 13.11.2019

  • 新規対応:VST3フォーマット
  • 新規対応:AAXフォーマット
  • 新機能:75%のUIスケーリングオプションと強化されたスキン。
  • マイナーなバグ修正。プリセットマネージャー、パラメーターなど。

セール情報

InstaChordは単体でもセール対象になっています。

通常価格:69ドル → セール特価:34.5ドル

『InstaScale』MIDIプロセッシングツール

16個の鍵でさまざま演奏を実現するMIDI プロセッシングプラグインです。

楽器が弾けないプロデューサーさんでも、このようなアシスタントツールを使用することで、複雑な旋律を奏でることが可能になります。

InstaScaleは、16個の鍵でさまざま演奏を実現するMIDI プロセッシングプラグインです。

楽器が弾けないプロデューサーさんでも、このようなアシスタントツールを使用することで、複雑なメロディを奏でることが可能になるように設計されています。

  • タイプ:MIDIプロセッサ、プラグイン
  • フォーマット:VST、AU、AAX

デモ動画

紹介動画(4分・日本語字幕可能):

デモ&使い方動画(4分50秒・日本語字幕可能):

上記のビデオチュートリアルでは、Joshua Casper氏がAbleton LiveでInstaScaleをルーティングして、任意のVSTiをコントロールする方法を紹介します。やり方は数回やってみると簡単です。

また、このチュートリアルではInstaScaleとその機能についても簡単に説明しています。

解説動画(8分50秒・日本語字幕可能):

InstaScaleの詳細

InstaScaleは、新しく発明された、音階を重視した楽器です。

Instascaleはスマートなキーのセットを持っていて、それぞれが異なる音を弾くことができます。

新しい音は、与えられた音階、最後の音の位置、それに割り当てられたキーのアクションに基づいて演奏されます。

VSTインストゥルメント・プラグイン(MIDIルーティング機能付き)やAU MIDIエフェクト・プラグインをサポートしているDAWであれば、どのような楽器でも演奏することができます。

InstaScaleの主な用途

学習

プラグインに含まれている全てのスケールとインターフェイス上に表示される様々な情報により、Instascaleは様々なスケールやモードを素早く学習するための貴重な情報源となります。

耳のトレーニング 演奏方法を知らなくても、様々なキーやモードの音階に慣れることができます。

耳を鍛えることで、音程や距離を素早く認識できるようになります。

ホーム機能を使用すると、特定の音に留まって、その音階の他の音と比較してどのような感情を生み出すかを確認することができます。

本格的な演奏 他の楽器と同じように、十分な練習と努力があれば、他の楽器ではできなかったような、心を揺さぶるような音楽を演奏することができます。

実験とインスピレーションを得る

InstaScaleでは決して間違った音を叩くことができないことを考えれば、ランダムなキーを弾いて、予測不可能な、しかし音楽的に楽しい結果にインスピレーションを得ることができます。

幸せなアクシデントは常に起こります。

MIDIキーボードを使わなくても、ドラムパッド/キットを使って、パッドを正しいキーにマッピングして演奏を始めることができます。

ルールを破る

このプラグインの基本は、まずルールを知ってからそれを破るという、他とは違うしようスタイルにあります。

黒鍵と白鍵、短音階と長音階の概念に縛られることなく、音楽を作るための新しい方法を見つけることができます。

このプラグインはルールを守っていますが、それを変更したり、曲げたり、壊したりすることができます。

スケール、ルートノート、ホームノートをその場で変更したり、クレイジーランをしたり、独自の実験的なスケールを作成することもできます。

スケールを学ぶための教育ツールとして、また現在の知識を広げるためのツールとして、創造性を発揮するための出口として、クイック・リファレンスとして、あるいはライブ・セットに応用するためのツールとして、Instascaleの楽しさを感じ流事ができるはずです。

音楽制作のように、Instascaleには無限の可能性があります。

どのように動作するのですか?

InstascaleはVSTインストゥルメントとAU MIDIエフェクトプラグインとして動作します。

コントローラーからMIDIデータを受け取り、処理されたMIDIデータと交換します。

VSTモードでは、出力をホストアプリケーションの他のインストゥルメントにルーティングすることができます。

AU バージョンは、Logic Pro x のようなタイプをサポートしているホストでのみ MIDI エフェクトとして動作します。

対象となる楽器を演奏するために使用される16の演奏キーがあります。

これらのキーの動作とコントローラ上の配置はカスタマイズできます。

これらのキーには、’Home’のような静的なオフセット値、または’+2’や’-3’のような相対的なオフセット値を設定することができます。このオフセット値と前の音符を使用して、プラグインが実際に演奏される音符を計算します。

演奏キーの他にも、MIDIコントローラーから直接スケールやオクターブなどのパラメータを変更したり、コントロールするためのコントロールキーもあります。

機能

相対音符の演奏

相対的な音符の考え方と楽器を演奏するための新しい可能性を体験してみましょう。

音階

メジャー、マイナー、メロディックマイナー、ハーモニックマイナー、スパニッシュ、アラビック、メジャーペンタトニック、マイナーペンタトニック、ブルース、インセン、ヒラジョシなどの一般的に知られ、使用されている音階のリスト。

ユーザーフレンドリーなインターフェース

ユーザーがより良い経験を持っているとプラグインを最大限に活用するのに役立つさまざまな読み出し、仮想キーボードとグラフィックなどのインターフェイス上の要素がたくさんあります。

スケールの編集または追加

ユーザーは、既存のスケールを編集したり、独自のスケールを追加することができます(フルバージョンのみ)。

ホームノート

ホームノートは、ルートからスケール上の他のノートに変更することができ、異なるモードで演奏したり、コードの変更を伴奏したりすることができます。

多くのオプションを備えたキーの演奏

16の演奏キーそれぞれには、2つのメニューがあります。マッピングメニューとアクションメニューです。最初のメニューでは、鍵盤をコントローラ上のどこに配置するかを決定し、MIDI ノートのリストを表示します。2つ目のメニューでは、キーが何をするかを決定し、静的なオプションと、’Home’、’Repeat’、’+1’などの相対的なオプションがあります。(演奏キーについての詳細は、マニュアルをご覧ください。)

コントロールキー

ライブパフォーマンスを向上させるために設定したり、使用したりすることができるいくつかのコントロールキーがあります。

これらのキーは、コントローラー上のミディノートを使って、スケール、オクターブ、ルート、ホームのパラメーターを簡単にコントロールしたり、変更したりすることができます。

ルート-/+、スケール-/+、ホーム-/+、オクターブ-/+。これらのキーをミディノートにアサインすると、キー(ルート)、スケール、ホームノート、オクターブの値を上下に切り替えて変更することができます。

スケール、ルート、ホーム、オクターブ キーの切り替え

これらは一連のミディノートを割り当てて、1つのノートを叩くだけで特定の値に切り替わるようにします。例えば、Rootスイッチを「C2-B2」に設定すると、コントローラのC2はキーをCに、C#はキーをC#に設定します。

Poly

複数の音を同時に弾くことができる 同じ音を重ねて和音を作ることができます。

例えば、ハ長調の場合、ホームキーと2つの+2キーを重ねると、ハ長調のコード(C+E+G)が出来上がります。音符の順番は重要です。

つまり、DAWでMIDIエディターを使って、同じタイミングで、あるいは重ねて配置していても、最初に作られたノートが最初に処理されたノートになるので、2番目のノートの値は最初のノートを基準にしています。

オクターブシフター

出力オクターブを上下にシフトします。C2’メニューを使用して、入力オクターブをより好ましい演奏位置にシフトしたり、ホストのラベルに合わせたりすることができます。

パススルーモード

パススルーモードに変更することで、ユーザーはプラグインをバイパスしてターゲット楽器を通常通り演奏することができます。

マップ演奏とコントロール・キー

デフォルトの設定を変更して、全てのキーを任意の音符にマッピングすることができます。異なるキーは同じオフセット値を持つことができるので、興味深い演奏モードを設定することができます。

バージョン1.3.0の新機能

  • 新規作成:VST3フォーマット

  • 新規作成:AAXフォーマット

  • 新機能:コード音の個別ベロシティコントロール

  • 新機能:クイックベロシティ・ランプアップまたはダウン・オプション

  • 新規:%75 UI スケーリングオプションと強化されたスキン
  • マイナーなバグ修正:プリセットマネージャ、パラメータなど

セール情報

Instascaleは単体でもセール対象になっています。

通常価格:69ドル → セール特価:34.5ドル

システム要件

Mac

  • macOS 10.13以降(macOS 11 Big Surをサポート)(64ビットのみ)
  • VST、VST3、AU、AAX

*W.A.Productionが取り組んでいるM1MacのInstaChordに問題がある可能性があります。
M1 Macユーザーの場合は、最初に試用版を使用してください。

Windows

  • Windows 7以降(32/64ビット)
  • VST、VST3、AAX

非互換

  • Maschine 2(Win / Mac)MIDIルーティングなし
  • Reason(Win / Mac)MIDIルーティングなし

インストールとセットアップ

  • インストール手順は、ダウンロードしたパッケージとマニュアルに含まれています。

InstaScaleの互換性

InstaScaleは、MIDIルーティングまたはAU / AAXMIDIエフェクトタイプのVST / VST3プラグインをサポートするすべてのソフトウェアで使用できます。 ただし、互換性があることを確認するために、購入する前にデモバージョンを試してください(デモバージョンではハ長調のみが利用可能です)。

セール情報

W.A. Production

通常価格:237ドル

セール特価:49.7ドル(80%OFF)

*W.A. Productionのサイトでは、上記の製品を購入時に以下の製品が無料でプレゼントされます。

Plugin Boutique

通常価格:237ドル

セール特価:49.9ドル(80%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2021年9月:99ドル→*29.7ドル(70%OFF)

*当時はInstaComposer(99ドル→29.7ドル)は付属していませんでした。

アップグレード版もセール対象です

*このバンドル「Insta Series」内の3つの製品のうち一つでも所有している方向けのアップグレード版です。

通常価格:237ドル

セール特価:29.7ドル(88%OFF)

W. A. Production:ニューイヤーセール

W. A. Productionでは ニューイヤーセールが開催されています。