Yum Audio『LoFi Playtime』魔法のようなローファイ・タイムFX(最新プラグイン)

ドイツの新興ソフトウェアメーカー「Yum Audio」の新しいタイムエフェクトプラグイン『LoFi – Playtime』が40%OFFのセールになっています。

LoFi – Playtimeは、時間と音程を操作できるマジカルなローファイ・タイム・エフェクトです。

2台の仮想テープマシンが備わるUIで、「再生速度」「方向」「時間」「経年劣化感」「輝き」などを独立してコントロールできます。

サウンドやループを面白く変化させるフリーズボタンや、テクスチャーをワープさせるためのディレイも搭載されています。

新しく魅力的なサウンドデザインツールに仕上がっています。

*セールは9月15日(水曜日)16時59分頃までの予定です。

スポンサーリンク

『LoFi Playtime』マジカルなローファイ・タイム・エフェクト

LoFi Playtimeは、オーディオの時間を新しい方法で操作できる個性的でユニークなエフェクトです。どんなサウンドにもスパイスを効かせることができます。

例えば、テープレコーダーをスローダウンさせたり、スタートアップさせたりする古典的で有名な制作テクニックを現代風にアレンジしたもので、面白いピッチエフェクトを作ることができます。

デモ動画

ざっと見動画(1分):

プリセットデモ(50秒):

解説&レビュー(14分):

『LoFi Playtime』の詳細

個性豊かなタイムツイスター

オーディオの時間を新しい方法で操作してみましょう。どんなサウンドにもスパイスを効かせる、個性的でユニークなエフェクトです。

Playtimeは、文字通り時間と戯れることができる、不思議でユニークなプラグインです。

どのようなプラグインですか?

LoFi Playtimeは、面白いピッチエフェクトを作るために、テープレコーダーの速度を遅くしたり、速くしたりする古典的で有名な制作技術を現代風にアレンジしたものです。

私たちは、バーチャルなテープ回路を利用して、テープスタートとテープストップの動作と精度を完全にコントロールできるようにしました。

正確さも、ほこりっぽさも、ピッチのゆがみも、思いのままです。

主要機能

  • タイムとピッチに対するユニークな新しいアプローチ

  • 再生速度の異なる2つのバーチャルテープで、入力信号の再生ピッチを瞬時に変化させることが可能

  • あらゆるものからテクスチャを作成し、オーディオを時間的にフリーズさせる

  • フリーズした信号のサウンドをその場で変更

  • テープエイジを使って、特徴的なピッチの変動やコーラス効果を生み出す

  • ディレイを使って、ゆらゆら揺れるディレイラインを作り、ドライシグナルとミックスする

  • セッションに同期しても、フリータイムベースのモードでも動作します。

  • このプラグインは、LoFiシリーズの1つです。このシリーズでは、様々なLoFiの特性を組み合わせることができ、あなたの作品に生命力と質感を与えてくれます。

システム要件

プラグインフォーマット

  • AAX、VST3、AUバージョンを含む
  • 64ビットのみ(Mac / PC)

OS

  • Mac:Mac OS X 10.11以上
  • Windows:Windows 10
  • 4GB以上のRAM、16GBを推奨
  • 200MB以上のドライブ空き容量(OSドライブ
  • 本製品は以下のDAWに対応しています。

対応DAW

  • Ableton Live 10.1+ (Mac & PC: AU, VST3)
  • Bitwig 2+ (Mac & PC: AU, VST3)
  • Cubase 8+ (Mac & PC: VST3)
  • Digital Performer 10+ (Mac & PC: AU, VST3)
  • FL Studio 12+ (Mac & PC: VST3)
  • Garageband 10+ (AU)
  • Logic Pro 9+ (AU)
  • Pro Tools 11+ (Mac & PC: AAX)
  • Presonus Studio One 4+ (Mac & PC: AU, VST3)
  • Reaper 5+ (Mac & PC: VST3)

メーカーページリンク

セール情報

通常価格:99ドル → セール特価:59.40ドル(40%OFF)

*ADSRでは上記の製品を購入時にMelda Production社の『MFreeformAnalogEq』(59ドル)が無料で貰えます(9月のみ)。