AudioThing『Reels』Lo-Fiアナログサウンドが特徴の日本製テープレコーダーをモデル化したエコー&テープストップFX

AudioThingのReels。エコーセクションとテープストップ・エフェクトを内蔵したテープエミュレーター・エフェクトのプラグインです。

ローファイサウンド作成に適した人気のサウンドデザインツールです。

スポンサーリンク

Reels:トラックにオールドスクールなテイストとウォームなカラーを与えるプラグイン

Reels はエコーセクションとテープストップエフェクトを内蔵したテープエミュレーションプラグインです。

日本、イタリア、フランスのクラシックなポータブルテープレコーダーをベースにしたLo-Fiアナログサウンドが特徴的です。

Reelsを使ったローファイサウンド作成のデモ(2分40秒・日本語字幕可能)

解説動画(11分・日本語字幕可能):

Reelsについて

デモサウンド:

Reelsは、エコーセクションとテープスタート、テープストップエフェクトを内蔵したテープエミュレーションプラグインです。

日本の古いポータブルテープレコーダーをベースにした、独特のLo-Fiアナログサウンドが特徴です。

(消費者向けのリール・ツー・リールレコーダーの欠点さえもすべてエミュレートしています。)

3つの異なる1/4 “テープの周波数特性とサチュレーションをモデル化し、テープ録音/再生時のアナログの欠点を再現しています。

Reelsはあなたのミックスに、非常にラフなレトロ・アナログ・サウンドを加えてくれます。

一方で、もしあなたがHi-Fiマスタリングテープのエミュレーションを探しているのであれば、このプラグインはあなたのためのものではありません。

古い日本製のポータブルテープレコーダーをモデル化

ポータブル・テープ・レコーダー『Reels』の特徴

Reelsは、皮肉にもHigh Fidelityと記された日本のヴィンテージリール・トゥ・リールをベースにしています。このような民生用テープレコーダーの多くは、その年代のせいもあって、非常に荒いLo-Fiアナログサウンドを持っています。

録音や再生時には、通常のテープヒスと一緒に、モーターノイズがテープ上で利用可能な帯域幅を制限して、何らかの形でブリードインします。

Reelsは、消費者向けのリール・ツー・リール・ビンテージ・リコーダーの欠点をすべて再現しています。

  • ハーシュネス、明瞭度(中音域)の損失を伴うハーモニック・ディストーション(高調波歪み)
  • WOW/フラッター、録音・再生問題によるピッチの不安定化
  • ダッキング、テープや再生/再生ヘッドの不完全性によるランダムな音量低下
  • クロストーク、ステレオ信号の左右チャンネル間のリーク
  • ヒス、テープ内の磁性粒子による高周波ノイズ
  • モーター、リールモーターに起因する中周波ノイズ

テープスタートとテープストップ

リール・ツー・リール・プレーヤーで停止ボタンを押しても、テープはすぐには止まりません。
その代わりに、それは徐々にピッチダウンとフェードアウト効果を作成して遅くなります。

同じことが逆に起こり、あなたが再生を押すと、テープは徐々にピッチアップとフェードイン効果を作成してスピードアップします。

この効果をReelsで再現することができ、また、スタート/ストップの速度を変更することもできます。

Reelsのテープモデリング

廃盤状態からNOS(ニューオールドストック)状態まで、3種類のテープをモデル化しました。
テープタイプには原産国の名前が付けられています。JP(日本)、IT(イタリア)、FR(フランス)です。

  • JP:中古テープだが、全体的に周波数特性が良い。

  • IT:新古株だが周波数特性が限定されている。

  • FR:過剰に使用され、保存状態が悪く、周波数特性が非常に悪い。

テープごとにサウンドに異なる影響を与えますが、特にエコーセクションを使用する場合はフィードバックの設定を高くする必要があります。

WOW/Flutter、Duckingなどのパラメーターも選択したテープに応じて変化し、異なるピッチやボリュームの変化量を生み出します。

デモ動画

ヒップホッププロデューサーのJFiltさんによるデモ動画&レビュー動画(8分):

Audio ThingのReelsは、日本、イタリア、フランスのクラシックテープマシンをエミュレートするテープサチュレーションプラグインです。

特にローファイ、ブーンバップ、生音のビートに最適です。

『個人的には日本のエミュレーションが一番好きです。』

全体的な紹介動画 (11分・日本語字幕可能):

サウスカロライナのヒップホップ系製作者・MrDifferentTVさんによるレビュー(11分・日本語字幕可能):

https://www.youtube.com/watch?v=bn1NV0DQxN0

Dan Bakerさんによるレビュー動画 1(10分・日本語字幕可能可能)

市場にある多くのテープレコーダーシミュレーターは、ハイエンドのテープレコーダーをシミュレートしています。

しかし、安価なテープレコーダーをシミュレートしているものはなかなかありません。これは新鮮です。

このプラグイン「Reel」は、小さな、コンシューマーエンドの日本のテープレコーダーをモデルにしています。

あなたが録音時に見つけることができる多くのものが含まれています 。

ノイズ、モーターノイズ、ワウとフラッター、歪み、低下した周波数応答などです。

さらに、リールがスローダウンしたときにヘッドがアクティブであった時の停止/起動のサウンドまでをシミュレートしています!

これに素晴らしいテープエコー。素晴らしいプラグイン。どんなサウンドに使っても面白い結果が得られると思います。

Dan Bakerさんによるレビュー動画 2(6分・日本語字幕可能可能)

多くのテープレコーダーシミュレータはハイエンドのテープレコーダーをシミュレートしていますが、安価なテープレコーダーをシミュレートしているものを見つけるのは新鮮です。

このプラグインは、小さな、コンシューマーエンドの日本のテープレコーダーをモデルにしており、ノイズ、モーターノイズ、ワウとフラッター、ディストーション、周波数特性の低下、リールがスローダウンしたときにヘッドがまだアクティブだった場合に得られるであろう音をシミュレートするストップ/スタート機能など、あなたが録音に期待するすべてのものが含まれています。

これに素晴らしいテープエコーを加えれば、ステレオミックス用だけではなく、素晴らしいプラグインが完成します。

ドラム、ギター、キーボードなどの個々の楽器に対応しています。何でも通せばすぐにマッシュアップできます。

私はFender Rhodes 88のスーツケースピアノを持っていました。素敵なピアノですが、200ポンドくらいあります。

ライブに持っていくだけでも大変だったし、手入れも大変だった。

KontaktのRhodesプラグイン(KontaktのKompleteパッケージの一部)は素晴らしいエミュレーションです。

しかし、プラグインの中にはギターアンプのオプションもありますが(それも良いですが)、Reelsプラグインは本当に目を覚ましてくれます。

RhodesをRoland JC-120に通した時のことを思い出します。

このビデオでは、テーププラグインでできることを紹介します。

ただのローファイなものを作るためのツールではありません。

前回の “Reels “のビデオでは、いくつかの偏った反応がありましたが、それはすべて歓迎すべきことであり、継続的でエキサイティングな音楽の世界では重要なことです。

MusicRadarによるレビュー記事リンク

信頼性の高いAudioThingの最新プラグインエフェクトは、日本の古いポータブル4分の1インチのリールtoリールテープレコーダーをモデルにしています。

コンシューマーレベルのマシンでありながら、モーターノイズがテープに混入することで帯域幅が制限されているのが特徴です。

このプラグインは、デジタルミックスにアナログの暖かさを加えようとする平均的なテープシミュレーターではありません。

クリエイティブなノイズ制作者やレトロ志向のプロデューサーは、Reelsの持つ、その強烈な音と邪悪なエコーから、その価値以上のものを得ることができるでしょう。

長所:

  • 極めてダーティーなテープエミュレーション。
  • 3つのテープスタイルとモーターノイズ。
  • ダブ・タスティックなテープ・ディレイも収録。

短所:

  • この値段なら短所は見つからない。

システム要件

Mac

  • macOS 10.7以上が必要
  • AU、VST2、VST3、AAX(64bitのみ)

Windows

  • Windows 7以上が必要
  • VST2、VST3、AAX(64bitのみ)

セール情報

通常価格:59ドルセール特価:39ドル

  • 時期は失念しましたが前回のセールでは、59ドル→39ドルでした。

AudioThingサマーセール

*他にもいくつかのAudioThing製品がセール対象になっています。