Melda Production『MVocoder』究極の音質と極限の機能を備えたボコーダー・プラグイン

Melda Productionのボコーダー・プラグイン『MVocoder』が半額セールになっています。定価が下がったおかげでセール価格も以前のセールより若干下がっています。

通常価格:54ドルセール特価:26ドル(50%OFF)

MVocoderは、ロボットボイス、シンセサイザーの歌声などを作ることができるボコーダー・プラグインです。

*セールは日本時間の9/19(月)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

Melda Production『MVocoder』究極の音質と極限の機能を備えたボコーダー

紹介動画(1分・自動翻訳の日本語字幕可能):

「MVocoder」は、ロボット・ボイス、歌うようなシンセ、複数のオーディオ素材間のモーフィングなどを作ることができるFXプラグインです。

紹介動画(5分・自動翻訳の日本語字幕可能):

詳細解説動画(16:16・自動翻訳の日本語字幕可能):

『MVocoder』について

Melda Productionの『MVocoder』は、ロボットの声、歌うシンセサイザー、複数のオーディオ素材間のモーフィングなどを作ることができるプラグインです。

他のMelda Production製品と同様に、究極のオーディオ品質と極限の機能を備えています。

汎用性の高いボコーダー

MVocoderは真のアナログフィルタベースボコーダで、最大100バンド、最大オーダー10のフィルタ、バンドマトリックス、バンド分布とレゾナンスグラフ、モーフィング、その他の特殊なボコーディングモード、その他多くをサポートします。

簡単に使えるように最適化されていますが、本当にクリエイティブになりたい人のために、信じられないほど多くの機能を備えています。

マルチチャンネル・ヴォコーディング

MVocoderはシンセを内蔵しているのではなく、外部サイドチェインを使用しています。もちろん、最大8つのサラウンド・チャンネルを持つことができます。

モジュレーション天国

サウンドにちょっとしたバリエーションを加えたいですか?

私たちMelda Productionの豊富なモデュレーション・オプションをご覧ください。

LFO、オーディオレベルフォロワー、エンベロープジェネレーター、ランダマイズ、ピッチディテクターなどのソースから、あらゆるパラメータをモジュレートできます。

あなたのサウンドは、もう決して静的なものではなくなります。

特徴
  • 市場で最も先進的なユーザー・インターフェース – スタイラス可能、サイズ変更可能、GPUによる高速化


  • クラシックなメーターとタイムグラフを備えたユニークなビジュアライゼーションエンジン


  • 非常に汎用性の高いモジュレーター


  • 調整可能なオシレーターシェイプ技術


  • 4つのマルチパラメーター


  • M/S、シングルチャンネル、最大8チャンネルのサラウンド処理


  • スマートなランダマイズ機能


  • 自動音量補償機能(AGC)


  • セーフティリミッター


  • アップサンプリング1x-16x調整可能


  • MIDI学習機能付きMIDIコントローラー


  • SSE/SSE2/SSE3 プロセッサに最適化された超高速処理


  • グローバルプリセット管理およびオンラインプリセット交換


  • WindowsとMacのVST、VST3、AU、AAXインターフェースに対応(32ビットと64ビットの両方)


  • アクティベーションにドングルやインターネット接続は不要


  • 無期限無料アップデート

『MVocoder』のセール情報

通常価格:54ドル

セール特価:26ドル(50%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2022年4月:58ドル→27ドル