ブラックフライデーセール 2022【終了日順まとめ】

FAW『SubLab』パワフルでパンチのあるエレクトリック系ベースサウンド制作に特化したシンセ・プラグイン

『SubLab』は、ベルリンのソフトウエアメーカー「Future Audio Workshop(FAW)」が開発しているエレクトリックミュージック制作で重要なサブベース制作に特化した専用シンセ・プラグインです。

スポンサーリンク

エレクトリック系ベースサウンドの新鋭『SABLAB』

ドイツ・ベルリンのデベロッパー:Future Audio Workshop(FAW)のSubLabは、リッチでファットなサブベースサウンドの作成に用途を絞り、ヒップホップやトラップ、EDMなどのクラブ系ミュージックの制作を対象にした方向性が明確な製品です。

ひところは、FAWといえばシンセのCircle 2で名を知られたメーカーでしたが、SubLabの躍進で状況が変わってきたように感じます。

デモ動画
レビュー動画

SubLab:ディープでハードなサブベースサウンド・シンセサイザー

『SubLab』は、その名の通り、ヒップホップ、フューチャーベース、トラップなどのサブベースサウンドが肝のジャンルのために設計されたシンセサイザーです。

ダンスフロアーなどのスピーカー鳴らした時に、しっかりでパンチの効いた「パワフルな808スタイル」のサブベースを作り出すことができます。

808のベースを超えたサウンド

  • パワフルでパンチのあるサブベースを数分で作成するために必要なものすべてを備えています

  • キックをサンプリングし、レイヤー化&拡大、そしてキックサウンドをインパクトのあるサブに変形させます

  • あらゆるサウンドシステムで優れたサウンドを実現するシンプルなミックスワークフローを備えています

SUBLABの『X-Sub™テクノロジー』

X-Subテクノロジーの特長:

  • 新しい心理音響サブベースオシレーター

  • ベースノートを演奏しながら、一貫した正確で深いサウンドを取得

  • 新しく開発された技術。(SubLabでのみ利用可)

Sablabには最初から搭載されているサウンドが盛りだくさん

  • ハイエンドのモジュラーおよびクラシックアナログドラムマシンからの250サンプルを収録

  • 6つのシグネチャーベースパックが付属しています

  • 独自のサンプルをサンプラーにドラッグアンドドロップできます

SubLabの収録内容

SubLabには、何百もの特別なサブベースサンプル、6つのシグネチャーベースパックなどが付属します。完全な内訳については、以下のFAW社のリンク(とその下のリストを)参考にしてください。

詳細:FAW

SubLabには808ベースパックなどが収録されています
  • Richie Souf Signature:

    アトランタのRichie Soufによって生み出された808のサウンドで部屋を揺さぶってください。彼はFuture、Young Thug、Gunnaなどのためにビートを作ります。



  • Hits DNA Vol.1:

    SubLabでゼロから再構築されたScHoolboy Q、21 Savage、Post Maloneなど。



  • Divine Bass:

    YouTubeの伝説的なトラップ製作教育者、Sean Divineによって作られた滑らかな808サウンドとディープなダーク・サブベース。



  • Crushed:

    最もヘビーにディストーティドされた808のベース。追加のヘビーベースが必要なときのために。ただし取り扱いは慎重に行ってください!



  • Analog Machines:

    SubLabで再現された暖かいアナログサウンド。まるでクラシックなアナログマシンから生まれたようなサウンド。



  • Pure Subs:

    トラックにキックドラムすでに存在しているときのために有効な、純粋なサブベースです。これらのいずれかをレイヤー化しておけば、カッコいいサウンドが生まれるでしょう。
ボーナスサンプル

SubLabには、250の細心の注意を払って録音されたキックドラム、キックトランジェント、808のボーナスサンプルパックも含まれています。

詳細は、FAWのサイトをご覧ください。

システム要件

  • macOS 10.11以降に対応(Intel / M1 Apple Silicon対応)


  • Windows 7以降に対応(Windows 11対応)


  • VST2、VST3、AU、AAX として利用できます。


  • FL Studio、Ableton Live、Logic、Studio One、Pro Tools、Cubase でテスト済み。


  • Native Instruments MachineとKomplete Kontrolに対応したNKS。


  • 注意: SubLab はオフラインで使用できますが、アクティブ化するにはインターネットに接続する必要があります。

バージョン1.1.1  改良点

最近のSubLabのアップデート『バージョン1.1.1』で、サンプルをインポートする新しい方法と、いくつかの改善と修正がなされています。

1.ポップアップブラウジングウィンドウを使用してサンプルをインポートすることが可能に

サンプルをSubLabにインポートする新しい方法を追加。

ドラッグアンドドロップの代わりに、ポップアップメニューを開いてサンプルを見つけてインポートすることができます。

サンプルをインポートすると、「インポート済み」サンプルフォルダーに表示されます。

2. NKS対応のパッチパック

SubLabはNKSに対応しているので、すべてのパッチのパックもNKSに対応する必要がありました。

今回、FAWのすべての『SubLab Patch Pack』は、MaschineおよびKompleteですぐに使用できるようになっています。

3.バグの修正と機能強化

  • アタックのフェーズからクリックを削除
  • 同じマシンで複数回アクティベートする必要がある問題を修正
  • レガートがデフォルトでオンになるようにデフォルトのプリセットを更新します
  • スペクトログラムの解像度設定を追加して、グラフィックカードで行う必要のあるペイントの量を減らしました。(一部のユーザーの環境でパチパチ音が鳴っていたのを解決。)
  • SubLab VSTが一部のユーザーのCubaseでクラッシュを引き起こしていた問題を修正

アップデートのダウンロード方法

PluginBoutique(プラグインブティック)から

(通常、プラグインブティックサイトに新しいアップデートが掲載されるまでに数日かかることに注意してください。)

V1.1.1がすぐにサイトで利用可能になります。

更新プログラムがサイトで利用可能になったら、ここからプラグインブティックアカウントにログインして、新しいインストーラーをダウンロードしてください。

FAWから

オンラインショップからSubLabを直接購入した場合は、ここからFAWアカウントにログインしてください。

ログインしたら、[ ダウンロード ]タブをクリックします。そこから、WindowsまたはmacOSの黄色のボタンをクリックして、SubLabの最新バージョンをダウンロードできます。

*アップデートをダウンロードすると、「ダウンロード」番号が下がることがわかりますが、心配しないでください。(SubLabのダウンロードは無制限です。

更新プログラムがリリースされるたびに、ダウンロードの制限がリセットされます。

万が一使い果たしてしまった場合は、FAWにメールで知らせるとリセットできます。)

 新着動画

*SUBLABのセール情報

通常価格:70ドル

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2021年8月:70ドル→40ドル
  • 2021年11-12月:70ドル→40ドル
  • 2022年3月:70ドル→40ドル
  • 2022年3月:70ドル→10ドル

『SubLab XL』へのアップグレードが格安になっています(期間不明)