終了間近の主要セールが多くなっています(来週水曜日夕方まで)。

BeatSkillz『Tekno Keyz』90年代のテクノポップ・サウンドをマルチFXとアルペジエーターで作り込むことができる最新VI(VST/AU/AAX)

BeatSkillzの『Tekno Keyz』。

90年代のテクノポップ・サウンドをフィーチャーしたバーチャル・インストゥルメント・プラグインです。

*このTekno Keyzは、WindowsとMacでDAW用のプラグインとして使用できます(VST/AU/AAX)。Kontakt などの外部のサンプラーは必要ありません。

2022年4月14日:

フラッシュセールで半額(最安タイ)

日本時間の4/19(火)夕方まで短期セールです。

スポンサーリンク

『Tekno Keyz』

ざっと動画(1:49):

プリセットサウンドのデモ動画(8:22):

Tekno Keyzは、90年代のテクノポップの有名なサウンドをベースにしたバーチャル・インストゥルメントです。

Technotronic、2 Unlimited、Snap、La Boutche、Dr. Alban、KLFなどの有名なアクトの作品からインスピレーションを受けたサウンドを作り出すことができるプラグインです。

プリセットとサンプルマップには、スタブ、アンセムメロディーライン、ビッグシンセ、巨大ベース、FX、ライザー、ドロップ、アルペジオベースライン、そしてドラムキットなどのカテゴリーがあります。

それらのサウンドはすぐにロードして使用することが可能です。

Tekno Keyzの豊富なシンセシスエンジンは、独自のパッチを作成したり、ファクトリーサウンドを編集することで、サウンドデザインのレベルを向上させます。

「巨大なマルチエフェクト・エンジン」と「アルペジエーター」が大きな特徴です。この2つの機能が、Tekno Keyzの夢のサウンドをさらにパワーアップさせてくれます。

Tekno Keyzの機能の要点

  • 200種類のファクトリープリセット


  • マルチサンプルマップ:ベースマップ19個、スタブマップ21個、ダンスオルガンマップ11個、ドラムキットマップ16個、マルチサンプルFXマップ6個、ギターマップ6個、キーマップ24個、オーケストラサウンドマップ17個、シンセマップ17個、VOXマップ13個


  • 2つのマルチサンプルマップエンジンAとBは、MIDI経由の自動アサインにより、キーボード上でレイヤーまたはスプリットすることが可能


  • 右クリックでMIDIマッピング可能なコントロール


  • 内部または外部ドライブにコンテンツを簡単に配置することが可能


  • デュアルサウンドマップエンジンA、B


  • アンプエンベロープ


  • フィルターエンベロープ


  • ピッチエンベロープ


  • テンポシンクされた3つのLFO(フィルター、ボリューム、ピッチ用)


  • アナログモデリングされたラダーフィルタ(LP、HP、BPモード)12/24 dB/octのスロープ
  • カットオフとレゾナンスのコントロール


  • ピッチトランスポーズとチューニング


  • ポルタメント(グライド)(レートパラメーター付き)


  • ベロシティからボリュームカーブへの調整、ベロシティからフィルターカットオフカーブへの調整


  • キーレンジ – エンジンA、BともにMIDIで割り当て可能


  • ベロシティ、音長、ピッチモジュレーションを備えた32ステップのテンポシンク付きアルペジエーター


  • アープパターンの保存と読み込み


  • ステップインクリメント、スイングなど、アープで使用可能な機能


  • 9種類のスワップ可能なエフェクト – リバーブ、コーラス/フランジャー、フェイザー、4バンドEQ、コンプレッサー、ビットクラッシャー、ディレイ、サチュレーター、ステレオエクスパンダー

オーディオデモ:

『Tekno Keyz』機能の詳細

ファクトリープリセット

200以上のプリセットがバンドルされています。

  • 14アンセムリード
  • 34ベース
  • 16ドラムキット
  • 12Fxキット
  • 6ギター
  • 22キー
  • 12リード
  • 17オーケストラプリセット
  • 12オルガン
  • 9パッド
  • 10ライザー
  • 12ベースアープシークエンス
  • 19スタブ
  • 10シンセ
  • 15Voxプリセット
  • 03ワールドサウンド
マルチサンプルマップ
  • 19ベースマップ
  • 21スタブマップ
  • 11ダンスオルガンマップ
  • 16ドラムキットマップ
  • 6マルチサンプル FXマップ
  • 6ギターマップ
  • 24キーマップ
  • 17オーケストラサウンドマップ
  • 17シンセマップ
  • 13Voxマップ

2つのマルチサンプルマップエンジンAとBは、キーボード上でレイヤーまたはスプリットすることができ、MIDI経由で自動的にアサインされます。

プラグインのすべてのコントロールは、右クリックで簡単にMIDIマッピングが可能です。

ライブラリのリロケート

コンピュータの内部または外部ドライブにコンテンツを配置し、設定アイコンを使って簡単に
ライブラリの位置を一度確認する。いつでもどこでもコンテンツを移動して、プラグインと再接続することができます。

シンセシス機能

各エンジンの特徴

  • アンプ・エンベロープ – ADSR

  • フィルターエンベロープ – ADSR

  • Pitch Envelope – ADSR3 フィルター、ボリューム、ピッチにそれぞれLFOを使用。

  • すべてテンポに同期可能。レートとデプスコントロールを搭載。

  • アナログモデルのラダーフィルター(LP、HP、BPモード、12または24dB/Octの選択)

  • フィルターカットオフとレゾナンスコントロール

  • ピッチトランスポーズ、チューニング

  • レートパラメーターのあるポルタメント(グライド)

  • ベロシティからボリュームカーブ調整、ベロシティからフィルターカットオフカーブ調整。

  • キーレンジ:エンジンAとBの両方に割り当て可能(MIDI経由でも可能)
アルペジエーター

最大32ステップのアルペジエーター、テンポに同期したモジュレーション:

  • ベロシティ、ノート・レングス、ピッチの各ステップでのモジュレーション。
  • 独自のパターンを保存し、ファクトリーパターンを読み込むことができます。

  • ステップインクリメント、スウィングなどの機能も搭載。
FXエンジン

9種類のスワップ可能なエフェクトを搭載:

  • Reverb
  • Chorus/Flanger
  • Phaser
  • 4 Band EQ
  • Compressor
  • Bit Crusher
  • Delay
  • Saturator
  • Stereo Expander

システム要件

  • Inteli5以降/ AMD Athlon64または同等のもの
  • 2 GB RAM
  • 300 MB HD

PC

  • Windows10以降
  • 64ビットホスト
  • VST3 / AAX

Mac

  • OSXMojave以降
  • 64ビットホスト
  • VST3 / AU / AAX

テスト済みのDAWソフト:

  • Mac:Logic 7.2、Ableton Live 11、Protools 12、Fl Studio 20
  • Win:Ableton Live 11、Protools 12、Fl Studio 20、Bitwig、Reaper、Cubase

現在のバージョンの既知の問題:

LogicとProtoolsでのわずかなアルペジエーターのドリフト(アップデートで修正予定)。

セール情報

通常価格:79ドル

セール特価:39ドル(40%OFF)

*主なセール価格の推移:

  • 2022年1月:79ドル→39ドル(リリースセール)