【50%OFF】NUGEN Audio『Paragon ST』クラシックなアルゴリズムリバーブの柔軟性とコントロール性を備えたプロ用ハイエンド・リバーブ(イントロセール)

NUGEN Audioのハイエン・ドリバーブ『Paragon ST』がリリースセールで半額になっています。

スポンサーリンク

『Paragon ST』クラシックなアルゴリズムリバーブの柔軟性とコントロール性を備えたコンボリューションリバーブ

Paragonは、クラシックなアルゴリズムリバーブの柔軟性とコントロール性を備えたコンボリューションリバーブです。

NUGEN Audio社より先行して発売された最上級リバーブ『Paragon』(通常価格:599ドル)の弟版です。

「Paragon」と「Paragon ST」の違い

  • Paragon最大7.1.2チャンネルのサラウンド版(主にポストプロダクション向け)
    (通常価格:599ドル)



  • Paragon STステレオ版(通常の音楽制作向け)
    (通常価格:299ドル → セール特価:149ドル)

新製品の「Paragon ST」は機能をステレオに絞った分、手頃な価格で提供されています。

Paragon STの主な用途

  • 乾いた音に空気感を与える


  • チャンネルクロストークを利用して、モノラルソースからステレオリバーブを作る


  • コンボリューションの特性を維持したままIRを操作する


  • リアルな空間を再現する

デモ動画

*以下のデモ動画とレビューは上位版のParagonのレビューです。

サウンドのデモ(2分30秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

紹介動画(自動翻訳の日本語字幕可能):

「音楽プロデューサーのティム・カント氏による紹介動画(リバーブプラグイン TOP5)」

開発元のNUGEN Audioによる紹介動画(2分29秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

Production Expertによるデモ&解説動画 (5分53秒)・自動翻訳の日本語字幕可能:

デモ&解説動画(14分・自動翻訳の日本語字幕可能):

使い方動画(6分39秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

『Paragon ST』について

Paragon STは、クラシックなアルゴリズミック・リバーブの柔軟性とコントロールを備えた真のコンボリューション・リバーブです。

Nugen Audioは、オリジナルのParagonと同じリバーブ・テクノロジーを使用し、モジュレーションやステレオ幅など、音楽プロデューサーのための新しいコントロールを満載しました。

Paragon STは、再合成により、実際の空間を録音してモデリングしたリバーブのディケイ、ルームサイズ、ブライトネスを完全にコントロールすることができます。

また、タイムストレッチを行わないため、アーティファクト(人工的なノイズ)も発生しません。

豊かなサウンド

  • 「Paragon リバーブ」を音楽に適したパッケージにしました。

  • 独自の技術により、本物のIRを再合成しています。

  • ステレオ幅調整機能

  • テンポロックされたプリディレイとモジュレーション

  • マイクディスタンスコントロール

  • スペクトル解析

リアルな空間を再構築

Paragon STは、従来のコンボリューション・リバーブとは異なり、静的なインパルス・レスポンスを使用しません。

残響の減衰や部屋の大きさは、元のIR空間よりも大幅に長く、大きく、短く、小さく設定することができます。そして、サンプルを引き伸ばしたり削除したりすることで醜いアーティファクトを引き起こすことはありません。

さらに、マイクディスタンスコントロールを使えば、リバーブの初期反射を調整して、音源がリスナーに近いか遠いかの印象を与えることができます。

シームレスな調整が可能

IRライブラリは大きすぎず、小さすぎず、ちょうどいい大きさです。

このParagon STでは、必要なのは厳選された数種類だけで、それを微調整することでほぼ無限の空間の組み合わせを作り出すことができます。

Paragon STのIRパネルでは、リバーブモデル自体をEQしたり、周波数に依存する減衰率を変更することで、実際の空間の周波数特性をシームレスに調整することができます。

日々の音楽制作に

デッドルームで録音されたドラムやボーカルに自然なアンビエンスを与える場合でも、ギターやシンセをリアルなリバーブを超えた幻想的なものにする場合でも、Paragon STの本格的なIRはミックスに深みを与えるのに最適です。

新しいモジュレーション・コントロールとテンポロック・プリディレイで興奮と音楽性を加え、新しいマイク・ディスタンス・コントロールとステレオ・ワイド・コントロールで個々の要素の配置を微調整することができます。

(ステレオ幅のコントロールは、NUGEN社のトップ製品「Stereoizer プラグイン」をベースにしています。)

特徴

  • ステレオ幅のコントロール(Stereoizerと同じ技術を使用)

  • モジュレーション

  • マイクディスタンス(初期反射音の徹底管理)

  • プリディレイのテンポロック

システム要件

Mac

  • Mac OS X 10.9以降(64ビットのみ)
  • 512 MB RAM
  • AAX、VST3、AU、AudioSuite

PC

  • Windows Vista以降(64ビットのみ)
  • 512 MB RAM
  • AAX、VST3、AU、AudioSuite

メーカーページリンク

レビュー記事リンク

*以下のデモ動画とレビューは先行して発売されたサラウンド版の「Paragon」のレビューです。

soundonsoundによるレビュー記事リンク

要約すると、私は感動しました。Paragonは純粋に革新的で、優れたサウンドの残響処理装置だと思います。

音楽のミキシングプロジェクトに最適なのは言うまでもありませんが、Warmth、Presence、Widthの各オプションを追加することで、マスタリングエフェクトにも役立ちます。

長所:

  • コンボリューション・リバーブを新たなレベルに引き上げる革新的な技術。
  • 優れたサウンドのIR音響環境の非常に多様なコレクション。
  • 膨大な数のマルチチャンネルフォーマットに対応している。
  • パラメーター調整のための馴染みのあるコントロール
  • 包括的なグローバルおよびチャンネルベースのリバーブパラメーター

短所:

  • GUIに若干の不満がある
  • 個人のIRファイルでは使用できない

musicradarによるレビュー記事リンク

Paragonは、物理的な世界と人工的な世界の両方の最高のものを融合させています。その信頼性と拡張性は画期的です。優れたリバーブ・ツールキットです。

長所:

  • プロレベルの印象的なリバーブ。
  • 本物の部屋を再現するための大きな可能性。
  • 独立したチャンネルコントロール。

短所:

  • ごくまれにスローダウンする。
  • 密度が高い。
  • 比較的高い価格帯。

redsharknewsによるレビュー記事リンク

NUGENの新しいParagonプラグインを使用してみたところ、非常に優れているだけでなく、ユニークであることがわかりました。

Paragonは真のコンボリューション・リバーブですが、その設定を独自の深みのあるレベルに調整することができます。

実際の空間を3Dで録音したものをモデルに、ディケイ、ルームサイズ、ブライトネスをコントロールできます。タイムストレッチやサンプルの除去は行わず、スペクトル分析とインパルス応答の正確なEQを行います。

このプラグインが真にユニークなのは、上記の点だけでなく、いくつかのパラメータをチャンネルごとに変えることができる点や、限られたIRライブラリを使って、想像できるあらゆるタイプの既存の(あるいは物理的に可能な)空間を作り上げるために調整できる点にあります(車の中や大聖堂なども含まれます)。

セール情報

通常価格:299ドル

セール特価:149ドル(50%OFF)

*Plugin Boutiqueでは上記の製品を購入時に、HeavyocityのワンノブFXプラグイン『PUNISH Lite』(49ドル)が無料でプレゼントされます(10月いっぱい有効):