記事内に広告が含まれる場合があります

Zynaptiq『PITCHMAP』音楽制作をにひらめきを与えてくれる「魔法のピッチシフティングツール」

Zynaptiq社の『PITCHMAP』。

ミックスシグナル内の個々のサウンドのピッチをリアルタイムで処理できる世界初で唯一のプラグインです。   魔法のツールを開発しているZynaptiq社らしいなんとも不思議なツールです。

Zynaptiq『PITCHMAP』 フラッシュセール

通常価格:169ドル

セール特価:99ドル(41%OFF)

*購入地点の設定により価格が若干変化します(詳細記事)。

*セール期間が以下に日時まで拡大しています。

セール終了予定日:

  • 日本時間:6/5(水)16〜18時頃までの予定です。
  • 英国時間:6/5(水)7〜9時頃までの予定です。

『PITCHMAP』

Zynaptiq Pitchmap:Pitchmapでエレクトリック・リミックスを制作(日本語字幕版):

PITCHMAPは、ミックス・シグナル内の個々のサウンドのピッチをリアルタイムで処理できる、世界初かつ唯一のプラグインです。

MIDIキーボードを使用したり、効率のよいGUIを使用してピッチ・マップを作成したりすることでオーディオのメロディやハーモニーを編集でき、さらにオプションとしてチューニング修正を加えることも。

またミックスから特定のサウンドを削除/抽出し、シンセサイザーのような高度なサウンド変形をオーディオに適用させることも可能です。

PITCHMAPは、インスピレーションを提供する楽器であり、正確な補正ツールであり、文字どおり自らの手による楽曲のシェイピングを可能にする唯一のプロセッサーなのです。

Zynaptiq Pitchmap:Pitchmapでエレクトリック・リミックスを制作(日本語字幕版)

【日本語字幕】Zynaptiq Pitchmap:Pitchmapでオーケストラをプロセス(5:05:)

【日本語字幕】Zynaptiq Pitchmap:PitchmapでメロディとハーモニーをMIDIコントロール(2:53):

【日本語字幕】Zynaptiq Pitchmap:Pitchmapバージョン1.5の紹介(2:19):

デモ動画(4分・自動翻訳の日本語字幕可能):

「ZynaptiqPITCHMAPで音と歌のピッチを変える」

Zynaptiq『PITCHMAP』について

Screenshot Image for Zynaptiq's PITCHMAP

PITCHMAPは、ミックスシグナル内の個々のサウンドのピッチをリアルタイムで処理できる世界初で唯一のプラグインです。

MIDIキーボードで自分で演奏するか、ストリームラインGUIを使用してピッチマップを作成するだけで、録音のメロディーとハーモニーを変更でき、オプションでチューニングの問題を同時に修正できます。

それだけではなく、PITCHMAPは、ミックス内の個々のサウンドを抑制する機能を持っています。し、オーディオに高度なシンセサイザーのようなサウンド変換を適用できます。

つまり、ユーザーに「インスピレーション」を与える「楽器」であり、「正確な修正ツール」であり、文字通り手で音楽を形作ることができる唯一のプロセッサです。

PITCHMAPの特徴

PITCHMAPには非常に多くの用途があり、それらのすべてが発見されていません。私たちが知っているいくつかのアプリケーションは次のとおりです。

エンジニアはミックスレコーディングのチューニングの不正確さを修正できます
作曲家は自分の作品にさまざまなハーモニーを即座に、手間をかけずに刺激的な方法で試すことができます
サンプリングされた素材を使用する音楽プロデューサーは、陶芸家の手で粘土のようにサンプル内の音楽を彫刻できるようになりました
DJは、シームレスなセットに収まるように曲のキー/スケールを調整できます
サウンドデザイナーは、今日の映画やゲームを夢中にさせるサウンドを作成するための独自の新しい方法を数多く手に入れます
マッシュアップアーティストとリミキサーは、数時間(または数日)ではなく数分を費やして、使用するコンポーネントを互いに適合させる
既存の録音を使用して、オンザフライで新しいものに変換できる曲/スコアの迅速なプロトタイピング
MIDI制御下でのミックス要素の抑制
ライブ入力に基づいてユニークなシンセサイザーサウンドを作成する
お気に入りの曲やプレイリストからインスタントリミックスとプロの伴奏トラックを直接作成
MAP That Pitch

PITCHMAPは、Mixed-Signal Audio Processing技術(MAP)をベースに、入力信号を個々の音にデミックスし、その倍音やトランジェントも含めて内部で処理します。

この技術は文字通りロケットサイエンスであり、人工知能にも用いられる知覚的なモデリングとパターン認識の技術を用いて行われます。

この分離された音を個別にチューニング補正し、他の音程にマッピングすることをピッチマッピングと呼んでいます。

MAPは、PITCHMAPのシンプルで効果的な機能である、ミックス要素の抑制や分離も可能にします。もちろん、リアルタイムで。

ナチュラル

私たちのMAPプロセスは、蝸牛とそのデータを解釈する脳の領域を含む、人間の知覚システムのモデルに基づいています。

そのため、正しい設定と適度なピッチの修正により、本質的に非常に自然なサウンドを実現します。

しかし、人間の声は、どの楽器とも異なる非常に特殊な音のトポロジーを持っており、人間の聴覚は、声の最も微妙な音の変化も検出できるように訓練されています。

そのため、他の楽器と同時に音声を処理することは、従来は困難でした。

そこで私たちは、声の要素を認識し、個別に処理する知能を追加しました。これを「ナチュラルモード」と呼んでいます。

エレクトリック&クリエイティブ

ピッチ補正アルゴリズムのアーチファクトは、かなり一般的になってきました。

私たちは、そのようなものも用意しています。しかし、私たちのMAPプロセスには、それ以上のサウンドオプションがあります。

また、ポリフォニックなポルタメントオプションであるグライドも追加されています。

ライブMIDI機能と組み合わせることで、これらのパラメータは基本的にPITCHMAPをユニークなシンセサイザーに変えることができ、非常に突飛なサウンドデザインが可能になります。

専門的な知識は必要ありません

DSPのコード自体は非常に複雑ですが、ピッチをマッピングするプロセスは、MIDIキーボードで音を鳴らすか、超スリックなGUI上でスライダーをドラッグしてソースピッチをターゲットピッチに割り当てるだけの簡単なものです。

また、専用のマクロコントロールを使って、あるキーやスケールから別のキーやスケールへ数回クリックするだけでピッチマッピングをコンピュータに任せることもできます。

ミックスされた信号のピッチを変更することは、かつてないほど直感的で音楽的な操作となりました。

チューニングの問題を即座に修正したり、簡単な再ハーモニゼーションを行ったり、作曲のピッチを複雑に再構築したり…選択肢はあなた次第です。

高速処理

ワークフローの効率をさらに高めるために、スナップショット機能を搭載しました。

8つのスナップショット・スロットにより、複数の設定を比較したり、レコーディングの異なるパートにプロセスを個別に適応させたり、パラメータ・オートメーションの作成に頭を悩ませる必要はありません。

まとめると、PITCHMAPはほぼ瞬時に結果を出すと同時に、あらゆる細部にアクセスすることができるのです。

では、PITCHMAPはCelemonyのMelodyne EditorやAntaresのAuto Tuneのような他のピッチ処理製品と比べてどうなのでしょうか?

一言で言えば、「比較しない」です。それぞれ異なる用途と強みがあり、うまく補完し合っているのです。

簡単に言うと…

  • ソロボーカルやモノフォニック楽器のチューニングには、Auto Tuneを使います。



  • ポリフォニックな楽器や楽器の一部を微調整または操作する必要があり、オフライン編集を使用してワーク フローを中断する必要がない場合、Melodyneを使用します。



  • 以下のような時にPITCHMAPは便利です。


    • フルミックスや複雑なポリフォニック信号のピッチをリアルタイムでMIDI制御しながら、パーカッシブな要素の過渡的な鮮明さを維持したまま調整または変更する必要がある場合。

    • 遠く離れたサウンドを作成する場合。

    • クリエイティブで音楽のワークフロー内でループや録音に異なるハーモニーを試してみたい場合。

代表的なピッチコントロール・ツールの比較表

あなたの仕事の分野によっては、以下の3つすべてを持ちたいと思うかもしれません。

PITCHMAPを手に入れ、あなたのピッチ・プロセッシング・ツールキットを完成させましょう!

PITCHMAPMelodyne EditorAutotune 7
フルミックスとその他のミックスされた信号YesNoNo
ポリフォニックな単一楽器のトラックYes(リアルタイム)*Yes(オフライン)*No
単一のモノフォニックトラックNoYesYes
完全なリアルタイムYesNoYes
ライブMIDIコントロールYesNoYes
リアルタイムのミックスエレメントのコントロールYesNoNo

*ポリフォニック・オーディオのチューニングには、オフライン処理の方が良い結果を得られる場合があります。

システム要件

Windows
  • Windows 7 以降 (32 / 64 ビット)

  • 少なくとも 2 コアの Intel CPU; i7 以上を推奨、Apple Silicon は Rosetta 2 経由でサポート

  • VST 2.4、VST 3、または RTAS/AAX 互換のホスト ソフトウェア (オーディオを 32 ビット float として処理)

  • AAX ネイティブ 32 ビットの場合 (Pro Tools 10.3.6 以降が必要です)
Mac
  • macOS 10.12 以降 (Rosetta 経由でサポートされる M1 Apple Silicon Mac) (32 / 64 ビット)

  • 少なくとも 2 コアの Intel CPU; i7 以上を推奨、Apple Silicon は Rosetta 2 経由でサポート

  • AU、VST 2.4、VST 3 または RTAS/AAX 互換のホスト ソフトウェア (オーディオを 32 ビット float として処理)

  • AAX ネイティブ 32 ビットの場合 (Pro Tools 10.3.6 以降が必要です)

コピープロテクション:

Zynaptiq 製品は最新の 「PACEコピー保護」を使用しており、アクティベーションをマシンまたは iLok 2* (含まれていません) に置くことができます。

当社のソフトウェアを使用するには、無料の iLok.com アカウントが必要です。

ただし、マシンがインターネットにアクセスできる場合は、iLok 2 ドングルは必ずしも必要ではありません (インターネット接続のないシステムのアクティベーションには、iLok 2 デバイスが必要です)。

必要なソフトウェアはすべてプラグインとともにインストールされますが、通常は最新バージョンを iLok.com から直接ダウンロードすることをお勧めします。

注意: 古い第 1 世代の iLok はサポートされていません。

CPU負荷:

Zynaptiq プラグインは高度に最適化されていますが、実行する魔法の複雑な性質のために大量の CPU を使用します。

試用版を使用して、システムにソフトウェアを効果的に利用するのに十分なリソースがあるかどうかを評価してください。

Zynaptiq では、最適なパフォーマンスを得るために、再生バッファー サイズを少なくとも 512 サンプル、理想的には 1024 サンプルに設定することをお勧めします。

Zynaptiq プラグインは他のソフトウェアには見られない独自の機能を備えているため、Zynaptiq はユーザー マニュアルを読んでそれらを最大限に活用することを強くお勧めします!

*セール情報

通常価格:169ドル

セール特価:99ドル(41%OFF)

*購入地点の設定により価格が若干変化します(詳細記事)。

*上記の製品を購入時にセール元のPlugin Boutiqueで次の買い物から使用できるポイント「Virtual Cash」約£3.96英国ポンド分が進呈されます。

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2019年11月:379ドル→ 94.75ドル
  • 2020年9月:379ドル→ 99ドル
  • 2021年9月:379ドル→ 99ドル
  • 2022年2月:379ドル→ 99ドル
  • 2022年6月:379ドル→ 139ドル
  • 2022年10月:379ドル→ 99ドル
  • 2023年2月:329ドル→ 109ドル
  • 2023年7月:329ドル→ 109ドル
  • 2023年11月前半:149ドル→ 109ドル
  • 2023年11月後半:149ドル→ 89ドル